映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 た行 > どろろ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どろろ

2007 - 02/02 [Fri] - 16:12

「どろろ」★★★
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一他
監督:塩田明彦
原作:手塚治虫
製作:日本 2007年
どろろ

戦国の世、武将醍醐景光は力を欲し、我が子の肉体48箇所を48の魔物に捧げた。20年後、その子百鬼丸は自分の体を取り戻すべく、左手に仕込んだ妖刀を頼りに、道中で出会った孤児どろろと共に魔物退治の旅へ出る…。

1967年に発表された手塚治虫の傑作「どろろ」を、40年経った今実写化したこの作品。ボクが生まれる前の作品なので原作は知らないのだが、何冊か手塚作品は読んだことがある。どの作品も奥が深く、様々なメッセージが込められている印象が強い。が、今回の実写化は物足りなさを強く感じてしまう。まず手塚作品の世界観がゴチャゴチャになってしまっている。現在・過去・未来とも区別がつかぬ世界は、違和感がありすぎる。CGもかなり多様しているが、そのほとんどが安っぽく迫力を感じない。本当に数十億という大金が使われているのだろうかと、疑問に思ってしまう。妻夫木聡のアクションも、不慣れな部分もあるが全体的にちょっと笑える。一番酷いのが、柴咲コウのキャラ設定。原作と違っていて、あまりにもイタイ。これは観ていて可哀相にになってきてしまう…。全体的に思ったよりも酷くはないが、そんなに良くも無い作品。まだまだ実写化するには、早かったように感じました。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

どろろ(通常版)どろろ(通常版)
(2007/07/13)
柴咲コウ瑛太

商品詳細を見る
どろろ オリジナル・サウンドトラック どろろ オリジナル・サウンドトラック
サントラ、Huun-Huur-Tu 他 (2007/01/24)
トイズファクトリー

この商品の詳細を見る

おお!
「どろろ」じゃないですかー!
なんか主演の2人がかけずりまわってPRしてますよねー
予告編だけを見ただけでも、柴咲コウのイタさはビンビン伝わってきますね…w
太鼓をポンポン☆叩くところとか…w
何も考えずにポカーンと見てられる作品なのかなー?って思ったんですけど、あんまりにもムチャな設定は(・A・)イクナイですね…

こんにちは♪
私は手塚治虫の漫画は好きです。
なんだか暖かさとメッセージ性があるからね。
どろろは読んだことはないけど(>_<)。
手塚作品のイメージをマイナスなものにはしてもらいたくない
から、こういう映画化もよほど原作を上回るようなキャスティングと
演出でないと原作を汚すようなことにもなりかねないよね。
漫画の世界のままの方がよかったのかなー。
キャスティングからしてちょっと安っぽく感じるのは私だけかしら。

>ポニー♂さん
映画のPR以外にも、なにかと話題のお二人ですね。
予告編だけでも、仰るとおりかなりイタイです・・・。
ある意味、ポカーンとなってしまっていました(笑)

>yaccoさん
こんにちは!
漫画好きのyaccoさんも、どろろは読んだことがありませんでしたか。暖かさやメッセージ性は、どの作品からも強く感じられます。こういう偉大な漫画家が、また現れるといいのですが・・・。
>原作を上回るようなキャスティングと演出
これに対しては、ボクも同感ですが、正直難しいでしょう。
漫画の世界は、アニメが限界だとは感じます。

ワールダーさん こんばんは~v-22
これは、映画化してほしくなかったです‥‥。
しかも流行の俳優さん達が出演すると、なんだか軽ーいイメージになってしまうような気がして‥‥‥。
妻夫木君は好きですけどねv-254

ヾ(=^▽^=)ノ

ワールダーさん、こんにちはヽ(´▽`)/
いつも感じていますが本もDVDもよく観察してるよね?感心しちゃいます!ワールダーさんのブログにくるといつも、かずりんはまだ読みが浅いなぁーって思います(笑)♪♪

>ナボさん
映画化は、もう少し技術が進んでからして欲しかったというのが、率直な意見です。
流行の俳優さんは確かに多いのですが、イメージが違う方が若干多かった印象です。
妻夫木君は好きですかぁ・・・。イイ男には甘いですね(笑)

>かずりんさん
なんでも観察するのが、小さい頃から結構好きでした。
たまにあまりジロジロ見過ぎて、怪しまれそうですが(笑)
かずりんさんは読みが浅いなんて・・・。そんなことありませんよ!

ワールダーさん、こんばんは☆彡

暫く沈んで隠れていまして、お久しぶりです!?そろそろゲ○ググ打ち消しの文をと考えております。(笑)

さてさて「どろろ」、私はいつものごとく…以下省略。。。orz(自爆)
だったのですが、柴咲コウのあまりに雰囲気が違う台詞が気になっていましたが、やはりそう言う感じなのですね。

以前も書かせて頂きましたが、原作を映画化(実写化)と言うもので「ピッタリ!ビンゴ!」と言うのは数少ないような感じがします。それどころか、私の場合「これは」と言う物すら思い出せません。

中々”ハマリ役”や自然にピッタリな作品と言うのは難しいのでしょうね。(^^;)

またお邪魔します!☆彡

>garekitさん
もういいかぁ~い?やっと現れましたね!
●ルググですか?ちっち少佐共々、楽しみに待っていますよ(笑)

誰もが気になる●咲コウの演技は、本当にイタイのでご注意くださいませ。原作の映画化は、数十本に一本アタリがあればいいのかもしれませんね・・・。

使われている音楽が良かったです~!

やっと観ました!
たいした事ないだろうと思いながら観たのですが、思っていたよりも楽しめました~♪
でも、最後までどろろ役がどうして柴咲さんなのかしら??、頭にハテナマークが浮かんでおりましたが。

魔物達は、昔のウルトラマンに出てきそうな特撮の雰囲気で、ある意味楽しめました。

そして、妻夫木君はやっぱし素敵でした~v-254

またまた二度目のご来店、ありがとうございます!

>ナボさん
あまり期待して見ると、ナボさんのようにボクも楽しめたのかもしれませんね。
柴咲コウのドロロ役は、頭に殆どの方が???と頭の上に浮んだ」ことでしょう。
魔物たちは、確かに昔のウルトラマンなどの特撮もののようですね(笑)
お気に入りの妻夫木君を堪能しすぎて、ヨダレたらしませんでしたか?
いつも古い記事をチェックして頂き、本当にありがとうございます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/194-e4290a1c

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。