映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 は行 > ブレイブ ワン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイブ ワン

2007 - 10/31 [Wed] - 00:17

「ブレイブ ワン」★★★★
出演:ジョディー・フォスター、テレンス・ハワード、他
監督:ニール・ジョーダン
製作:アメリカ、オーストラリア 2007年
THE BRAVE ONE
暴漢に婚約者を殺され、心身に深い傷を負ったエリカは、1丁の拳銃を手にする。自分たちを襲った男たちを見つけようと街をさまよう彼女は、自らの手で犯罪者たちを裁いていくのだが・・・。

ごく普通のささやかな幸せを夢見たエリカ。こんな当たり前の幸せを夢見ている女性は、きっと大勢いることだろう。しかし最愛の恋人が目の前で殺されたことをきっかけに、彼女の人生は変わっていく。道を踏み外していることを承知のうえで、拳銃の引き金を引く彼女の心にあるのは、復讐か正義か?当たり前のように感じている何気ない一時。その当たり前な日々が、突然何かによって失われてしまったら、ボクは一体どうなってしまうだろう?もしも愛する人が目の前で殺されてしまったら、エリカのようになってしまうのかもしれません・・・。人には越えてはならない一線というものが存在する。最近のニュースを見る限りでは、その一線を越えてしまっている人が多いように感じる。普段はその一線を越えまいと心に強くブレーキをかけてはいるが、何かの拍子に簡単に崩れてしまう場合もある。そんな弱い心は、誰しも持ってはいることだろう。人として生きていたいので、ボクはその一線を越えないように注意をしてはいるが、不完全な人間でもあるので踏み外しそうになることもある。そんな時、弱い心を繋ぎとめてくれるモノがあって欲しいと願う。主人公のエリカは、一線を越えて二度と戻れない場所に行ってしまうのだが、刑事とのやり取りの中で、激しく心が揺らいでいく。そんな心理をジョディー・フォスターは素晴らしい演技で見せてくれる。特に声や視線の演技には、エリカの心に惹き込まれてしまいそうな感覚にさせられる。改めて彼女の演技に関心してしまいました。刑事役のテレンス・ハワードが居るおかげで、更にエリカに共感できる部分も多かったように感じられる。しかしながら、法では裁けないものを自らの手で裁くという行為を認めてしまうと、テロも認めてしまうような気がしてならない・・・。そもそも、人が人を裁くという事自体に疑問も多くあるが、復習は所詮、負の連鎖を生むことしかないように思う。ラストに関しては、一概に正しい行為だったとはいい難いものがある・・・。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ブレイブ ワンブレイブ ワン
(2008/03/07)
ジョディ・フォスターテレンス・ハワード

商品詳細を見る

ワールダーぴょん おっつ~・・・!
これまた非常ーーーーーに重たい映画ですね。
光市の母子殺害の最初のニュースの時、被害者のだんなさんが「法で裁けないのなら自分で裁きます」って言ったあの言葉・・・多分ちっちくんも同じ事を言うと思います。   人の道を外れるのは分かってますけど・・・もしできなかったら自分自身が壊れそうですね。そんなに強い人間じゃないし・・・。
多分思いつくありとあらゆる事をするのかな?どうなんでしょう??
そうゆう事がまず起きない事を願って!!

これも気になってる映画の1つです!
このテーマは難しいですよね…
なんでしたっけ?
日本でも奥さんと娘を殺した犯人に対して、旦那が「この犯人が死刑にならなかったら自分の手で殺してやる」ってのがありますよね。
気持ちはすごい分かるんですけど、これは究極のテーマですよね…
色々考えさせられそうですね。。

こんばんは!

>ちっちくん
おっつ~です!
今日はハロウィンですね。お子ちゃまたちに、お菓子ねだられませんでしたか?
非常にオモイ作品でしたが、考えさせられるものが多く、見てよかったと感じています。
光市母子殺害事件の、木村さんの言葉は胸に突き刺さりました。愛する妻と幼い娘が殺されたらば、きっとボクも同じ言葉を言ってしまうと思います。そもそも、あの弁護団の行動などが、よく理解できないことが多いです。最近では確か一人解任されましたが、あの弁護士も守秘義務を理解していっるのかと疑問に感じてしまいました。
個人的な考えでは、当時未成年だったとはいうものの、女性を強姦し、泣き止まない幼い娘をも殺害したのだから、死刑でも仕方がないと思います。しかもあんな反省のない手紙を知ってしまえば、当事者ではないにしろ怒りを覚えてしまいます。
もしも許されるのであれば、きっとボクもエリカと同じことをしてしまいそうで怖いです・・・。

>ポニー♂さん
今回のテーマは、ポニー♂さんが仰るとおりに難しいものです。でも、難しいと思えるのは、人間である証拠であるようにも感じます。
たぶんポニー♂さんが仰る事件は、上記でも述べた光市母子殺害事件だと思います。被告、原告の意見や考えもあるのでしょが、個人的には許せないという気持ちがどうしても上回ってしまいます。
色々と考える部分も多い作品ですが、ポニー♂さんたち若い世代の方には、是非作品を見て何かを感じ取って欲しいと思います。

こんばんは!
記事を読ませていただきました。
そうですね。憎しみは負の連鎖を生むだけのものですよね。どこかで断ち切っていかなければね。。
昔ある雑誌を読んでいたら、ある奥さんが、違う奥さんにあらぬ噂を立てられて悲しい思いをし、絶対仕返しをしてやるんだと旦那様に言ったそうです。しかし旦那様は、『お前が
恨みを晴らすために、手を下すことはない。手を汚すだけ無駄だ。必ずその報いは誰かの手によって受けるものだから、お前はツライだろうけど、我慢しろ」と助言したらしいですが。。旦那様、素晴らしいなと思いました。
と、また余計な話に展開してしまい、すみませんです。。
tbさせていただいたんですが、駄目でしたかね(^^;
ぽち、させていただきますね☆
では、では!
お返事、明日させていただきますね☆

>ぴーちさん
こんにちは!
負の連鎖は、絶対に避けなければいけないと思います。
雑誌での話し、なるほどと頷きながら読まさせていただきました。こんなステキな旦那様に、いつか自分もなれればいいのですが…。こういった話は大好きなので、いつでも脱線してかまいませんからね(笑)
TBは全然構いませんよ!ただ今回はTBなっていないようでした・・・w
コメントありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/334-cf7d0f0f

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。