映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2010年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェイの森

2010 - 12/18 [Sat] - 18:22

「ノルウェイの森」★★★
監督:トラン・アン・ユン
出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉山鉄二、他
norwegian_wood
ストーリー:ワタナベ(松山ケンイチ)は唯一の親友であるキズキ(高良健吾)を自殺で失い、知り合いの誰もいない東京で大学生活を始める。そんなある日、キズキの恋人だった直子(菊地凛子)と再会。二人は頻繁に会うようになるが、心を病んだ直子は京都の病院に入院してしまう。そして、ワタナベは大学で出会った緑(水原希子)にも惹(ひ)かれていき……。【シネマトゥデイ】

1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作である「ノルウェイの森」の映画化。監督がトラン・アン・ユンだけに一抹の不安を覚えてたのだが、映像面では満足いく出来だが予想通りの結果となった感じがする…。はじめて原作を読んだのは小学生だったと思う。ドキドキしながら読んだ記憶があるのだが、内容はさっぱり理解できなかったというのが正直な感想。それから数年後にもう一度読み、その後も何度か読んでみた。しかし何度読み返してみても、村上春樹の独特の世界観というものを理解するのは困難だった。なのでこの独特の世界観を持つ作品をどのように仕上げていくのかある意味楽しみにしていたのだが、正直なところあまりボク的には好きな感じではなかった。シンプルにまとめているとは思うものの、感情移入するにはちょっとお粗末。特に水原希子に関しては論外。長文のセリフに全く感情がこもっておらず、ただの棒読みを聞かされ一気に冷めた気分にさせられる。菊地凛子の不思議ちゃんぶりも違和感があり、ヒロイン二人の演技でダブルパンチをくらい意気消沈。あとはだらだらと重苦しい雰囲気の中、物語が終わっていくのを憂鬱になりながらの鑑賞。やはり活字の世界観を表現するのは難しいと感じさせられるばかり…。退屈な映画でしかないが、ビートルズの名曲である「ノルウェイの森」が、ラストで深い森の奥地へと導いてくれる感じがした。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラックノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック
(2010/11/10)
サントラ、カン 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。