映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画A~Z > Life 天国で君に逢えたら  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life 天国で君に逢えたら

2007 - 08/27 [Mon] - 00:35

「Life 天国で君に逢えたら」★★★
出演:大沢たかお、伊東美咲、真矢みき、袴田吉彦ほか
監督:新城毅彦
原作:飯島夏樹
製作:日本 2007年
Tengoku de Kimi ni

プロウィンドサーファーの飯島は、世界大会で活躍する一方、肝細胞がんに冒されていた。手術のかいなく余命3か月と宣告された彼は、妻子とともにハワイに移住し、家族の支えを受けて執筆活動に励む・・・。

ウィンドサーフィンの世界大会で入賞経験を持ち、38歳の若さで亡くなった飯島夏樹の自著を映画化した作品。マリンスポーツに関しては、一切しないボクにとってはまったく知らないことでした。実在した日本有数のプロウィンドサーファーの現実は、家賃もろくに払えず公園で寝たりする貧乏暇ナシのドサ周り生活の日々・・・。プロといっても、現実はそんなに甘くはないという一面を思い知らされました。しかし最近の日本だと、格差社会というのがお決まり文句のような風潮になってきていますが、自分が好きな事をしていて、大切な人と一緒に毎日居れるのも悪くはないとは感じます。確かにお金が全く無いのは生活していくのに困ってしまいますが、お金だけがありすぎて、肝心の心がない仮面夫婦というのは、ボクにとって耐え難いことです。価値観の相違もあるでしょうが、飯島さんのような生活には、どこか憧れを抱いてしまいます。レースにも勝ち、子宝にも恵まれて、順風満帆な生活をおくっていたところに、肝細胞がんに冒され余命3か月と宣告される・・・。人生なんて分からないものだと強く感じる。人は生まれながらに死というものを誰しもが平等に持っているものだが、実際に自分の身にいつなんどき襲いかかってくるのかがわからない。それは想像もできない恐怖だとは思いますが、家族が側で支えてくれて、最後をハワイで暮せた日々というのは幸せだったのではないだろうかと思います。人間強がっても、一人では生きてはいけないものです。限られた時間の中で、悔いのないようにこれから先の人生を生きていけたら幸せだと思います。壁女さんの台詞は、どうして毎回の事ながらこんなにも感情が伝わってこないのやら・・・?対照的に、主題歌である風の詩を聴かせては、映像にマッチしていて聴いていて心地良かったです。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディションLife天国で君に逢えたら スタンダード・エディション
(2008/02/22)
大沢たかお 伊東美咲 真矢みき 袴田吉彦 川島海荷 石丸謙二郎 哀川 翔

商品詳細を見る

ちゃおちゃお3!!!
これ!結構期待してたんですけど・・・。
う~・・・・ん・・・?
星3つですか?
これもTVで放送されるのを待っときます。
壁女???あーーーはいはい!
やはりオタクのドラマの方がよかったかな?
GTOの時もベタベタだったし・・・めぞん・・も途中でみるのやめたし・・・。
実際会ったら感動するのかな?  そんな機会は・・ナイナイ

連コメありがとうございます!

>ちっちくん
チャオ3!
期待していたんですか?
だって、壁女さんの演技が毎度のことながらヒドイんです。主人公を支える、芯の強い女性ではいけないのですが、彼女が演じると・・・・・・。
実際に会ったらキレイでしょうが、スクリーンでは遠慮します。

やっと、ハッケソ!!

ワールダーさん、こんにちは!☆彡

…古いアーカイブ掘り出して来てゴメンです。
この作品のワールダー版レビューを見たかったのですが
中々お邪魔出来ず、ゴメンでした。

さて、ワールダーさんの記事通り、好きな事をして好きな人と過ごす極貧生活。私の幼い頃はごく普通の風景でした。

ただ当たり前ですが、好きな事をやる以上ココロの構え方も半端では無かったように思います。

恐らくどんな世界にしろ”プロ”として独立した異常はモロに弱肉強食の世界の始まりだと思います。また逆に周りの仲間を失ったりするのだと思います。

…それなりにあらゆる物を犠牲しながらも、自分の信じた道を行き、そして終える…それはそれで立派な事なんでしょうね。

ワールダーレビューを探して良かったです。…でもDVD待ちになっちゃいました。。。orz(自爆)

またお邪魔します!☆彡

検索乙でした!

>garekitさん
おはよーございます!
ナボさんに引き続き、古いアーカイブを開いて頂きありがとうございます。記事を書いた本人は、当の昔に忘れてしまっていることが多いですので・・・。
さてさて、好きな事をして好きな人と過ごす極貧生活ですが、やはりある程度の覚悟みたいなものは最低限必要かとは思います。ただ、最近の子たちを見ていると、あまりにも忍耐力がないので、こういうのはちょっと無理だと感じるのかな?とも思います。プロの世界は弱肉強食ですし、油断していたらすぐに足元をすくわれかねない怖ろしい世界だと思います。ただ、それでも自分の信念を貫き、最大限の努力をし結果を残すのは、持って生まれた何かがあるからなのかもしれませんね。
DVD待ちですか?レンタルになったら、お家で鑑賞してみてくださいね!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/299-b239e575

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。