映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2008年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

onceダブリンの街角で

2008 - 06/29 [Sun] - 20:32

「onceダブリンの街角で」DVD鑑賞★★★☆
原題:ONCE
監督:ジョン・カーニー
製作:アイルランド、2006年
出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロバ、ヒュー・ウォルシュ、ゲリー・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、ゲオフ・ミノゲ、他
once
ダブリンのストリート・ミュージシャンの男が、外国人移民の若い女と出会う。2人は音楽のセッションを通して親しくなっていくが、男は別れた恋人のことを忘れられず、女も複雑な事情を抱えていた。【MovieWalker】

この世に音楽がなければ、きっと運命的な出会いをしても盛り上がりにかけてしまうことだろう…。わずか数館の公開から、あっという間に口コミで広まっていった「onceダブリンの街角で」は、今までのとっつきにく音楽映画とは一味違ったものがある。一言でこの映画を説明すれば、ただ黙って鑑賞してみれば分かるで済む話なのだが、それでは面白みにかけてしまう。従来の音楽的作品には、どうしても踏み込み難い高い壁が個人的には存在していた。例えば、ミュージシャンの自伝的な作品やミュージカル作品などでは、ある程度の知識がなければ全く理解できずに終わってしまうことが多く、コアなファン以外でも単純に音楽を楽しみながら鑑賞できるこの作品のような展開は、非常に分かり易くて楽しめる。ダブリンの街角で偶然に出会ったストリート・ミュージシャンと、音楽の才能を持つ移民女性が、音楽を通じて心が次第と惹かれあっていく。主演の二人はどちらもプロのミュージシャン。アイルランドのバンド、ザ・フレイムスのグレン・ハンサードが主人公の男を演じ、移民女性をマルケタ・イルグロヴァが演じている。グレン・ハンサードの歌声はとても艶があり声量も抜群。そこに美しいメロディーにマルケタ・イルグロヴァの美しい声が加わり、切ない歌詞の世界観を増幅させ心に染み渡ってくる。音楽が要所要所で絶妙のタイミングで流れてくるので、とても気持ちよく鑑賞できた。内容は単純で味気ないものがあったが、音楽によって作品自体のスケールを拡大させていったように感じられる。この作品を観賞後ボクの生活の一部には、つくづく音楽がなければダメだと痛感させられました。万人向きではないが、音楽映画としてはとても鑑賞しやすい作品です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

「Falling Slowly」

続きを読む »
スポンサーサイト

奇跡のシンフォニー

2008 - 06/26 [Thu] - 18:26

「奇跡のシンフォニー」★★★☆
原題:August Rush
監督:カーステン・シェリダン
製作:アメリカ、2007年
出演:フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムス、他
August Rush
生まれた時から両親と離れ離れで、施設で孤独に生きてきた11歳のエヴァン。ある日、施設を抜け出し、マンハッタンへやって来た彼は、ストリート・ミュージシャンたちと出会い、自身も楽器を演奏していくようになる。【MovieWalker】

予告を観るたびに泣いてしまっていたが、本編では不覚にも号泣してしまいました。ピュアな少年役をフレディ・ハイモア君に演じさせる時点で、もうこの作品は反則です。孤児の少年が、音楽に出会い、音楽を通じてまだ見ぬ両親を探すという、ファンタジー要素満載の作品。邦題に奇跡という言葉が使われているが、正しく奇跡以外の何物でもない内容ばかりが散りばめられている。孤児院で育った11歳のエヴァンは、不思議な音に誘われるかの如く、孤児院を抜け出してニューヨークへと辿り着く。生まれながらに音楽の才能が備わっており、様々なストリートミュージシャンたちに巡り会い、後に現代のモーツァルトと絶賛されるまでになる。凡人が神童を演じるのではなく、天才子役が天才を演じているのだから違和感なく鑑賞できる。音楽は音を楽しむと書きますが、本当に彼の屈託のない笑顔からは、音楽を思う存分楽しんでいるように感じられ、観ていてとても心地の良い空間を味わえる。そこにセンスのいい様々な音楽が流れ、ありえない奇跡的なストーリーにも関わらず、感情移入させられていき、自然と涙が溢れ出してきてしまう。まだ見ぬ両親に、会いたい想いを音にのせ願い続けるエヴァン。死産だと聞かされていた息子が生きていたことを知り、チェロに想いを込めて演奏する母親。出会った瞬間に惹かれ、離れ離れになってしまった女性に、一度は捨てたロックで再び会いたい願いを込めて歌う父親。3者が音に導かれていく光景は、胸と目頭を熱くしていく。不思議と音楽に酔いどれていってしまうのだが、その酔いから醒めた瞬間、内容に対して物足りなさが残ってしまう作品。ただ、音楽に関しては最高級の酔い心地を提供してくれた。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

