映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 あ行 > アヒルと鴨のコインロッカー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

2007 - 05/19 [Sat] - 00:14

「アヒルと鴨のコインロッカー」★★★
出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ他
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
製作:日本 2006年
AHIRU TO KAMO NO COIN LOCKER

大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名は、奇妙な隣人の河崎に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかけるのだが・・・。

伊坂幸太郎の同名小説の映画化。オープニングからボブ・ディランの不朽の名曲である「風に吹かれて」にのせて、ミステリアスに描いている。原作は読んでいないのだが、どうも嫌な胸騒ぎがする・・・。作品を観賞している間、その胸騒ぎのようなものは取れることはなかった。決定的に何かが足りないような気がしてならない。キャストも若手で固めているのだが、どうもボクの中でシックリとこないのです。ストーリーにある仕掛けがあるのですが、それが奇妙でもありユーモアでもある。しかし、何処か不自然な部分もあるのも確か。その部分がボクの心に残った物足りなさだったのかもしれない・・・。それとは別に、風景や街並みには、懐かしさや親しみがある。昔実際に通った景色が、鮮明に蘇ってくる。映像を観て、ふとそんな事を思い出してしまいました。「陽気なギャングが地球を回す」でも感じたことだが、伊坂作品を映像化するのは、ちょっと難しいのではないだろうか?ボブ・ディランの歌声が、作品からとても切なく聴こえてくる・・・。

アヒルと鴨のコインロッカー公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る

ワールダーさん、こんにちわ(-^^-)
ワールダーさんは引き出しがいっぱいだね☆
ストーリーのあるものは何でも好きですね☆(^^)☆
今日ぜ~んぶまとめて読んで感動しちゃいましたぁ☆

こんにちは!

>かずりんさん
頑張って引き出しの数を増やしていました(笑)
全部まとめて読んだんですか?
ありがとうございます。

ワールダーさん こんにちはv-22
小説で読んだらとても面白そうなストーリーですね♪
映画より、本の方に興味を持ってしまいました。
キャストが若手で固められているのって、よっぽどの事が無いと苦手かもです‥‥‥。

こんばんは!

>ナボさん
小説を読まれたんですか?
伊坂作品は、どうも好きなのか嫌いなのかがよくワカリマセン・・・。
よっぽどの事は、この作品に関してはないように感じられます。

ごめんなさい!

ワールダーさん こんばんはv-22
ごめんなさい、言葉が足りなかったみたい!
ワールダーさんの記事を読ませてもらって、映画を見るよりも原作を読んだ方が楽しいんじゃないかしら?と、思った訳なのです~。

でもちょっと、街並の映像を見てみたい気がします♪

すいません

>ナボさん
こちらこそ、なんだか勘違いしてしまいましてすいませんでした。
日本語は難しいですね。
わざわざコメ頂き、ありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/242-7ca4935c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。