映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画A~Z > L change the WorLd  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L change the WorLd

2008 - 02/16 [Sat] - 16:31

「L change the WorLd」★★
監督:中田秀夫
製作:日本、2008年
出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、福田響志、佐藤めぐみ、南原清隆、平泉成、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸、他
l_ctw_1
あらゆる事件をモニター越しに解決してきた名探偵L。彼はキラの野望を阻止するために究極の決断をし、残された23日間、からだを張って事件に取り組んでいく。そんな彼の前に、人間が作った“死神”が立ちはだかる。【MovieWalker】

本当にこの作品の主人公は、Lなんでしょうか???
DEATH NOTEシリーズで、キラと名勝負を繰り広げてたもう一人の主人公であるLにスポットを当てたスピンオフ作品。デスノートは原作が大好きだったので、劇場公開された2作品はもちろん鑑賞しました。原作の世界観を崩さずに、映画オリジナル部分も含めつつクオリティの高い作品に仕上がっていました。今回はキラ事件解決のために、23日の余命を選択したLの姿を描いている。これは原作にも無いストーリーなので、誰も知らないLの姿が見れると期待していました。が、蓋を開けてみればなんともお粗末な内容で、見事に期待を裏切られたというのが本心かもしれません。そもそもデスノートの最大の魅力は、キラとLの卓越した頭脳戦や心理戦に、死神というオカルト要素を盛り込み、完成度の高い脚本だからこそ魅力のある作品に仕上がっていると思う。しかし、今回のこのスピンオフ作品に関しては、頭脳戦や心理戦などは殆ど無く、バイオテロ事件などという幼稚な発想のシナリオで構成されている。監督も少々ホラーものが得意だからといって、安易な考えだったのではないだろうか?更に酷い事に、松山ケンイチ君以外の演技がヘタクソすぎて見ていられない。特に南原清隆に関しては、怒りを通り越して呆れて言葉を失ってしまう程ですし。。。あれでは頑張ってイイ演技をしている松山ケンイチ君が可哀相です。彼一人で頑張っても、他に足を引っ張られては終わりです。一人の天才の力だけで世界が変わらないように、一人がイイ演技をしても作品は変わらないということがよく分かりました。ニアの容姿がイメージと違いすぎたのが残念。主役のLを差し置いて、福田麻由子の淡々としていて、感情移入しにくい演技ばかりが目立つ。Lの持つ魅力が全く活かされておらず、終始物足りなさを感じてならない。一夜漬けのような脚本で、所詮はテレビ局の金儲け作品という印象が残った作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
(2008/06/25)
松山ケンイチ工藤夕貴

商品詳細を見る
Sound of L change the WorLdSound of L change the WorLd
(2008/01/23)
サントラ

商品詳細を見る
DEATH NOTE×DEATH NOTE the Last name×L change the WorLd original soundtrack Triple Club Re-mixDEATH NOTE×DEATH NOTE the Last name×L change the WorLd original soundtrack Triple Club Re-mix
(2008/02/27)
オムニバス

商品詳細を見る

こんばんは~!また、お邪魔させていただいてまーす^^
L鑑賞されたんですね!
ワールダーさんのレビューを
そうそう!!と頷きながら拝読しました~。
私もこんな映画なら、わざわざ作らなくても
良かったんじゃないかな。。とさえ感じてしまいましたね~。しかも、まともな2時間越えですから・・。
デスノートが可哀想です。

>ぴーちさん
こんばんは!
またと言わずに、何度でも遊びにきて下さい(笑)
ちょっと今回のレビューは、残念ながら辛口になってしまいました。デスノートの出来がイイばかりに、ちょっと期待しすぎたのも悪いのかもしれませんね。ただ、松山ケンイチ君の演技だけは光っていたと思います。腐らずに、これからも頑張っていって欲しいものです。
コメント&TBありがとうございました。

こんばんわ!

こんばんわ!
L観に行かれたんですね。
私も行こうと思っていたんですが、あまりの酷評さに
今回ばかりは…です。
デスノートファンとしては、ガッカリしてしまうと聞いて
DVD出るまで待つことにします(苦笑)

おはようデス~~

今回は、監督さんが違うんですね~。
デスノートは面白かったので、この映画も期待してたんですけど、ちょっと違った雰囲気なんですかね?

Lといえば、お菓子を食べるシーンが多いですけど、特に板チョコの食べ方が好きで、真似したくなります♪
今回もそんなシーンは見られるのでしょうか?

追伸
こちらにお邪魔する度に、「陰日向に咲く」の記事のケツメイシの曲を聴いて帰るナボでした。

>ミミさん
こんばんは!
L鑑賞してきたのですが、この程度の出来でしたら、無理に劇場鑑賞しなくてもいいように感じられます。ボクはデスノートファンですが、かなりガッカリしてしまいました。レンタルで十分だと思います。
コメントありがとうございます。

>ナボさん
こんばんは!
もうすっかり夜になってしまいました(笑)
今回監督が、金子修介監督から中田秀夫監督になっています。作品も若干ホラー要素なども含まれており、デスノートの世界観と違った印象も受けてしまいました。
Lは今回も、甘い物をたくさん食べています。確かにあの板チョコの食べ方は、一度は真似してみたくなりますね。
ケツメイシを聴きに、毎日遊びにきてくださいね!!
コメントありがとうございます。

...観ました!

ワールダーさん、こんにちは!v-251

ハイライイトシーンxxxの次にTV地上波xxxの名前が
付きそうですが(自爆)、先程、後半部分が目に飛び込んで来て
観ていました。

>南原清隆に関しては~
@同感でした。これは劇場で観ていたら、お世辞にも好印象とは
言えないと思います。
TVなのでそこそこ劇場版に比べカットされているかも知れませんが、
これは少しチョット…と思いました。
その一方で、松山ケンイチくんがしっかりとシリーズのキャラクターを
受け継ぐ演技をされていて、本当に全体的に観ると残念でした。

…と、続けてワールダー邸の書斎から古い記事を引っ張って来て
ごめんなさい。m(_"_)m

飲みすぎ注意!!(謎(笑)

またお邪魔します!☆彡

>garekitさん
こんにちは!
テレビで放送されていたので、ボクも少しだけ観てしまいました。が、やはり南ちゃんの演技を観た瞬間、頭が真っ白になってしまいました。松山ケンイチ君の演技を、全体的に台無しにしてしまう共演者たちの演技というものは問題がありすぎですね。
過去の記事をこれからもどんどん引っ張り出してきてくださいね(笑)
コメントありがとうございました。

ワールダーさん ちゃお

昨晩これTVで見ました!
映画館で見るまでも無い作品でした。
TVで十分!
Lがイメージとちょっとかけ離れていってしまい・・・背中を伸ばすんなんて・・・一瞬進化論を思い出し笑ってしまいました
で、なんでFBIがナンチャン?おもいっくり役不足な感じが・・・他にも適役がいるだろう?
何が言いたかったのか良くわかならい作品でしたね。
まーこれでもうこのシリーズ終わりなのを期待します。
脇役の・・・もういいです!(笑

>ちっちくん
ちゃお!
二日酔いで一日中死んでました…。
やはりデスノートファンであるちっちくんには、かなり厳しい評価になりましたね。普通に鑑賞していても、なんのメッセージすらも伝わってこないし、ミスキャストだらけでクオリティも低いし、完全なる失敗作だと感じます。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/381-8f782bcd

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。