映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2008年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプニング

2008 - 07/30 [Wed] - 18:36

「ハプニング」★★
原題:The Happening
監督:M・ナイト・シャマラン
製作:アメリカ、2008年
出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、ベティ・バックリー、アシュリン・サンチェス、スペンサー・ブレスリン、ロバート・ベイリー・Jr.、他
HAPPENING
アメリカ東部で一般市民が突然自らの命を絶つという怪事件が続発。その理由は一切不明のままパニックは拡大していく。教師のエリオットは妻や友人と共に町からの避難を試みるが、やがて恐ろしい事態に直面することに。【MovieWalker】

M・ナイト・シャマランの頭の中がハプニングになっていて、もう何を作っても騙される気がしてならない…。「シックスセンス」の成功もあり、未だにM・ナイト・シャマラン監督の熱狂的なファンが多いようだが、もうこの人はネタぎれなのではないかと毎回新作を鑑賞するたびに思う。そもそも、傑作と謳われている「シックスセンス」自体が面白いと感じないので、個人的にはこの監督とは肌が合わないようです。今回は一体どんな敵で、どんなオチがあるのだろうかは一切考えずに鑑賞してみたのだが、もう冒頭から呆れてきてしまい、何をこの人は伝えたいのかが凡人のボクには理解できませんでした。ある日突然に、アメリカ全土からミツバチが消えてしまう。そしてニューヨークのセントラルパークからハプニングは急激に始まっていく。時間が止まったかのように人々が動かなくなり、バタバタと倒れ死んでいく。ビルの建設現場では、次々と屋上から人が落下自殺してくる。どうしてそのような事が起こったのかは不明。国家に対するテロや空気汚染などと憶測が飛び交い、被害は公園から次第に郊外へと拡大していく。もうここではミツバチの事などには一切触れずに、淡々と物語りは説明など一切なく進んでいく。益々頭の中は混乱していき、これは監督がワザとこうした展開にして、我々をあざ笑っているようにも思えてきてしまい腹立たしくさえ感じる。ハプニングは突然起こり、そこから人間はどのように行動し、その行動によってどういう結果になっていくのかを描くだけ。植物が関係しているように描いていくのだが、結局答えが見つからないままハプニングの結末をひたすら考えながら混乱していくだけ…。なげやりのような態度のようにも捉えられるが、今までの作品のガッカリさせられるオチに比べればまだマシなようにも思えるのが唯一の救いかもしれない。鑑賞後確信したことがるのだが、この監督に期待してはいけないということ。そして、予告編の面白さに騙されてはいけないということ。M・ナイト・シャマランの作り出す、恐怖と謎は一生理解できないような気がします…。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »
スポンサーサイト

ドラゴン・キングダム

2008 - 07/28 [Mon] - 19:07

「ドラゴン・キングダム」★★★
原題:The Forbidden Kingdom
監督: ロブ・ミンコフ
製作:アメリカ、2008年
出演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラーノ、リー・ビンビン、リュウ・イーフェイ、他
The Forbidden Kingdom
質屋の店主から手に入れた奇妙な杖の力で現代から古代の中国へ飛ばされたカンフーマニアのジェイソン。旅の途中で出会ったカンフーの達人、ルー・ヤンやサイレント・モンクからカンフーを習い、ジェイソンは杖を狙う悪党と戦うことに。【MovieWalker】