2008 - 06/23 [Mon] - 19:33

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」★★★
原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
監督:スティーブン・スピルバーグ
製作:アメリカ、2008年
出演: ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、レイ・ウィンストン、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、他
CRYSTAL SKULL
世界各国をまたにかけた冒険を繰り返し、多くの財宝やそこに隠された秘密を解き明かしてきた、考古学者で冒険家のインディ・ジョーンズ。そんな彼が、若き相棒と共にメキシコの古代マヤ文明の遺跡を巡る謎に挑む。【MovieWalker】

19年ぶりとなるシリーズ第4弾ですが、さすがにブランクは隠せないご様子です…。はじめてインディ・ジョーンズを見たのは小学生の頃だったと思う。テレビの放送をドキドキしながら見ていた記憶があるのだが、今回の作品に関しては、ハリソン・フォードのアクションを違った意味でドキドキしながら鑑賞してしまいました。どうも最近のハリウッドは脚本不足なのか、今ではご老体の過去のヒーローの皆様をとり上げてばかりいる。もう60歳を過ぎたおじいちゃんに、冒頭からガッカリさせられる。幼い頃にみた昔のインディは、もうそこにはいなかった…。設定も「最後の聖戦」から18年後ということになっているが、やはり正直な感想は老けてしまったというしかない。時代も米ソ冷戦下の1957年へと舞台が変化し、クリスタル・スカルを巡りソ連の精鋭部隊との激しい争奪戦を繰り広げていく。新旧の顔が入り混じり、前3作品のファンにとっては懐かしい顔もチラホラと見受けられる。その中でもマリオンが特に気になったのだが、やはりインディ同様、老けてしまったという印象がとても強い。新しい顔ぶれでは、シャイア・ラブーフ演じる反抗的な青年のマットと、ケイト・ブランシェット演じる世界制服を目論むソ連の工作員のイリーナが印象的。見所としては、ロズウェル事件などの過去の作品に関連してくるシーンや、ちょっとしたパロディー?なども盛り込まれている。見間違いでなければある場面で、R2-D2とC-3POとE.T.が…!?あまりボクのように、過去の作品に対する思い入れがなければ真新しい部分も感じられないのだろうが、ファンにとっては様々なシーンで共感できる作品だと思います。不思議とあのテーマソングを聴くと、自然と心がワクワクしてしまう自分がいる反面、今回の作品はあまり楽しめなかったのが残念でした。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

JUNO/ジュノ

2008 - 06/19 [Thu] - 12:14

「JUNO/ジュノ」★★★
原題:JUNO
監督:ジェイソン・ライトマン
製作:アメリカ、2007年
出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、アリソン・ジャネイ、J・K・シモンズ、オリビア・サルビー、他
juno
16歳の女子高生ジュノが、同級生と興味本位で交わしたセックスで妊娠してしまう。中絶をあきらめた彼女は、赤ん坊の里親となる若い夫婦を見つけ出し、家族の協力を得て、知らないことだらけの出産に挑戦していく。【MovieWalker】

