映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2011年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

2011 - 07/22 [Fri] - 16:13

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」★★★☆
原題:Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、ウォーウィック・デイビス、他
hp7_2
ストーリー:ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。【シネマトゥデイ】

J・K・ローリング原作のベストセラー小説を実写映画化した人気ファンタジーシリーズ最終章。2001年に第1章「ハリー・ポッターと賢者の石」が公開されてから10年間、ずっと映画館で鑑賞してきた作品なのだが、終わってみると不思議とこれといって特に思い入れがない作品だったと感じられるのが悲しい…。個人的には幼い頃のハリーたちの冒険物語がまだ好きだったのだが、10年も年月が過ぎてしまえば、あの可愛かったハリーも大人になり、胸毛やギャランドゥーがもじゃもじゃの青年となってしまい幻滅してしまうもの。それでも性格的に一度シリーズものを鑑賞してしまうと、ラストまで見届けなければ納得がいかないので困ってしまう(笑)さて、物語のほうはやっとのことで完結したのだが、ここまでくるのに多くの犠牲が払われてきた。ハリーは一体最後はどうなってしまうのかと話題にもなってきたが、ハリーが生まれてから背負ってきた運命に驚きを隠せない。しかしこれはある意味ハリーの運命をたどる旅のような感覚をシリーズからひしひしと感じられる。集大成となる最後の戦いは、お互い総力戦で見応えがあり、ラストを飾るには相応しい出来だったと思う。しかし何よりも最後の最後である人物に一気に心を奪われてしまう。それはある人物が長年にわたり、ハリーを見守り続けてきた心情を描いている。彼の心情が理解できる粋な演出はとても共感が持てた。10年という長い月日をかけて観てきたが、ハリー達の成長をまるで親のように見守ってきた作品のようにも感じられた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
(2011/07/13)
サントラ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

アイ・アム・ナンバー4

2011 - 07/20 [Wed] - 16:44

「アイ・アム・ナンバー4」★★☆
原題:I Am Number Four
監督:D・J・カルーソ
出演:アレックス・ペティファー、ティモシー・オリファント、テリーサ・パーマー、ダイアナ・アグロン、カラン・マッコーリフ、ケヴィン・デュランド、他
no4
ストーリー:潜在的な特殊能力を有する9人の“選ばれし若者”たちが、自分の能力や運命が与えた使命さえ知らぬまま何者かに命を狙われ続け、孤独な日々を送っていた。あるとき、彼らの中の3人が殺され、“ナンバー4”の力が覚醒(かくせい)。ジョン・スミス(アレックス・ペティファー)という偽名でアメリカの片田舎に暮らす彼は敵から逃げることをやめ、戦う決意を固めるが……。【シネマトゥデイ】

特殊能力を有する9人の選ばれし若者の4番目が主人公というのは予告で知っていたが、待てども待てどもなかなかその他の仲間が登場してこない。序盤でロリアン星から地球に逃亡してきたナンバー3までが追手に殺され、次は自分の命が危ないために街を転々とし孤独な日々を過ごす主人公。そんな生活をしているのになぜか主人公には全く危機感を感じられずに、転向した学校でガールフレンドをつくり、物語はまるで学園ドラマへと進展行く始末…。明らかにティーン層を意識して制作されているような感じが否めないが、それ以前にシリーズ化として制作された感じがプンプンと漂っている辺りが見え過ぎていて白けさせる。そもそも異星人の主人公が彼氏なのだから、もっと彼女は困惑してもいいはずなのに、そんなのは全くお構いなしの若者たちの姿に目を疑ってしまう。そもそもの設定からしてツッコミ所満載なのであまり細かい事を言っても仕方がないのだろうが、逆にそういった部分をおもしろおかしく鑑賞してみるのも一つの楽しみなのかもしれないと感じる。古典的な若者の成長をメインとして描いているのですんなりと物語には入れるだろうが、続編があってもきっと個人的には観ることがないだろうと思う作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


トレヴァー・ラビン/オリジナル・サウンドトラック 『アイ・アム・ナンバー4』トレヴァー・ラビン/オリジナル・サウンドトラック 『アイ・アム・ナンバー4』
(2011/07/06)
サントラ

商品詳細を見る

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

06 ≪│2011/07│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。