ジャッキー・チェンとジェット・リーのアクションスター同士の夢の共演がようやく叶った今作「ドラゴン・キングダム」は、西遊記などの中国文化のエッセンスを盛り込んだ内容に仕上がっている。この二大巨頭の共演ということで、今までにない壮絶なアクションシーンを期待していたのだが、内容はアメリカ人が好みそうなアクションやファンタジーを盛り込んだ単純な物語。カンフーオタクで孫悟空に憧れるアメリカ人の一人の少年が、ギャングに襲われ気がつくと古代中国にワープしているというなんともありえないファンタジー設定。そこで出会った武術の達人であるカンフーマスターとサイレント・モンクに導かれ、弱虫の殻を破り如意棒と共に復活する孫悟空を恐れる凶悪な将軍に挑んでいく。カンフーや少林寺などのテイストを一切無視して物語が進んでいくために、ジャッキー・チェンとジェット・リーのアクションを期待していたボクは、少々肩透かしをくらった結果になりました。主役は確かに冴えない少年ではあるが、脇役の見せ場はきちんと用意されている。わずか数分間ではあるのだが、ジャッキー・チェンvsジェット・リーの夢の対決が見られる。全体的にストーリーは本当につまらないものだが、この二人の華麗で美しい戦いが観られただけで個人的には大満足です。ジャッキーは数十年ぶりに酔拳を披露し、ジェットは多彩な棒術捌きを見せてくれる。武術の達人同士が攻防する姿は、華麗で美しく舞っているように見える。出来ることならば、二人のピークに対決シーンを堪能したかったものです…。内容は単調だが、一人二役や夢の対決が見れただけで幸せな気分になれた作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

人のセックスを笑うな

2008 - 07/27 [Sun] - 15:47

「人のセックスを笑うな」DVD鑑賞★★☆
監督:井口奈己
製作:日本、2007年
出演:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾、あがた森魚、温水洋一、桂春團治、市川実和子、藤田陽子、他
hitoseku
地元の美術学校に通う青年みるめは、20歳年上の女性講師ユリからモデルを頼まれ、彼女に導かれるまま関係を持ってしまう。ユリの姿が見えない日、みるめは彼女の自宅を訪ねるが、彼を招き入れた男性はユリの夫だった。【MovieWalker】

タイトルは強烈なインパクトがあるのだが、作品の中身はダルダルに緩み過ぎの退屈なものでしかなかった…。文藝賞を受賞した作家・山崎ナオコーラの同名小説の映画化。発売当時も話題になっていたのだが、未だに原作は未読のままです。20歳年上の女性講師からモデルを頼まれたことがキッカケで、19歳のみるめは誘われるまま関係を持ってしまう。10代の男からからすれば、年上の女性というだけで惹かれてしまいます。ましてやその女性が美人で人妻ときたら、頭ではいけない事だと分かっていても、もうその人しか見えなくなってしまいます。若気の至りで無茶をしてしまうのは仕方のないことだが、大火傷をする前にその関係を断つ勇気というものも時としては必要なこと。しかし若い頃の恋愛というものは、他が何も見えなくなるくらいの怖ろしい力がある。時間が経ち大人になってから冷静に考えれば分かることも多いが、経験上不可能に近いことのように今となっては思える。出演者も永作博美、松山ケンイチ、蒼井優と豪華な顔ぶれ。この3人の微妙な三角関係というものも見所の一つではあるが、今回は永作博美の年のわりに童顔で大人の色気を漂わせるユリという役柄に惹かれてしまった。年を取るにつれて永作博美という女性は、本当にイイ女になっているように感じられる。ユリという役柄も、自由奔放で年を感じさせずにどこか憎めない女性。そんな女性に恋焦がれるみるめ役に松山ケンイチ。大人の女性の魅力にどんどんのめり込んでいき、空回りしどうしたらいいのか分からなくなる心情を自然体の演技で見せてくれる。そんな彼に密かに想いを抱く同級生・えんちゃんを蒼井優が演じているのだが、叶わぬ片想いを彼女の切ない表情から表現している。この三人の演技はそれなりに見応えはあるのだが、この作品のワンシーンが無駄に長い。それなりに意図があっての演出なのだろうが、無駄に長すぎて退屈なので睡魔に何度も襲われてしまいました。キャスティングがいくら良くても、これでは全て台無しにしているようにしか思えないのが残念でならない。純情でいて生々しい心情を表現しているのは評価するが、見せ方があまりにもお粗末。不器用でも人を愛してしまう光景は、なんだか言葉にできないもどかしさが残るのだが不思議と清々しい気持ちにしてくれる。しかし隣りでセックスさせたら、笑いを堪えるのがとても大変です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

ブログ通信簿

2008 - 07/24 [Thu] - 15:26

tushinbo
gooラボで自分のブログを評価できる「ブログ通信簿」というものがあったので、早速自分のブログを分析してみたのですが、結果は「一般生徒」タイプ。しかも年齢、性別は大ハズレ・・・。暇つぶし程度に興味がある方は分析してみてはいかがでしょうか?