興味本位でセックスしたら妊娠してしまうという、なんともお粗末なお話…。アカデミー賞で作品・監督・主演女優・脚本の4部門にノミネート、脚本賞を受賞し一躍話題となった作品。脚本家のディアブロ・コーディは、ストリッパーから転進し、オスカー受賞で人気脚本家となった。これだけ話題になれば気にもなるのだが、いざ作品を観賞してみると、日本人には受け入れがたい内容のものでした。「ハードキャンディ」で14歳の現代の赤頭巾ちゃんを演じたエレン・ペイジが、今度は16歳の妊婦役を熱演している。簡単に内容を説明してしまえば、興味本位でセックスし、妊娠してしまい中絶を諦めて里親を探し、未知の世界である出産に挑み、少しずつ大人へと成長していく姿を描いている。避妊を知らない餓鬼がガキを産むという状況を、ボクはどうしても受け入れられない。そもそも、こういった10代の妊娠に対して受け入れられない理由として、ボクの住む街の現状がおおいに関係してくる。10代でのできちゃった結婚が多く、その逆で中絶も非常に多い。日本ではあまり里親を探すことはしないのだろうが、できちゃった婚し出産、数年後には離婚し、20代前半での母子家庭というのが目立っている。それだけならばまだマシだが、幼児虐待や、最近では幼い我が子を海に放り投げて殺してしまう悲惨な出来事などもあった…。そういう現実を日常から目の当たりにしていると、とてもじゃないがこの作品を楽しんで鑑賞することは到底できない。おそらくこの作品を楽しんで観賞するならば、全く逆の考えを持つ人でなければ楽しめない。当初は産む気すらなかったジュノが、里親を探すというアメリカの現状は、日本とは大きく異なっている。ジュノの父親、義母、友人などの登場人物たちとの台詞もなかなか興味深いものがある。ややブラックジョークや皮肉交じりのものが多く感じられるが、捉え方によっては理解できる部分も多い。何よりも、家族や友人、彼氏との心温まる触れ合いが微笑ましく感じられる。何事に対しても前向きで明るいジュノだが、繊細でとても傷つきやすい一面も持ち合わせている。そういう当たり前の少女の内面も映し出しているのには関心させられる。しかしながら、妊娠したにも関わらず、あっさりと産むことに賛成する両親の考えや、妊娠中子供をただのモノとしか捉えていない幼い発想や考えにだけはどうしても理解に苦しむ。ポップでキュートな演出や音楽は評価できるが、所詮は世間知らずの幼いガキの安易な考えという印象が強かった作品。鑑賞中、イライラする気持ちを抑えるのに疲れてしまいました…。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

題名のない子守唄

2008 - 06/18 [Wed] - 18:19

「題名のない子守唄」DVD鑑賞★★★☆
原題:LA SCONOSCIUTA
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
製作:イタリア、2006年
出演:クセニア・ラパポルト、アンヘラ・モリーナ、マルゲリータ・ブイ、クラウディア・ジェリーニ、他
LA SCONOSCIUTA
イタリアのとある都市に現れた忌まわしい過去を持つ女、イレーナ。彼女は裕福なアダケル家にメイドとして雇われ、同家の4歳の娘テアと仲良くなる。しかし、そんなイレーナをしつこくつけ狙う、謎の男の影があった。【MovieWalker】

「ニュー・シネマ・パラダイス」、「マレーナ」などでお馴染みのジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多12部門にノミネートされたようなのだが、どこか火曜サスペンスやドロドロした昼ドラのような雰囲気をあわせ持つ作風。しかし、これが観始めると妙に惹かれていってしまい面白い。今回の作品はシチリアを離れて、詩人サバに「棘のある美しさ」と詠われた、北イタリアの港町トリエステ。この美しい街を舞台に、忌わしき過去を抱える美しい女・イレーナの、謎に満ちた人生を描いていく。冒頭から下着姿で仮面の女たちが登場するのだが、物語の経過とともにそこから数々の激しい性描写がフラッシュバックとして描かれている。SMなどのプレイも散りばめられている為に、女性を性のおもちゃとして描かれている部分が強調され、観る方によっては不快感を強く感じてしまうことだろう。不謹慎な発言かもしれないが、こういった過去を背負って生きている女性というものは、妙に惹かれる部分がある。主人公であるイレーナに対しても何処か緊迫感を持ちつつも、目的に対して手段を選ばずに行動していく姿に惹かれてしまう。情熱的で気性の激しい過去と、目的遂行の為に感情を殺している現在を、イレーナ役のクセニャ・ラポポルトが熱演している。全く別人のような一人の女性をここまで演じ分けできる演技力には脱帽です。序盤から謎だらけの展開ですが、少々杜撰な部分も正直見受けられる。しかし、クセニア・ラパポルトの演技力、エンニオ・モリコーネの奏でる音楽、美しい街などによって、最後までミステリアスな雰囲気を十分に堪能させられる作品。◆映画ランキング◆

