映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作家 や・ら・わ行 > 今夜誰のとなりで眠る  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜誰のとなりで眠る

2006 - 10/27 [Fri] - 18:59

唯川恵 著「今夜誰のとなりで眠る」★★★

今夜誰のとなりで眠る 今夜誰のとなりで眠る
唯川 恵 (2006/09)
集英社
この商品の詳細を見る

この物語は、5人の女のそれぞれの愛のかたちをテーマに綴られています。一人の男の突然の死によって、その男に関わった5人の女の人生の歯車が、予期せぬ方向に歩み初めていく・・・。
もう若くは無い30代の半ばにさしかかった5人の女の、それぞれの心情をリアルに描いている作品。

毎回、唯川恵という作家の作品を読むたびに感じることなのだが、女性の裏の顔というか、心の醜い部分を描くのが抜群に上手い作家だと感じる。その反面、毎回のように、女性の嫌な部分を知っていってしまう・・・。男のボクにとっては、正直なところ女性のダークな部分はあまり見たくはないものです。表面上はキレイにしていても、腹黒い女というものは、どうしても引いてしまいます。そういうボク自身が、一番腹黒かったりもするのですが・・・(笑)

結婚・離婚・妊娠・不倫・・・。恋愛小説の王道ともいうべき展開がそれぞれの女達に用意されているのだが、飽きさせずに最後まで読むことができる。ただ、5人の女の話が、段々と絡まりあい、話がややこしくなるあたりは、ちょっと問題があるようにも感じられた。
良くも悪くも、女という生き物自体が複雑なのだから仕方がないのかもしれません。複雑であるからこそ、理解しようとするのですが、毎回出口の無い迷路に迷い込んでしまう。たまには手招きして、優しく導いて欲しいものです。

女性という生き物の本質を知るのは、ボクにとってはこの世で一番怖ろしいことなのかもしれません。でも、覗いてみたい世界なのかもしれません。
だいぶ肌寒い季節になってきたので、人肌が恋しいです。
あなたは今夜、誰の隣で眠りますか?

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ワールダーさん、こんばんは!(^.^)☆彡

普段、恋愛物は本もドラマもあまり見ないのですが、30代半ばにさしかかった女性…裏側の心情と言う所など、ワールダーさんのワールダーマジックにやられました。(自爆)

いや、そうですね!…”裏側”は凄く興味はある部分ですよね?いい年して私も普段は「関係ねぇ!」とか強気なのですが、結構気になっていたりします。(笑)

これは女性側に立った、ある意味暴露みたいな感じを含めて旨くリアルなストーリーにしてあるのでしょうね。

…1日…いや、3日くらい女の人になってみて…いや…本質はやはり永遠の謎ですね!?と言うか、お願いだから謎にしておいて!って言うのが本音でしょうか?…でも、気になりますネ!(^-^)

またお邪魔します!(*^^)v☆彡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>garekitさん
ボクのマジックにかかったままで、たまには恋愛モノでもいかがですか!?
女性の裏側が・・・。
>お願いだから謎にしておいて
まったくその通りです!
謎のままの方がいいものもあるんですよね。。。

余計なコメは、ご忠告通りに抹殺しておきました!!
いつもお気遣い、ありがとうです。

主任はいつになったら、秘密の裏口を発見してくれるのかなぁ・・・???

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waruda.blog63.fc2.com/tb.php/124-1758b20e

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。