ブログ通信簿

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

プリズン・ブレイク シーズン3 Disc-1?5

2008 - 07/23 [Wed] - 00:15

「プリズン・ブレイク シーズン3」DVD鑑賞★★★★
Disc-1 第1話「ようこそジャングルへ」、第2話「第三の男」
Disc-2 第3話「望みなき者」、第4話「フェンス」
Disc-3 第5話「作戦開始」、第6話「3時13分」
Disc-4 第7話「オオカミ少年」、第8話「強行突破」
Disc-5 第9話「籠のトリ」、第10話「裏切り者に死を」
出演:ウェントワース・ミラー、ドミニク・パーセル、ウィリアム・フィクナー、ウェイド・ウィリアムズ、ロバート・ネッパー、他

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)
(2008/08/13)
ウェントワース・ミラードミニク・パーセル

商品詳細を見る

いよいよプリズン・ブレイクもシーズン3に突入しました。1では脱獄、2では逃亡、そして3ではまたしても脱獄という原点に戻る形となってしまいましたが、果たして今回はマイケルたちの運命はどうなってしまうのか?舞台はアメリカからパナマへと移り、刑務所でありながら刑務所よりも最悪で過酷なSONAから無事に生還できるのかが見所です。相変わらずジェットコースター式の展開に、毎回ハラハラさせられますが、とても見応えのある内容になっています。残念なことに、脚本家によるストライキ騒動の影響でちょっとボリューム不足な感じは否めません…。シーズン4も決定したようですし、益々寝不足の日々が続きそうです。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

崖の上のポニョ

2008 - 07/20 [Sun] - 18:43

「崖の上のポニョ」★★★
監督:宮崎駿
製作:日本、2008年
出演:奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所ジョージ、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子、他
ponyo
海辺の穏やかで小さな町の、崖の上に建つ一軒家で暮らす5歳の男の子・宗介。ある日彼は、海に棲むさかなの子ポニョと出会う。交流を深めていく彼らだが、やがてポニョは、宗介と一緒に生きたいと願うようになる。【MovieWalker】

ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子…。ついつい口ずさんでしまう主題歌ですが、前後左右を見渡してみると、ボクの周りはポニョのような可愛い女の子たちで埋めつくされていました。前作の「ハウルの動く城」以来4年振りとなる宮崎監督の新作は、アンデルセン原作の童話「人魚姫」をモチーフに製作された、母なる大地である海を壮大にイメージされたファンタジー。人間になりたいと願う金魚のようなさかなの子であるポニョと、海辺の崖の上に暮らす5歳の少年・宗介との心温まる友情と、ちょっとした冒険とを描いている。まずこの作品を観賞するには、自分の精神年齢を5歳児まで戻すことが必須条件となる。そうしなければ、大人の曇った色眼鏡でしか鑑賞できない。ある意味そこまでしなければ、ジブリというブランド力も薄れてきているように感じられる。今の世の中を肯定するには、幼い頃に戻らない限りは何も出来ないのか!?というメッセージすら伝わってくるのが辛い。何も疑いもせずに、ただ好きな人の側に居たいという純粋な気持ちが、ポニョのあどけない笑顔から感じられる。慈愛に満ちた世界観を優先しているように思え、ややストーリーに乏しい部分がるが、ポニョというポジティブ思考の存在に頬が緩んでしまう。今までの宮崎作品の代名詞ともいえる、背景や風景の素晴らしい表現力ではなく、全て手描きという作風が生命の生き生きとした今までとは違った新たな表現力を描き出している。「トトロ」のような完全なる子供向けとも違い、大人向けとまではいかない作品だが、夏休みの親子での観賞には十分楽しめる作品でしょう。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

