映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 や・ら・わ行 > 夕凪の街 桜の国  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街 桜の国

2008 - 04/01 [Tue] - 22:06

「夕凪の街 桜の国」DVD鑑賞★★★☆
監督:佐々部清
製作:日本、2007年
出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章、田山涼成、粟田麗、他
yunagi_sakura
原爆投下から13年後の広島。母親と暮らす皆実は、被爆による心の傷を抱えながら懸命に生きていた。そして現代の東京。家族に隠れて外出した父のあとを追った七波は広島に辿り着き、自身自身のルーツに思いを馳せる。【MovieWalker】

こうの史代原作による同名マンガの実写映画化。広島と長崎に落とされた原爆は、日本人であるならば、これから先もきっと忘れることはないだろう。そんな原爆をテーマにし、過去と現在を生きる二人の女性を描いた作品が、「夕凪の街 桜の国」です。この作品は、原爆投下から13年後の広島を描いた夕凪の街と、現代の東京を描いた桜の国からの二部構成になっている。この二人のヒロインを見ていると、なんともやりきれない気持ちになってしまう…。夕凪の街の主人公である皆実は、原爆によって被爆してしまい、心に大きな闇を抱えながら、いつ発病してもおかしくないという状況で生きている。そんな彼女も年頃になり、同じ職場の男性から告白される。自らの意思とは関係なく被爆者となってしまった彼女にとって、本当に幸せなときだったのだと思う。そかしその幸せとは裏腹に、原爆によって死んでいった者たちへの負目も感じてしまうのが見ていてとても痛々しい。自分は本当にこの世に生きていてもいいものか?と、悩み苦しみ生きていることを、麻生久美子が美しくも儚げに演じている。一変して桜の国の主人公である七波は、少々コミカルな雰囲気ただよう女性。彼女は皆実の姪にあたる存在。被爆者とその二世・・・。そういったレッテルを貼られた人生に、彼女もまた負目を感じて生きている。彼女は、皆実の弟である父の広島への行動を追ううちに、自分のルーツというものを徐々に知っていく。原爆という怖ろしいモノとの向き合い方というものを、作品を通して少なからず垣間見れた気がする。原爆というものによって、人生を狂わされ、命を失った人は大勢居る。命の尊さを再認識させられ、戦争の愚かさを痛感させられた作品。麻生久美子のセリフ一つ一つに、胸が熱くなり涙が込み上げてきてしまう…。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

夕凪の街 桜の国夕凪の街 桜の国
(2008/03/28)
田中麗奈、藤村志保 他

商品詳細を見る
夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10)
こうの 史代

商品詳細を見る
「夕凪の街 桜の国」オリジナル・サウンドトラック「夕凪の街 桜の国」オリジナル・サウンドトラック
(2007/07/11)
サントラ

商品詳細を見る

こんばんわ!

こんばんわ!
またまたお邪魔します~
この作品はレンタルしようと思っていた映画です。
日本人として観ておいた方がいいと思ってます。
ほんの50数年前の出来事だったとは思えない事実ですよね。日本人として忘れてはいけない原爆という歴史は今後もずっと語り継がれていくべき事だと感じてます。
ワタシもレンタルしてみようと思います。

すみません

再びです。
コメントを一部訂正させて下さい。
広島に原爆が投下されて今年で63年目でした。
曖昧な記憶でコメントをしてしまいすみません。

>ミミさん
こんにちは!
日本人として、できれば多くの方に鑑賞して欲しい作品です。ボクが生まれる30年以上も前であり、両親もまだこの世に生まれてはいませんが、原爆が広島と長崎に投下されたという事実は変わることはありません。1945年の惨劇を二度と繰り返さぬよう、今後も語り継がれていって欲しいものです。
わざわざ訂正コメントまでして頂き、ありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお!
ちっちくんは子供の頃長崎と広島は修学旅行で訪れた事はあります。
勿論原爆関連の施設は行きました。ドイツでも強制収容所も行きました。
政府の方、軍関係のお仕事の方、科学者・・・みなさん個人として行ってじっくり考えて欲しいものです。
昨夜TVで映画「靖国」が上映しないところが続出と言っていました。なぜ?
ドキュメンタリーなので本当のことなのに・・・。
難しい世の中です。
そういえば・・・ちっちくんにも年金特別便が来た!
東京で働いていたのが全て・・・消えていた!!
困ったモンです(笑)

>ちっちくん
ちゃお!
修学旅行で行かれたんですか?原爆関連の施設は前々から行きたいと思ってはいたので、なんとか時間を作って行ってみたいものです。ドイツは、ちっちくん同伴でお願いしますね!?
戦争を机の上で始めてしまうお偉いさんがたには、強制的に行かせてみて、作文でも発表して頂きたいものですね。
「靖国」の話題は、ボクも拝見しました。言論の自由というものは、一体何処へいったのやら???
年金特別便きたんですか!?ボクにはきていませんが、まさか身近で実際にきた人がいるとは・・・。年金問題は、本当に解決するのでしょうか?無理だろうなぁ・・・。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/399-c5b40736

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。