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

WAIT FOR YOU

2008 - 06/17 [Tue] - 23:22

「ELLIOTT YAMIN/WAIT FOR YOU」★★★☆

WAIT FOR YOUWAIT FOR YOU
(2008/05/21)
エリオット・ヤミン

商品詳細を見る

彼の存在を知ったのは、確か去年だったと思う。仲良くさせてもらっているあるブロ友さんが、彼のことを紹介していたのがキッカケで当時興味を抱きました。あれから1年以上が経ちましたが、やっと日本デビューアルバムが先月発売されました。何気にラジオを聴いていたら、大好きな曲である「Wait For You」が流れていた。いつの間にやら来日までしており、ちょっとしたブームになっていることを知りビックリしてしまいました。改めて彼の歌声を聴いてみたが、心にストレートに響いてくる。なかなか歌声だけでここまで魅了されるアーティストが最近いなかっただけに、素直に彼の歌声を聴けるだけで幸せな気持ちになる。その一方で、彼の歌声はとても心を切なくもさせる。そんなエリオット・ヤミンがデビューするキッカケとなったのが、アメリカン・アイドルです。そこで惜しくも優勝は逃したものの、TOP3にランクされ、27歳の遅咲きでその手にチャンスを掴んだ。それまでの道のりは平坦なものではなく、糖尿病に苦しまされ、右耳の聴力もほとんどない状態…。そんな人一倍の苦悩を味わい、ハンデを背負いながらも前向きに人生に向き合い、チャレンジする姿が、彼の独特の歌声になり、聴くものの心に響いてくるのだろう。これからの彼の活躍に期待していきたいと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

「Wait For You」アメリカン・アイドル映像

続きを読む »

4分間のピアニスト

2008 - 06/15 [Sun] - 18:58

「4分間のピアニスト」DVD鑑賞★★★
原題:FOUR MINUTES
監督:クリス・クラウス
製作:ドイツ、2006年
出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング、スベン・ピッピッヒ、ヤスミン・タバタバイ、リッキー・ミューラー、他
FOUR MINUTES
老齢のピアノ教師クリューガーは、授業に訪れた刑務所で、問題児のジェニーと出会う。彼女の才能を認めたクリューガーは特別レッスンを施すが、コンテストの決勝を目前にして、ジェニーが暴力事件を起こしてしまう。【MovieWalker】

まさに天才と狂人は紙一重といった印象を受けてしまった…。ピアノという楽器を用いられた作品は数多く製作されているが、ピアノの音色と映画という空間は、不思議と絶妙なハーモーニーをかもし出しているように感じられる。無実の罪で捕らわれた天才ピアニストと、その類まれなる才能に出会った老婆の教師との、全くかけ離れた世代の二人の世界観をピアノという形で表現している。オーディションで役を勝ち取ったハンナー・ヘルツシュプルングが、一癖も二癖もある暴力的な女囚人・ジェニーを熱演している。彼女の演技というか顔を見ていると、どうもむかついてきてしまう。狂気に狂い、暴力的で横暴な性格が画面いっぱいに溢れ出し、野生の獣のような姿は今にも噛み付かれそうな雰囲気をかもし出している。根本的にこういった女性が好きではないので、どうも感情移入できない。これがもしも感情移入できたのならば、評価も変わってきたことだろう。一方、昔気質のお堅い老婆役を演じたモニカ・ブライブトロイですが、入念なメイクで年相応の雰囲気を演出している。自分自身をコントロールできない少女に、コンテストで優勝させる為にピアノを教えいく過程での心の変化というのに、あまり説得力を感じられなかったのが残念。個々に秘められた過去のトラウマに対する描写不足が痛い。全体を通してみても、どうもキレイにまとめ過ぎている様に思えてならない。ラストの4分間の演奏時間は、とてもダイナミックでいて衝撃的なのだが、物語の最後がどうも納得いくものではなかったように感じられる作品。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

その名にちなんで

2008 - 06/13 [Fri] - 19:16

「その名にちなんで」DVD鑑賞★★★☆
原題:The Namesake
監督:ミーラー・ナーイル
製作;インド、アメリカ、2006年
出演:カル・ペン、タブー、イルファン・カーン、ジャシンダ・バレット、他
The Namesake
NYで生活を始めたインド人のガングリー夫妻が1児をもうけ、ゴーゴリと命名した。やがて成長し、建築家の道を歩み始めたゴーゴリは、その名前に託された意味や自らのルーツについて考えていく。【MovieWalker】

最近の子供達の名前は、当て字が多すぎて何と読むのかさっぱり分かりません。ピュリツァー賞受賞作家、ジュンパ・ラヒリの処女小説を映画化した作品。アメリカに移住した、あるインド人家庭の数十年に及ぶ異国の地での苦悩や葛藤を描き出している。人は産まれると名前をつけられる。大半は両親や親戚などの身内が名前をつけるものだと思う。主人公のゴーゴリも、そうして両親から名前を名付けられたのだが、その名前はかつて父であるアシュケが列車事故に巻き込まれた際に、奇跡的に生還に導いたある本の著者から名付けられたものだった。しかし時が経つにつれて、インド人でありながらアメリカで生まれ育ち、二つの異なる文化や風習などに取り巻かれていくゴーゴリ。そんな中、授業で彼の名前と同じ著者のことが題材にされたことをキッカケにして、彼は改名することに・・・。若さゆえの過ちと言ってしまえばそれまでの話だが、それから成長していき、恋愛や結婚、家族との確執や死などを経て、自分自身のアイデンティティーに次第と気付いていく姿は観ていて深く考えさせられるものがある。今まで忌み嫌っていた自分の名前に、親の夢や希望がたくさん詰め込まれていたことに気付く姿は感慨深い。自分はどれ程愛されこの世に産まれてきたのかと再確認させらることだろう。人間の深い愛情や、命についても考えさせられる作品。これまで抱いていた、インドの作品に対する変なイメージが、鑑賞後一変しました。ちなみにボクが幼い頃母親に名前の由来を聞いたら、「分からない」とあっさり言われてしまいました。。。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