エンジェル

2008 - 07/13 [Sun] - 21:53

「エンジェル」DVD鑑賞★★☆
原題:ANGEL
監督:フランソワ・オゾン
製作:ベルギー、イギリス、フランス、2007年
出演:ロモーラ・ガライ、サム・ニール、シャーロット・ランプリング、ルーシー・ラッセル、マイケル・ファスベンダー、他
ANGEL
20世紀初めの英国。16歳の女子学生エンジェルは、想像だけで書いた恋愛小説を出版社に売り込み、瞬く間に人気作家となる。やがて彼女は無名の画家エスメと恋に落ちて結婚。しかし彼が志願兵として戦場に赴いていく。【MovieWalker】

20世紀初頭のイギリスで、若くしてその才能を開花させた女性作家であるエンジェルの、波乱万丈の人生を皮肉交じりに描いた作品。監督であるフランソワ・オゾンは、今まで女性を主人公にした作品を数多く手掛けてきたが、今回の主人公であるエンジェルに対しては、個人的にどうも好きになれそうもないタイプの女性でした。彼女は食料品店の娘という自分自身をとても忌み嫌い、上流階級の生活を夢見る乙女。作家になることを目指している彼女にとって、夢のためならば平気で嘘もつき、かなり傲慢で自信過剰な女に化けてしまう少々イタイ正確の持ち主。ボクならば絶対に関わりたくはない女性ではあるが、人並みはずれた空想力で執筆した作品が認められて、若くして一躍人気作家の仲間入りをする。実際に若くして成功を収めた人は数多くはいるものの、早くして周りからチヤホヤされて甘やかされて育つと、その後の人生ろくなことにならない。富や名声を早くに手に入れても、人間的に成長できないようでは、先はある程度予測はつくもの。夢が実現し順調なうちはいいのだが、そういった人は思いがけないトラブルに見舞われたとき呆気なく感じるほどに弱いものです。そういった弱さを隠す意味で、違った自分自身を作り出し強い部分を見せようとする意図は感じられるが、そこが一段と感情移入しにくい部分であったようにも思える。空想だけで書いた小説に説得力がないように、彼女の人生に対しても、何も心に響いてくるものがなかったような気がする。この手の女性には魅力を感じることが出来ず、鑑賞中苛立ってしまった作品。女性がこの作品を鑑賞したら、同性としてエンジェルのことをどう感じるのか興味がある。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

Superfly

2008 - 07/12 [Sat] - 18:51

「Superfly/Superfly」★★★★☆

SuperflySuperfly
(2008/05/14)
SuperflySuperfly×JET

商品詳細を見る
上半期、久々に心を丸ごと奪われたアルバムに出会ってしまった。Superflyの存在を知ったのはいつもの如くFMからだった。「ハロー・ハロー」を当時はじめて聴いた瞬間から、気になる存在になってしまっていた。その後リリースされた「愛をこめて花束を」を聴き、改めて彼女の素晴らしさが身に沁みてきた。Vo.志帆の圧倒的な歌唱力に惚れこんだわけですが、あの小柄な体型からこれだけののびのある声が出せるものだと不思議に感じる。ふと思ったのだが、ボクは小柄で声量のある女性にはどうやら弱いようです。最近なかなか良い音楽との出会いが少なくなってきたが、大好きな一枚に巡り会うと益々音楽の魅力にハマっていってしまうものです。今後のSuperflyに注目してきたいと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ヒトラーの贋札

2008 - 07/11 [Fri] - 23:18

「ヒトラーの贋札」DVD鑑賞★★★☆
原題:DIE FALSCHER
監督:ステファン・ルツォヴィツキー
製作:ドイツ、オーストリア、2006年
出演:カール・マルコビクス、アウグスト・ディール、デービト・シュトリーゾフ、他
THE COUNTERFEITER
ナチスの強制収容所へと送られたユダヤ人贋作師サリーは、その才能を見込まれてナチスの秘密作戦に加担させられる。それは、ポンドの偽札を偽造して英国に経済混乱を発生させるというものだった。【MovieWalker】

