映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 あ行 > 暗いところで待ち合わせ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗いところで待ち合わせ

2006 - 12/21 [Thu] - 18:49

乙一(著) 「暗いところで待ち合わせ」★★★★

暗いところで待ち合わせ 暗いところで待ち合わせ
乙一 (2002/04)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた・・・。

11月25日から、田中麗奈、チェン・ボーリン主演で映画化され公開にもなっている、「暗いところで待ち合わせ」を読んでみました。この作品を知るキッカケは映画でしたが、ボクの近所では上映されていないので、原作を読むことにしました。乙一さんの作品は初めて読んでみたのですが、なかなかイイ作品だと素直に感じました。プロットもしっかりしていて、どんどん物語りに引き込まれていく。あっという間に読み終えてしまったという感覚でした。主人公のミチルは、事故の為に盲目となってしまうのですが、そこへ殺人事件の容疑を掛けられたアキヒロが忍び込んできます。ミチルは気付いているにもかかわらず、知らないふりをし、普段通りに生活する。暗闇の中というだけで不安になってしまいそうですが、見ず知らずの人間が、すぐ側に居るというのは耐えられない恐怖だとボクは思います。今の世の中、昨日まで親しくしていた人が、明日は容疑者となってしまう事などがよくある。物騒な世の中で、少々ミチルの行動も不謹慎ではあるが、物語が進むにつれて、なんともいえない感情に変わっていく。そのアタリの文章の構成などが、とても素晴らしく感じました。寒い日に食べる温かいシチューが、読んでいるこちら側にも伝わってくるような気がしました。

障害を持った方々の立場で、あまり物事を考えたことがなかった。普段我々が、当たり前のように生活していることでも、少し目線をかえて見てみれば、不自由なこともたくさんあることだろう。些細なことかもしれないが、今更ながらそんな事を考えさせられた作品。人と真剣に向き合って生きていくのは、怖い気持ちや不安もあることだろう。しかし、人は決して一人では生きてはいけないものだとも思う。二人のやり取りから、人の温かさを感じれました。オススメです!

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

オリジナル・サウンドトラック「暗いところで待ち合わせ」 オリジナル・サウンドトラック「暗いところで待ち合わせ」
めいなCo. (2006/11/08)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

再び…m(__)m

ワールダーさん、こんばんは☆彡

完全に連続コメント、お許しを。m(__)m

ワールダーさんを感動させた久しぶりの作品のようですね?(^^)

そうですね。些細と思われるところが実は最も重要な部分であったりしますよね。素直なところ、ついつい忘れがちになってしまうのですよね。

ワールダーさんのブログ中後半に「シチューの温かさが伝わる~」とありましたが、想像するに単に温かいシチューを描写しているだけではなく、人の動きや風景など全体の描写や表現がすばらしい作品のようですね?(^^)

私は情けない事に暫く、そう言う作品をしっかり読んでいないのでワールダーさんの絶賛されるブログを見るたびに「何かしっかり読んでみよう」といつも思います。(汗;)

これからも素敵な作品があれば是非、紹介して下さいネ!

3連続のコメント、ごめんなさい。m(_"_)m

…でも、懲りずにまた来ますので4649!ヾ(≧∇≦)ノ

ワ-ルダ-さん こんばんは~☆

ガレちゃま同様、
「寒い日に食べる温かいシチューが、読んでいるこちら側にも伝わってくるような気がしました。」
というワ-ルダ-さんの文章に、とても惹かれました~v-22
私は、本の中の食べ物のシーンがとても好きなので、是非是非この本でもうっとりしたいです。

こんばんは!
最近、本が溜まってしまってます。
買っておきながら読まずにいるのです。

これ面白そうですね。
溜まっているのを読んでからと思いつつ
ついつい買ってしまいそうです。

>garekitさん
一日に三度もコメして頂き、ありがとうございます。
≫完全に連続コメント、お許しを。m(__)m
う~ん、どうしようかなぁ・・・!?そうですねぇ~、ゲルググを製作してくれたら、許してあげますね(笑)

シチューは、ちょっと詳しく書いてしまうと、ネタバレになってしまいそうなので、garekitさんが久々の読書をしたら、感想を報告してくださいね。今年も、本屋の袋から開封されていない本が、なんだかたくさんありそうな気が・・・?来年は、garekitさんもたまには読書してみてくださいね!!!

>ナボさん
今回は、シチューの表現が大好評ですね。
≫本の中の食べ物のシーンがとても好き
成程、ナボさんに興味を持って欲しい作品には、無理矢理にでも食べ物のシーンを使っていこうと思います(笑)
うっとり出来たら、感想聞かせてくださいね。

>kichiさん
最近、本が溜まっているんですか?買い置きしすぎると、読むのをついつい後回しにしてしまいますよね?なので、ボクは読み終わってから、次の本を買うようにしています。
年末年始にでも、特番ばかりでしょうし、外は寒いですから、温かいコーヒーを飲みながら、読書してみてはどうでしょうか?

只今、東野圭吾の新作を読んでいます♪

ブログ運営者様

「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
古今東西あらゆるものの評判やクチコミを集めるサイトです。
従来のブログランキングなどとは異なり、
同ブログ内の記事でも異なる記事であれば、
URLを「クチコミ検索」というコーナーに複数登録可能です。
不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
ランキングのように上位表示、下位表示に影響されることなくご自身のサイトの

アクセスアップが見込まれます。
この機会に是非ご利用ください。

http://www.reviewda.com/

レビューda!ドットコム-Reviewda.com-

乙一ファンとしては、自分が褒められたようで
嬉しいです(勘違い;;

この作品以外も素敵な作品が沢山ありますので
よかったら他のも読んでみて下さい♪
「きみにしか聞こえない」も映像化される予定です^^

>ゆずるさん
こんにちは!
ゆずるさんは、乙一ファンだったんですね。初めて読んでみたのですが、とても面白かったです。他にもゆずるさんオススメがあるようなので、機会があったら読んでみたいと思います。

かずりんこの本、今回入院中に読みました☆
映画の背景と少しだけ、本のバック背景が違うよ~な気がした・・・
でも映画みてみたい(^_^)v

>かずりんさん
かずりんさんも、この作品を読んでいたんですね。背景と、本のバック背景が違う?映画では、アキヒロ役がチェン・ボーリンですし、全体的に違ってきているのでしょうか?DVDになったら観てみたいと思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/166-a18ca029

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。