映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > クローズ ZERO  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズ ZERO

2007 - 11/01 [Thu] - 09:41

「クローズ ZERO」★★★☆
出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、山田孝之、他
監督:三池崇史
原作:高橋ヒロシ
製作:日本、2007年
Crows Zero
不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校、通称カラスの学校。芹沢が率いる芹沢軍団を筆頭に、いくつもの不良グループが抗争を繰り広げるこの学校に、1人の転校生がやって来たのだが・・・。

学校のトイレで吸うタバコは憩いの場でしたが、嫌な緊張感がいつも隣り合わせでした・・・。高橋ヒロシの人気コミック「クローズ」を実写映画化した作品。まだ原作は未読です。ボクの高校の頃の愛読書は、特攻の拓と湘南純愛組でしたが、こういうヤンキーもののマンガは、どうもハマリやすいものです。ボクらの頃の不良といえば、外見を見ただけで判断できましたが、今の高校生などは全くわかりません。普通の子に見える子が、急に刃物を取り出したりしますし、喧嘩のルールすらあったものではありません。きっとタイマンすら張ったことがないんでしょうね?この作品に出てくる連中は、ひたすら鈴蘭のテッペンを目指す者たちばかり。男ならばきっと気持ちもわかるであろうが、女性には理解するのが難しいことでしょう。毎日喧嘩に明け暮れる日々を送りながら、不可能と言われている鈴蘭制覇を目論んでいる。多数の派閥が勢力争いを繰り返している姿というものは、社会に出てからもよく見られる光景だが、大人の汚い抗争争いを見るよりも、彼らのようにただテッペンだけを目指す姿に共感してしまいました。この鈴蘭制覇には、ただ喧嘩が強いだけではなれないのが問題です。統率力、戦略、カリスマ性、洞察力などの、ある一定の基準が必要になってくる。人間的に魅力のある男が、テッペンを取ることが出来るのであろうが、それは最後まで謎のままでした。最初から最後まで喧嘩シーンが満載ですが、ちょっとふざけたCGなどが見られました。しかし、それはそれで面白かったのでアリとしましょう。ただ、黒木メイサの歌には、何の意味があるのかが分からない?大人の事情???イケメン目的で鑑賞する女性が多かったですが、男の方がきっと興奮しながら楽しめる作品だと思います。予想以上に楽しめた作品です。彼らの学ラン姿を見ていて思い出したのですが、中学の頃に没収された短ランとボンタン、返してもらってないんですけど・・・。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

これ今俺のまわりでも相当話題になってますw
実際興行のほうも幸先いいみたいですねー。
不良映画にしてはかなり好評みたいやし、一気に興味わいちゃいましたw

ワールダーさん こんにちわ
そうそう、最近のおニーちゃんは普通の方が怖いことが多いですね。
時代後ちょっと違うのか「湘爆」と「ビーバップ・・・」が流行でした。
短ランにボンタン・・・ちっちくんのは中ランにぼんたんでして・・・あ!ぺったんこのかばん・・・もう捨てられているだろうな?

こんばんは!

>ケンイチさん
ケンイチさんの周りでも、この作品が話題になっているんですね。興行収入の方も、出だしがよかったようでし、これにはちょっとビックリしてしまいました。
ストレートな不良映画ですが、変に捻りもないので素直に楽しめましたよ。

>ちっちくん
最近のおにーちゃんたちは、すぎにキレるので怖いです。そういえば最近では、気合の入ったおにーちゃんたちを見なくなりましたね。
「湘爆」と「ビーバップ」、ボクのちょっと上の世代ですと、だいたいの方が読んでました。ボクもたまに見ていました。
ちっちくんは、中ランにボンタンでしたか。さすがに長ランはあまりいませんでしたか?
ペッタンコのカバン、懐かしいですね。教科書は年中机の中でしたし(笑)

中ランは裏地エビチャイロの刺繍入り♪(爆)

ワールダーさん、こんにちは!☆彡

いや!ホンマに観てますねーっ!!\(◎o◎)/!
これは真面目な話、過去のレビューとかプリアウトして残しておいてはいかがですか?素敵なプレビュー本とか出来そうな勢いですよ?お世辞は嫌いなので本当にそう思いますよ♪(^-^)

さて、原作のフィギュアの正体がわからず、凄い勢いで人気だったのですが、それが映画になって気になっていました。
星4.5くらいでしょうか?クールなヤンキーこと?(笑)、ワールダーさんもかなり共感された感じなんですね?(^-^)
「ビーバップ」はあれはあれで私世代では良く馴染んだのですが、この「クローズ ZERO」は”今風”にアレンジされた感じなんでしょうかね?前者ほど笑いはないけど、男としてカッコイイ感じに仕上げられている様に感じました。(^.^)
う~ん。。。あれもこれも観たくなりますネー!!

またお邪魔します!☆彡

裏地の刺繍は基本ですよね!

>garekitさん
こんにちは!
過去レビューをプリントアウトして、garekit邸へ郵送すれば、ご褒美があるんですかねw
いやいや、あまり褒めないでください。単純なので調子にのってしまいますから。でも、garekitさんにそう言って頂くと、本当に嬉しいものです。ありがとうございます。
この作品は、仰る通りに今風な感じは若干ありますね。ビーパップとは違った路線かもしれませんが、基本的な部分は近いものを感じられます。単純なテッペンを目指す男の戦いですし、観ていて楽しい作品です。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/336-9bcc4a75

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

クローズZERO スタンダード・エディションクローズZERO スタンダード・エディション
(2008/04/18)
小栗旬山田孝之

商品詳細を見る
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。