ナチスの犯罪モノの作品は、ヘタなフィクションよりも面白味があり味わいのある作品が多い。本年度外国語映画賞を受賞した作品である「ヒトラーの贋札」は、第二次世界大戦中、史上最大の贋札事件と言われるベルンハルト作戦を題材にした史実に基づくものです。戦争の最中は何でもアリですし、日本も実際に紙幣贋札作りを行ったことですし、何処の国も考えることは同じだったのかもしれません…。実際に強制収容所で紙幣贋造に携った印刷技師、アドルフ・ブルガーの著書が原作となっている。この事件については、一般にはあまり知られていないらしい。ドイツが降伏した際に湖に贋造紙幣を沈めたらしく、なかなか全容が明らかになるまでには時間がかかったようです。ドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所に集められたユダヤ人技術者たちは強制させられたとはいえ、きっとこの贋造に携った為に様々な苦悩があったに違いない。そういった内面をリアルに描写されているシーンなども数多くあったが、実際にその場に居た者にしかその苦悩は分からないことだろう。こういった作品を観賞するたびに、つくづく平和な国に生まれてきて良かったと思う。自分の意思すら持つことを許されず、選択の余地もなく作業し続ける毎日。拒めば銃殺かガス室送りになり死が待つだけ。偽造が成功しても仲間への裏切り行為になり、心中穏やかではなかったことだろう。負い目と生きたいとう矛盾の中、究極の選択を日々迫られていた苦悩が画面から溢れてくる。自分ならばどう行動するだろうか?と、鑑賞中考えさせられた作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

クライマーズ・ハイ

2008 - 07/08 [Tue] - 00:48

「クライマーズ・ハイ」★★★☆
監督:原田眞人
製作:日本、2008年
出演:堤真一、堺雅人、小澤征悦、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、尾野真千子、滝藤賢一、でんでん、矢島健一、皆川猿時、野波麻帆、西田尚美、遠藤憲一、中村育二、蛍雪次朗、高嶋政宏、山崎努、他
climbershigh
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山でジャンボ旅客機墜落事故が発生。地元新聞社のデスクとして取材を指揮する悠木だが、そんな彼に販売部員で親友の安西が、クモ膜下出血で意識不明に陥ったとの知らせが飛び込む。【MovieWalker】

1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が墜落したというニュースは、小学生ながらにとても驚いた記憶が未だに残っている。当時まだ子供だったボクにとって、飛行機とは一瞬で大勢の人が死んでしまうとても怖い乗り物なんだと認識させられた。それほどまでにこの悲惨な事故は、幼い心にも深く刻まれたものだった。原作者である横山秀夫が、群馬の地方紙の社会部記者として実際に取材した自身の経験を基に描かれた小説「クライマーズ・ハイ」の映画化。過去にも佐藤浩市主演でドラマ化されたのだが、そちらの方は未見。普段我々一般人が知ることが出来ないであろう、架空の新聞社の壮絶な一週間を激しいカット割りで描写している。実力ある役者陣が個々に白熱したブンヤ魂を演じてはいるのだが、どうも無駄にカットが多すぎて、上手く人間描写ができていないような気がしてならない。出演者も多いのもネックだが、余計な演出や過去と現在の切り替わりにもあまり意味を感じられず、無駄に時間を使っているようにも思える。部署での古い上下関係での確執や自己顕示欲などは少々嫌悪感を感じてしまうのだが、なぜかそこから熱いブンヤ魂というものも強く感じずにはいられない。物語のスケールが大きく、役者の演技も光るものがあるだけに、それを上手くまとめられなかったのが残念でならない。それぞれの感情が幾度となく激しく交錯する人間ドラマを描こうとした社会派作品ですが、スクープ合戦や遺族とのやり取りなどを観ていると、どうも命の尊さというものに対しての描き方が納得いかずに怪訝に思えてならない。それなりに緊迫感は味わえる作品に仕上がってはいるが、山崎努の作りすぎるキャラが終始気になり邪魔で仕方がなかった…。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。