映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > クローバーフィールド/HAKAISHA  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド/HAKAISHA

2008 - 04/08 [Tue] - 20:30

「クローバーフィールド/HAKAISHA」★★☆
原題:CLOVERFIELD
監督:マット・リーヴス
製作:アメリカ、2007年
出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー、他
cloverfield
友人の送別会パーティを行っていた若者グループは、臨時ニュースでNYに危機が訪れていることを知る。ビルの外に出た彼らが見たものは、正体不明の巨大モンスターの襲撃によりパニックに陥っている人々の姿だった。【MovieWalker】

J・J・エイブラムスによる徹底した秘密主義の下、映画史上初めてタイトルも隠した映画として、全世界で話題が集中したのが、「クローバーフィールド/HAKAISHA」です。SFパニック・アクション作品ということは分かっていたが、気になっていた作品なだけに、実際にこの目で確かめたく劇場に足を運んだが、どうやら無駄足のようでした・・・。巨大都市ニューヨークを舞台に、未知の何者かが大規模な破壊を繰り広げる内容となっている。チラシをご覧になれば分かるように、自由の女神像の頭部が破壊されている。その頭部が、突然目の前に落下してくるのは衝撃的。しかし、もっと衝撃的だったのは、この作品の中身の無さです。これには正直、呆然とし、呆れてしまうしかなかった。公開されるまでこれほどまでに秘密にされてきた内容が、いざ蓋を開けてみたら何も無かったのでは、もうお話になりません。未知の巨大生物が、街中を破壊しつくして人々がパニックに陥り、軍隊の攻撃も実際にはその未知の巨大生物に効果があったのかも不明。そんな中、バカな主人公が、愛しい女性を無謀にも助けにいこうとして、なぜか仲間もそんなバカな主人公に付いて行き、命を落としてしまうというお粗末な経緯。これはネタバレがどうのこうのというレベルではなく、内容など幼稚過ぎて説明不能といった方が話は手っ取り早い。それではレビューの意味がないが、気になる方は劇場で鑑賞すれば意味がきっとわかることだろう。5月22日に起こった12時間の出来事を、全てハンディ・カメラによるドキュメンタリー映像で映し出されるために、人によってはそれがダイレクトに迫力が伝わってきて、90分に満たない上映時間が更に緊張感を高める。しかし、あまりにも手ブレが酷いために、ボクは最初から最後まで気持ち悪くて吐きそうでした。個人的には、こんなに気分が悪くなり、中身の無い作品は大嫌いです。しかし、この作品は意見が真っ二つに分かれるであろう作品だと思う。こんなに忍耐力がいり、疲れて気持ち悪くなる作品は二度とご免だ。。。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディションクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/09/05)
不明

商品詳細を見る

こんばんわ!

こんばんわ!
クローバーフィールド観に行かれたんですね。
気にはなっていた作品です。けれど、以前ブレアウィッチを映画館で観た際に完全にノックアウトさせられた経験があるので今作品は止めておきました。ワールダーさんのレビューを拝見させていただいてもその感じが伝わってくるので個人的には観ないほうが正解でしょうか(苦笑)

こんにちは~☆

先日予告編を見て、映像も迫力があったし面白そうだなぁ~っておもっていたのですが、そ~なんだぁ。

>バカな主人公が、愛しい女性を無謀にも助けにいこうとして~って、とってもアメリカの映画っぽいですね!

最近うちのテレビが調子が悪くて、ブレてとても見づらいので、映画でまでブレてるのを見るのは、もうちょっと後にしておこうかな‥‥。

>ミミさん
こんにちは!
予告からとても気になっていたので、鑑賞したのですが間違いだったようです。こんなに映画館で酔ったのは始めてかもしれませんw鑑賞するのを止めておいたミミさんは、正解だったとおもいます。
コメントありがとうございます。

>ナボさん
こんにちは!
予告だけで十分ですよ。それ以上鑑賞する際は、酔い止めの薬でも飲めなければかなり厳しいです・・・。アメリカらしい作品ではありますが、内容は小学生以下かもしれませんw
テレビのブレは多少は我慢すれば大丈夫?でしょうが、大スクリーンのブレは我慢できませんでした。
コメントありがとうございます。

ちゃおじー

結構CMでは気になっていたんですけど・・・駄作ですか?
・・・もう何も言葉が出てこない・・・(笑)

他の映画の良い紹介を期待して待っておきます。

>ちっちくん
ちゃお!
CMと予告編に、まんまと騙されたような作品です。とにかく酔ってしまう、最悪の作品です。
良い映画の紹介ですか?駄作をあまり鑑賞しないように、気をつけまーす!!
コメントありがとうございます。

こんばんは!
ワールダーさん^^
コメントありがとうございました♪
そうですねぇ。前評判に惹かれて私も鑑賞させていただきましたが、冒頭からいやーな予感。
全く新しいアトラクション・ムービーですなんていう説明でしたが、これは映像としては存在してはいけない状況ですねぇ。。ただ、人は本当にパニくっていて、ハンディカメラでその状況を撮ったのなら、あんな感じなんだろうという、まさにド素人丸出し作品。監督はあえて挑戦をしたのかしら。ピカソの絵が正統派から、突如崩して描き始めたのは、一度自分の世界を壊してから、新たな新境地への可能性を広めていったように、後期の絵に関しては
なかなか人々からは理解されなかった絵画でしたが、そんな意図がこの映画にあるのなら、それはそれで新しい映画の突破口になる作品だったのかもしれませんね。。
まあ、限度というものもありますけれど(^^;
TBよろしくお願い致します^^
また、お邪魔しますね!
応援凸

>ぴーちさん
こんにちは!
冒頭からの嫌な予感ほど、当たらないで欲しいと願うものはないですね。ある意味、全く違ったアトラクション・ムービーなのでしょうが、ちょっとやり過ぎという印象がとても強く、不快な気持ちにさせられた人の方が多いように感じます。
ピカソのようにはいかないとは思いますが、何事の最低限の限度は守って欲しいと強く感じた作品でした。
コメント、応援、ありがとうございます。

こんにちは!
昨日気付いたのに、コメント
忘れてしまいました!
テンプレがとてもシックで落ち着いた
雰囲気で、素敵ですね!

では凸

>ぴーちさん
こんにちは!
たまにはシックな感じも良いかと思い選んでみたのですが、ぴーちさんに褒めて頂き嬉しくなってしまいました。わざわざコメントまでいただき、本当にありがとうございました。

おじゃましま~す☆

こんにちは!

この映画、先日観る機会がありました!
で‥‥
わたしの中では☆2個かな‥‥‥。

もし、あんな恐ろしい目にあったら、とりあえずビデオは投げ捨てると思います。
ハンディ・カメラで撮るという設定は無理があるんじゃ‥‥と、見ながらずっと思ってましたv-12

でも、転がってきた自由の女神の頭を、みんな携帯電話のカメラで撮ってるシーンは、とてもアメリカっぽくて良かったです!

>ナボさん
こんにちは!
ナボさんの評価もちょっと悪かったようですね。大画面で鑑賞して★2つ半ですから、テレビだと★2つ以下になるかもしれませんし・・・。
ナボさんが仰るように、あんな状況下で普通にハンディ・カメラを撮影し続けることなどは不可能だと思います。そんなことをするまえに、安全確保が第一だとボクも心の中で何度も突っ込んだことか。アメリカっぽい雰囲気はよくでていましたが、映画的にはちょっとダメでしたね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/401-209ea910

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。