映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

2007 - 04/21 [Sat] - 00:10

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★
出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子他
監督:松岡錠司
原作:リリー・フランキー
製作:日本 2007年
Tokyo Tower

1960年代、3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。オカンは女手ひとつでボクを育ててくれた。そんなオカンが癌に侵されていることが分かった・・・。

原作者であるリリーさんの同名自伝小説の映画化。この原作を読んだときの感動は、今でも鮮明に蘇ってくる。そんな思い入れの強い作品なだけに、ボクをオダギリジョーが演じることについて、どうしてもリリーさんと比べてしまうためにイメージが湧かなかった。しかし作品を観て納得させられた。この作品は、全てにおいて手抜きのようなものが感じられない。その中でも、オダギリジョー、樹木希林の二人の演技は文句のつけようがない。それほどまでに最高の演技を二人が見せ付けてくれる。二人の親子の関係を見ていると、自然とボク自信のオカンのことを思い出してしまう。人間は、妻や夫、子供がいない人でも必ず親だけはいるもの。男にとって母親という存在は、切っても切れない大切な存在なのだと思う。あるボクの友人が、「男は全員マザコンで、それを自分で認めるか認めないかの差だけ・・・。」そんなことを飲みながら語っていたのを思い出した。男にとって母親という女性は、この世でそれほどまでに特別な存在なのだと思います。しかしそんな特別な存在だからこそ、素直になれずにいつまでも心配をかけてもしまうもの。たまには素直にオカンに、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えたいものです・・・。きっと言えずに後悔する確率が高そうなので、この場を借りて言いたいと思います。「ボクを生んでくれてありがとう、オカン。」
絶対に泣いてしまうとわかりつつ、ボディーブローのように終盤にかけて感極まってしまう作品。観終わった後、オカンに対して感謝の気持ちでイッパイになりました。オススメです。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン公式サイト
 
★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)
(2007/10/24)
オダギリジョー松岡錠司

商品詳細を見る
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社

この商品の詳細を見る

ほんとに。

私も是非みてみたいな。
オダギリジョーっていうところに
私も正直ひっかかっていたんだけどでもそれを払拭してくれる
ほどの作品の出来と役者の演技に期待できそうだね。
それから「母」という存在。
人間は生まれたときからその産んでくれた「母」という存在が
特別なものであることを知っているんだね。きっと。
一番近くて特別だからこそ言えなかったり素直になれなかったりで。
でもやっぱり大切に思う気持ちはいつかどこかで伝えたいよね。

>yaccoさん
コメ遅れてすいません。
オダギリジョーという点に、皆ひっかかるとは思いますが、演技で納得させられる部分が大きかったです。それ以上に、彼のファッションはもっと凄いかも!?
母親への感謝の気持ちを、いつか素直に伝えられればいいと思います。

ムーミン谷の博士はこちらでつか?(笑)

ワールダーさん、こんばんは☆彡

お久しぶりです!…忘れられたでしょうか!?(((( ;゜Д゜)))

ミーとスナフキンは兄弟なんですよね?
( ゜д゜)ハッ!コメント場所、間違えました!(謎(笑)

で・・・・・・・・・・・・・・

キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

「東京タワーオカンとボクと時々、オトン」!!

以外とCMのハイライトシーンではオダギリジョーが某カードのCMの雰囲気、デジカメのCMの雰囲気で私個人は、期待していた洋ちゃんに次いで、某ミラクルタイプでのリリーさんの若き頃を想像ですが、なんとなくリンク出来そうです。

設定もストーリーもやはり良いみたいですね♪これは、ワールダーさんのオススメシリーズとして「かもめ食堂」同様、見ますっ!\(~o~)/

それと・・・・・・・・・・・・


      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *
   * ※ ☆ ※  ※ ☆  .☆ ※  ※ ☆ ※ *
  * ※ ☆ ※ ※☆      ☆※ ※ ☆ ※ *
  * ※キタ━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!※ *
  * ※ ☆ ※ ※☆      ☆※ ※ ☆ ※ *
   * ※ ☆ ※  ※☆  .☆※  ※ ☆ ※ *
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *

おたんじょび!おめでとうございます!

|-`).。oO(近日ちう、荷物が届くかと思いますが、開けて投げないでねっ!(爆)

またお邪魔します☆彡

>garekitさん
ようこそムーミン谷へ!
え~っと、どちら様でしたか?
お~っと失礼致しました。連コメ大魔王様こと、garekitさんでしたか(笑)
いつの間にやら、ムーミン博士になっているような?
あまり詳しくないのですが・・・。

garekitさんが大好きな東京タワーです。
もうこれは観るしかないと思います。かもめ食堂同様、きっと気に入ってもらえると思いますよ。

ありがとうございます。
ボクもとうとう三十路に突入です!!!
えー!!ミサイル発射されたんですか!?ドキドキ
楽しみに届くのを待っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/230-5d8e8cfc

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。