映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > テラビシアにかける橋  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラビシアにかける橋

2008 - 01/27 [Sun] - 15:16

「テラビシアにかける橋」★★★★
原題:BRIDGE TO TERABITHIA
監督:ガボア・クスポ
製作:アメリカ、2007年
出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、アナソフィア・ロブ ロバート・パトリック、ズーイー・デシャネル、他
terabithia
小学5年生のジェスは貧しい家庭に育ち、クラスのいじめられっ子だった。彼は隣家に越してきた少女レスリーと仲良くなり、森で架空の王国“テラビシア”を想像して遊ぶようになるが、そんな2人に悲劇が待っていた。【MovieWalker】

児童文学の名作として、数々の賞を受賞してきた「テラビシアにかける橋」の映画化。残念ながら原作は未読ですが、作品を観賞して興味を懐いてしまいました。始めは子供のファンタジーものだろうと、あまり期待をしていませんでした。しかし子役の二人の演技と、かつて自分自身も子供の頃に頭の中で懐いていた空想の世界とがリンクして、次第と作品の持つ世界観にのみ込まれていってしまいました。主人公のジェスは、子沢山であまり裕福ではない家庭に育ち、クラスでもイジメられっ子。そんな彼の隣りに、レスリーという少女が越してきたことによって彼の運命が変わっていく。幼い頃は誰しもが想像力豊かな天才だと思う。それが段々と大人になるにつれ、想像力が乏しくなり凡人となっていく。そんな想像力豊かな二人が意気投合して、架空の世界であるテラビシアを創り、それぞれが王と王女になる。何気ない草木や動物などが、彼らの想像の世界では様々なキャラクターに変身する。そんなファンタジーの世界を見ると、忘れていた空想の世界の記憶を思い出してしまう。そんな空想の世界での出来事を通じて、彼らは少しずつ現実世界での出来事を乗り越えていく術をテラビシアから学んでいく。子供が抱える悩みや苦悩などといった葛藤、友情を通じて彼らは成長していく。人生楽しいこともあれば、とても辛く悲しい出来事もある。ジェスも悲しい出来事に遭遇してしまうが、困難に立ち向っていく勇気を学び、乗り越えていく。妹の手を握りしめて歩んでいく場面があるのだが、そのシーンは彼が少し成長した証なのかもしれない。子供が持つ無限の想像力と命の尊さを学んだ作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

テラビシアにかける橋テラビシアにかける橋
(2008/06/27)
ジョシュ・ハッチャーソンアナソフィア・ロブ

商品詳細を見る

ワールダーさん 寒いですか?
雪の中に埋もれていないでしょうね?(笑)

子供の頃秘密基地はあっちゃこっちゃ作っていました。子供の目からすると物凄く高く険しそうな所だったんですけど・・・大人から見ると・・・そこ!なんですよね(笑)

子供の頃でもこんな綺麗な子がお友達だったら・・・どんなに毎日がはっぴーだったことやらか・・・はぁ~。。。

>ちっちくん
ちゃお!
毎日氷点下の日が続き寒いです。
雪も降るのですが、まだ積もる程ではないです。なので雪には埋もれていませんが、おねーちゃんの●●には埋もれていましたよ!?(笑)
子供の頃は、ボクも秘密基地を作ってよく遊んでいました。
大人目線で見てしまうと、たいしたことないのですが、子供の頃はまるで山頂に作ったような感じでいました。
大人の秘密基地は、作っちゃダメですよねw
子供の頃、クラスに一人は可愛い子いませんでしたか?
コメントありがとうございます。

こんばんは!TBありがとうございました♪
私もよろしくお願いいたします☆
この映画、結論から言うと感動作でした!
子供の話だと思っていたら、意外や意外。。
ジェスも、レスラーのペースにぐいぐいと引き込まれていきながら、いつしか2人だけの世界を築き、そして
次第に積極性や、逞しさを身に付けて行きましたよね。
そしてまさかの結末!ジェスは自分を激しく責めましたが、父親の温かい言葉に助けられて。。それまで父の愛情を独り占めしていたと思って邪険にしていた妹さえも、受け入れることが出来た・・レスリーの出会いと別れの中で一回りも二周りも成長出来たことが、せめてもの救いでした・・。
無理の無い展開で素直に感動できました^^
では、では!応援させてくださいね凸

>ぴーちさん
こんにちは!
ボクも子供のお話だと思い込んでいたので、予想を大きく裏切られてとても感動できた作品です。こういった意外な裏切りは大歓迎ですね。
少年と少女を通じて、当たり前のことを分かりやすく描かれていたと思います。出会いと別れは、いつも突然訪れるものですが、そういう経験をしていき次第に大人になっていくものですね。
コメント&TBありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/375-787ca210

テラビシアにかける橋

貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の...

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。