映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2011年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王のスピーチ

2011 - 03/02 [Wed] - 16:32

「英国王のスピーチ」★★★☆
原題:The King's Speech
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン、他
kingsspeech
ストーリー:幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。【シネマトゥデイ】

第83回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞の4冠に輝いた「英国王のスピーチ」。予想通りにオスカーを獲得したが、個人的には正統派作品といったような印象がとても強い。物語は幼少時から吃音に苦しみ、内向的だったヨーク公アルバート王子が、風変わりな言語セラピストや妻・家族に支えられながらコンプレックスを克服し、英国王ジョージ6世になるまでの実話を描いた人間ドラマ。ジョージ6世といえば、現イギリス女王・エリザベス2世の父ということくらいしか知らなかった。そんな彼が酷い吃音に悩まされ、医師の免許もないスピーチ矯正師ローグとの出会いによって、徐々に吃音を克服していく姿が皮肉交じりで面白おかしく描かれている。見方によっては英国王室に対して敬意のかけらも感じられないのだが、映画として鑑賞するにはそれくらいがちょうどいいのかもしれない。特にヨーク公の幼き頃のエピソードは酷いモノだと感じてならない。英国王といえども、一人の人間であり苦悩もあって当たり前。そういった人間臭さ満載の演技をコリン・ファースが面白く演じている。いつもはちょっとエキセントリックな女王様といった役柄が多いヘレナ・ボナム=カーターだが、今回は夫を支える良き妻として共感の持てる演技をしている。それでも日本人のボクには共感するには程遠いものがあり、感情移入するのが難しい。展開も予定調和といった印象しかないので、もしかしたらとても退屈に感じてしまう作品かもしれないが、ラストの演説がとても心に響いてくる。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


Ost: the King's SpeechOst: the King's Speech
(2010/11/22)
Alexandre Desplat

商品詳細を見る

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。