映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 ま行 > マリと子犬の物語  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリと子犬の物語

2007 - 12/11 [Tue] - 20:15

「マリと子犬の物語」★★★★
出演:船越英一郎、松本明子、広田亮平、佐々木麻緒、宇津井健ほか
監督:猪股隆一
製作:日本 2007年
mo5467_f1
ある日、新潟県山古志村で暮らす石川家に生まれたばかりの子犬がやって来る。役場に勤める父の優一は、幼いころに母を亡くした亮太と彩の兄妹がその子犬を“マリ”と名付け、一生懸命面倒をみる姿を見守っていた。やがてマリは成長し、3匹の子犬を生むが、そんな幸せな一家を大きな地震が襲う。【シネマトゥデイ】

動物と子役の作品は、絶対に反則です。涙でスクリーンが見えにくくて仕方がありません…。2004年10月23日、新潟県中越地方を震源として発生したマグニチュード6.8の地震。新潟県中越地震と名付けられたその地震の際、壊滅的な被害を受けた山古志村で、多くの被災者を勇気づけた心温まるエピソードを映画化した作品。正直なところ、鑑賞前は子供向けのお涙ちょうだい映画とナメていました。新潟県中越地震は、今でも当時のテレビの映像を鮮明に記憶しています。ボクの住む地域も、いつ巨大地震が起きてもおかしくはない。しかも数回巨大地震を経験し、知り合いの家なども倒壊したのを見ている。なので、地震の恐怖というものは、少なからず知ってはいる。人間ですら計り知れない程の恐怖を感じる中、マリは必死に3匹の子犬を守りぬいた。その姿を見ているだけで、もう涙がボロボロとこぼれ落ちてしまう。こういうときこそ、母親の強さというものを強く実感させられる。マリの一つ一つの行動は、強く何かを訴えかけてくる。多数の実力俳優陣の出演はあるが、なんといっても子役の佐々木麻緒ちゃんの演技はその中でもずば抜けていた。これが本当の天才の演技だと、上映中何度も思うほど、彼女の演技は素晴らしい。天才子役と可愛い動物がタッグを組んだら、もう鬼に金棒です。後はひたすら感動させられ、ただ号泣するのみ…。久々に長時間泣かされ、見終わった頃は疲れていました。必ずハンカチとティッシュは持っていくことをオススメします。子供向けというよりは、大人に是非とも観て欲しい作品です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

マリと子犬の物語 スタンダード・エディションマリと子犬の物語 スタンダード・エディション
(2008/06/13)
船越英一郎松本明子

商品詳細を見る

合コンキング ワールダーさん ちゃお!
この地震・・・ついこのあいだでしたよね。地震国ニッポン!何処で起きても不思議でないのですね。

子供と動物は・・・敵無しの強さですかね?特に実話は・・・。
今回は子犬も・・・ハンカチでなくタオル持参でみにいきませう!

うちで地震があったら・・・ミニカーが・・・スヌが・・・対策をしなければ!

ちっちくん、チャオ!
忘年会で蓄積されたぜい肉を、ジムで燃焼してきました(笑)

3年前にあった地震ですが、もうだいぶ時間が経ったような気がします。日本はいつ何処で大地震が起きても不思議ではないので、用心しておかないといけません。そのうち、ボクの県でも大地震が…。
実話で、子供と動物ですから、ちっちくんは絶対にタオル持参で観にいってくださいね。
ちっちくんの地域で地震があったら大変ですので、その前にボクが頂に伺いますね♪ウフフフッ

何だか起きてしまい、もう一度寝ようか、、、微妙です(爆)

ワールダーさん、こんにちは!☆彡

暫く伺えていない間に新作の数々を…シゴイ!!
さて、連コメまで頭が回りそうにないので新着のレビューに
コメントさせて頂きます。m(_"_)m

動物と子役の最強タッグ、ホントにそうですね。動物なんか
例えば困ったシーンや悲しいシーンでは、本当にそんな
表情に見えてくるから不思議です。私の場合、これに歳が
あいまって(自爆)、もう大変な事になりそうです。(笑)

今、平原綾香さんの「今、風の中で」を試聴しながらコメントを
書かせてもらっていますが、良い歌ですね♪ピアノから始まる
アコースティックなサンプルに良く通る澄んだ平原綾香さんの歌声も相変わらず良いです♪

私の地域も少し前に大きな地震があり、その時私の家もかなり揺れ、今でもその恐怖感は忘れる事は出来ません。また近いうちに大地震が来ると言われています。この怖さを忘れない様にしたいと思っています。

ハンカチとティッシュは必ず持参した方がよさそうですね。(^^)

またお邪魔します!☆彡

二度寝しましたか?

>garekitさん
こんばんは!
夜の見回り乙です!!
次回は、頭が回りそうなときに、連コメお待ちしていますね(笑)
今回の犬のマリは、きっとgarekitさんをめちゃ泣かせてしまうこと間違いないでしょう。その場面場面で、絶妙の表情を見せてくれます。ちっちくん同様、ご老体!?の方はタオル持参で鑑賞したほうがいいですよw
この手の作品には、平原綾香さんの声は合っていると感じます。普段聴くと、かなり眠くなってきますが・・・。
地震の恐怖というものは、我々日本人が一番よく知っているものなのかもしれんませんね。

もうすでにウルウル‥‥

ワールダーさん こんにちは~♪

この映画、予告だけでも泣きそうで直視出来ず、今記事を拝見して、可愛い子犬の写真と「マリは必死に3匹の子犬を守りぬいた。」と言う部分を読んで、すでにウルウルしてしまいました。

泣ける映画は観たくないので、たぶんこの映画はよっぽどの事が無い限り観ないかと思いますが、観る時にはバスタオルとティッシュ2箱を用意して、ドロドロの泣き顔を誰にも見られない様に、1人で観たいと思います。


>ナボさん
こんにちは!
もうすでにウルウルですか?
予告編を観た瞬間、ボクもウルウルしてしまい涙がこぼれてしまいそうになりました。
動物と子供には、どうしても泣かされてばかりです。
泣ける映画というものが、若い頃はあまり好きではなかったような気がするのですが、最近は劇場で号泣してばかりいます。
ナボさんのドロドロの泣き顔を、一度は見てみたいなぁ~(笑)

こんにちは~!

確実に泣けそうなので観るまいと思っていたのですが、思いがけず観てしまいました‥‥。
やっぱり、号泣ですよ、ほんとにもう。。
あの犬達の薄汚れた姿を思い出すだけで今も泣けます…。

子役も本当に素晴らしかったですね!
あと、船越さんが良かったです!(ちょっとサスペンスドラマが頭をよぎりましたが‥‥)

>ナボさん
こんにちは!
確実に泣けそうな作品は、観たら絶対に泣いてしまうお年頃になってきました。ナボさんも思いがけずに観てしまい、号泣されたようですね。犬達の薄汚れた姿を思い出すと、未だにボクも目頭が・・・。
動物に子役まであんな演技されて泣かないのは不可能ですね。船越さんは何も観てもサスペンスに観えてしまうのは仕方がないのですかね?
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/354-a969d90d

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。