映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 か行 > クローズド・ノート  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズド・ノート

2007 - 10/01 [Mon] - 00:22

「クローズド・ノート」★★★
出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、他
監督:行定勲
原作:雫井脩介
製作:日本 2007年
closed-note
教育大に通う香恵は、新居で前の住人が残していった1冊のノートを発見。そのときはためらったものの、バイト先の万年筆屋にやって来るリュウに恋をしてしまった彼女は、何かに導かれるようにノートを開いてしまう・・・。

ボクの大好きな作品である、雫井脩介の「クローズド・ノート」の映画化。原作では、涙なしでは読むことができませんでした。あの感動を今度はスクリーンで再び味わえることを期待して鑑賞してきました。出演は、今なにかと話題の沢尻エリカ様。女王様キャラと言われている彼女は、現在ボクが見ただけで不愉快になる女優さんNo1です。この作品に関するPR活動でも、イメージダウンになる行動が目立っている始末ですし・・・。実際の演技も並程度ですし、いささか呆れてしまいました。共演者の伊勢谷友介も、クセの強さが今回は役柄にあまりあっていないように感じます。そんな中、物語のキーマンである伊吹先生役である竹内結子の演技はとても素晴らしかった。小学校の教師の視点から、子供達を温かく見守っていき、時には悩んだりしながら、子供達との間に少しずつ築きあげていく絆がスクリーンから伝わってくる。そんな彼女の姿を見ていると、とても心が和み優しい気持ちにさせられ、おもわず笑みすらこぼれてしまう。彼女の持つ母性的な魅力が十分に発揮されて、役者としての幅が格段に広まったように感じられる。香恵がノートを読むことにより、少しずつ解き明かされていく秘密があるのだが、等身大の女性の悩みや喜び悲しみが、時間差という壁を経て伝わってくる。しかしながら、ストーリー設定をもう少し演出できたならば、もっと女性の切ない想いや気持ちといった恋心を、観ているボクらに伝えられたのではないかと思える。恋愛映画というよりは、一人の女性の真っ直ぐな気持ちを竹内結子の演技から強く感じられた作品。共感できる部分は多いが、演出に物足りなさを感じられたのが残念です。個人的には原作の方が楽しめましたが、劇場で鑑賞しても損はない作品でしょう。◆映画ランキング◆
 
公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

クローズド・ノート スタンダード・エディションクローズド・ノート スタンダード・エディション
(2008/03/28)
沢尻エリカ 伊勢谷友介 竹内結子

商品詳細を見る

沢尻エリカ様・・・いなくていいです!
舞台挨拶の時、お客様にはちゃんと挨拶しましょう!
大人の常識です。女王様には関係ない?裸の女王様?
ワールダーさん こんにちわ
今朝TVで大変ご機嫌斜めの女王様がいらっしゃいました!
もう、まわりの方が大変で・・・。
せっかく原作がよくても・・・星3つ・・・女王様じゃなければ星4つ?今後改心される事を願いましょう?

女王様には困ったものです・・・。

>ちっちくん
チャオ!
若い子のなりたい顔No1みたいですが、勘違い度もある意味No1かもしれません。礼儀をしらないのも、ここまでくると問題です。なんで最近の子は、礼儀知らずばかりなのか不思議でなりません。東京出張でもしも会ったら、礼儀とミニカーを厳しく教え込んできてください。
原作は好きなのですが、エリカ様の演技には感情移入できませんでした。竹内結子の演技がよかっただけに、ちょっと残念でなりませんでした。

私も今朝のTVの芸能ニュース見てがっかりしました。
彼女はとても「美人で可愛い」と最初思ったのだけど、口調や表情を見ているとちょっと愛らしさに欠けるかな。
そして公の場であの態度だからビックリ。
精神的な未熟さを感じた一瞬でした。
何か理由はあるのかもしれないけど、プロ意識も何もないんでしょうね~。
立派な作品もそれだけで全て台無しだよね。
一方、竹内結子は一目おける感じがするから安心できるかな。
せっかくの話題の映画なのにイメージダウンするような彼女の言動のおかげで残念だよね。

こんばんは!

