映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 さ行 > サッド ヴァケイション  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッド ヴァケイション

2008 - 02/27 [Wed] - 15:54

「サッド ヴァケイション」DVD鑑賞★★
監督:青山真治
製作:日本、2007年
出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研 斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、他
sadvacation
中国からの密航者を北九州に手引きしていた健次が、自分を捨てた母親と再会する。やがて健次は、復讐心を秘めながら、母親と暮らし始める。だが、次第に彼の心は母の存在の強さに惑わされてしまう。【MovieWalker】

「Helpless」、「EUREKA ユリイカ」に続く、北九州三部作の終章として、運命に翻弄される男たちを包み込むかのような、芯の強い女性たちのドラマをつづる。監督の同名小説の映画化。先に紹介した作品は未見ですので、ボクには全く内容が理解出来ないまま鑑賞した作品になってしまいました。健次役の浅野忠信と梢役の宮崎あおいは、同名役で出演しているらしい。他にもオダギリジョーをはじめとする個性のある役者の共演となっているが、なんだか上手くかみ合っていないような印象を受ける。特に石田えりは異色だ。なんだか彼女が出てくると違和感しかない。その息子役が浅野忠信なのだが、どう考えても無理がある設定にしか思えない。その親子の設定で、更に変な違和感が終始纏わりついてしまう。健次は母親に捨てられ、父親は自殺し、親を知らずに育つ。ひょんなことから母親と再会し、そこから様々な過去を背負う人々との共同生活を経て、逃れられない奇妙な縁を感じていく。ハッキリ言ってしまえば、御都合主義の内容としか受け止めることが出来ず、変にネガティブな空気が漂っている。好きか嫌いかと聞かれれば、間違いなく嫌いな部類に入る作品です。出演者に好きな俳優がいれば鑑賞しても楽しめるかもしれない?ネットで調べてみると妙に評価が高いようだが、理解するには難しく、ボクには鑑賞するのが苦痛にしか感じられなかった作品です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

サッドヴァケイション プレミアム・エディションサッドヴァケイション プレミアム・エディション
(2008/02/27)
オダギリジョー、石田えり 他

商品詳細を見る
サッド・ヴァケイションサッド・ヴァケイション
(2006/07/28)
青山 真治

商品詳細を見る
オリジナル・サウンドトラック「サッドヴァケイション」オリジナル・サウンドトラック「サッドヴァケイション」
(2007/08/29)
サントラ、ジョニー・サンダース 他

商品詳細を見る

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/386-67220787

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。