映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > 椿三十郎  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿三十郎

2007 - 12/08 [Sat] - 17:37

「椿三十郎」★★★
出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒ほか
監督:森田芳光
製作:日本 2007年
Tsubaki Sanjuro
とある社殿の中で井坂伊織をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤らの汚職について密談していると、椿三十郎という浪人が現れる。密談を盗み聞きしていた三十郎は陰謀の黒幕を見抜き、室戸半兵衛司率いる悪者の手先から若侍たちを逃がす。【シネマトゥデイ】

黒澤明監督と三船敏郎のコンビが、1962年に放った傑作時代劇をリメークした、痛快時代劇エンターテインメント。黒澤監督のオリジナル脚本をそのままにした事が、一番の成功への近道だったと感じられる。黒澤監督は知ってはいるものの、さすがに作品をちゃんと観たことがありません。そんなボクでも、当時の脚本がいかに計算され、練りに練られて作られているかが分かる。やはり物語を面白くも駄作へともしてしまうのは脚本だと思う。脚本が面白いのだから、あとは役者がそれなりの演技をすればいいのですが…。そうは上手くはいかないものです。三船敏郎が演じた椿三十郎を織田裕二、仲代達矢が演じた室戸半兵衛を豊川悦司、加山雄三演じた井坂伊織を松山ケンイチが演じていますが、どうもいまいちシックリときません。時代劇に向いていないといってしまえばそれまででしょうが、どうもこの違和感だけが最後まで残り続けてしまいました。しかし、当時の作品自体をそのままリメークしたことによって、1962年版の作品はどうだったのかという興味は素直に湧いてきました。こういった事をキッカケにして、当時の作品に興味を持たせることが出来たことが、リメークの正しいあり方のような気もする。機会があれば、役者の演技を比較しながら観てみたいとも感じました。45年も前の脚本でありながら、現代にも通じる何かが描かれているように感じられた作品です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

椿三十郎 通常盤椿三十郎 通常盤
(2008/05/23)
織田裕二豊川悦司

商品詳細を見る
椿三十郎 オリジナル・サウンドトラック 椿三十郎 オリジナル・サウンドトラック
サントラ (2007/11/14)
エイベックス・トラックス

この商品の詳細を見る

ワールダーさん 酔っ払ってますか?
忘年会が忙しいようで・・・何を皆さん忘れたいのか?ただ飲みたいだけ?

おーーこれこれ!
やはり前作は抜けずか?
ただ前作は椿が引っ張っていったけど今回はみんなでGO!なのかな?
時代が違うからか?織田祐二は織田祐二でいいのか?
これはこれで見てみたい気がします。
内容が分かっていても・・・。

>ちっちくん
こんばんは!
今日はまだお酒を飲んでいないので、酔っ払ってはいませんよ(笑)
忘年会は、ただお酒を飲みたいだけだと思います!
飲みすぎて、たまにオイタもありますが・・・(謎!?)

リメイク作品としては、成功したとは思うのですが、役者の力量は前作の方が数倍上だとは思います。
時代背景なども当時とは違っていますが、織田裕二と世界の三船敏郎を比べてしまうのはちょっと・・・。
ちっちくんの場合は、前作と比べながら鑑賞できる楽しみがあるとは思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/352-d7ba0754

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。