>yaccoさん
今日は何処もエリカ様の話題を採り上げていましたね。
確かに可愛いのかもしれませんが、可愛いから何をやってもいいほど甘くはない世界だとは思います。若いからといって許される範囲をオーバーしすぎのようですし、一度痛い目をみないと分からないのかもしれません。
せっかく、イイ演技を周りの役者がしていても、主演がこの有り様では全て台無しでした・・・。

エリカ様きたww
今すんごいですよね~w
あのキャラはヒヤヒヤしてある意味好きですけどねw

ワールダーさんは原作を読まれたんですね!
やっぱり原作超えをする映画ってのはないもんなんですね…
今、一番みたい映画は「ファンタスティックフォー」なんで、これは観るとしたらDVDかなぁ。。って感じです。

こんばんは!

>ポニー♂さん
HPで謝罪したよですが、礼儀を知らない人が、あんな文章を書けるのか疑問に思います。これから一体エリカ様はどうなることやら?
原作はオススメです。機会があれば、是非読んでもらいたい一冊です。映画は、主演女優がこれでは、DVD待ちの方がいいのかな?とも感じてしまいます。
「ファンタスティックフォー」は、アメコミ好きの方は楽しめると思いますよ!

こんばんは!ワールダーさん^^
この映画、エリカ様の会見の後に観賞したんですが
竹内結子の先生役は、本当に優しさに溢れたステキな
演技でしたね^^
最後はその彼女を愛して止まなかった伊勢谷さんの
男泣きにつられるような形で、私も貰い泣きしてしまいました。
所で沢尻さん、あの事件の真相が後日談としてありましたが、カツラを注文していた自分のイメージに合わなくて
すごくご立腹されたそうで・・普段からああいう場面で、ファンサービスを考えて奇抜なファッションを自分で提案している彼女。。そんなつまらないことで腹を立てる前に
ファンを大切に考えるのなら、もっと笑顔で会見するのが、本当だったんじゃないかな。。日本人の昔からの美徳というのは、『武士は食わねど高楊枝』というのがありますが、彼女は男子ではないですが、心でいかに思おうと、それを悟られないように振舞うことこそ、美徳というもの。。そんな奥ゆかしさは、今の世の中には求めちゃいけないんでしょうかね・・・。

ところで「ボーン・アルティメイタム」観賞しました^^
観賞して本当に良かったです!

では長々と失礼しました・・
ランクリして帰ります!

>ぴーちさん
こんにちは!
エイカ様の会見は、今思い出しただけでもイライラしてしまいます。映画そのものは悪くはないのに、あの会見でイメージが悪くなったことに関して、本当に残念に思います。
竹内結子の演技は、本当に優しさに溢れていて、子供達を包むような演技に感じられました。
男泣きの場面では、ボクも号泣してしまいました。あの手紙の内容は、本当に心に響いてきました。
カツラがイメージにあわないから、あんな態度になっていたとは知りませんでした。理由はどうであれ、もう彼女はなるべく見たくはないものです。
美徳に関しては、今の子達はあまりないのではないかと思えてなりません。おそらく武士は食わねど高楊枝の意味、もしくは聞いた事すらないかと・・・。彼女はある意味、逆の気位が高すぎてこういう結果を招いてしまったのかもしれませんね。女性ならではの奥ゆかしさ、そういうものは大事にしてもらいたいものです。今の子たちに求める気持ちはわかりますが、どうなんでしょうね???

ボーン・アルティメイタム、ボクも鑑賞してきました。連日飲み会続きだったので、記事すら書けていません・・・。後でお邪魔します。
いつもコメントありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/319-0d3922c8

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。