幸せになるための27のドレス

2008 - 06/11 [Wed] - 21:09

「幸せになるための27のドレス」★★☆
原題:27 DRESSES
監督:アン・フレッチャー
製作:アメリカ、2008年
出演:キャサリン・ハイグル、ジェームズ・マースデン、エドワード・バーンズ、マリン・アッカーマン、他
27DRESSES
社長秘書でありながら、プライベートでも他人の結婚式をコーディネートする“花嫁付添い人”として忙しい日々を送るジェーン。そんな彼女の奮闘する姿に興味を持った新聞記者ケビンは、取材のためにジェーンに近づく。【MovieWalker】

27着のドレスとまではいかなが、ボクも友人の結婚式に出席するのに、スーツ10着以上は着ているような気がします・・・。「プラダを着た悪魔」を手掛けたスタッフが贈るラブストーリーというキャッチフレーズに期待してしまったのだが、内容は至ってシンプルなストーリー展開でいて、結婚を意識する年齢の女性にはお子様過ぎる内容だった。日本ではあまり馴染みはないのだが、アメリカではブライド・メイドなる花嫁付添い人なる存在があるらしい。主人公のジェーンはブライド・メイドに生き甲斐を感じ、プライベートでは上司に万年片思いの損な女性。毎週のようにブライド・メイドをこなし、時には二つの結婚式を掛け持ちしてしまうほど。自分の幸せは二の次として、他人の幸せに喜びを感じているような女。こういう他人の世話ばかりに生きがいを感じて、自分自身は恋愛に臆病という設定は、もはやロマコメの定番中の定番。そこからある男性と出会い、惹かれていき恋愛に発展、ケンカ別れを経てめでたくゴールイン。。。大半の方が鑑賞していればラストは安易に読めてしまうもの。それでも何か大胆な展開があるのかと少しの期待を胸に抱いてはいたが、特に何もなくそのまま終わってしまう。鑑賞後には不完全燃焼状態になること間違いない作品です。そもそも今回の出演者には花がない。「プラダを着た悪魔」ではアン・ハサウェイに華があり、物語に自然と引き込まれていく感覚があったのだが、今回は全体的に華のある役者という存在がいなかったのが痛い。それでお子様向けのストーリー展開ですから、更に追い討ちをかけられた気分にさせられます。ただ、ラストの新聞紙を使った演出はお洒落な感じで好きでした。出演するキャラクター達に、まったく魅力を感じられない作品という印象がとても強い。結婚式での花嫁の幸せな表情を見るのは好きだが、結婚式に出席するたびに母親から、「いつまで御祝儀ばかり払っているのやら?」と言われるのが、最近一番辛いことです・・・。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

ザ・マジックアワー

2008 - 06/09 [Mon] - 18:03

「ザ・マジックアワー」★★★★
監督:三谷幸喜
製作:日本、2008年
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治、榎木兵衛、堀部圭亮、山本耕史、市川亀治郎、市川崑、中井貴一、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文、天海祐希、唐沢寿明、他
magic_hour
2つのギャングがにらみあう港町。ボスの女に手を出した備後は、その償いとして伝説の殺し屋、デラ富樫を探し出すことになる。だが、約束の期日が迫ってあせる彼は、三流役者の村田を雇ってデラ富樫に仕立て上げる。【MovieWalker】

こういう大人から子供まで楽しめて、劇場で大笑いできるコメディ作品は最高です。三谷幸喜の監督第4作品目になる新作は、売れない俳優が伝説の殺し屋・デラ富樫を演じることによって起こりうる、奇想天外なコメディ映画のようなお話。アドリブ一切なしの練りに練られた脚本は、三谷作品の醍醐味の一つではあるが、きっとボス役のあのお方は得意のアドリブが出来ないことで苦痛だったことだろう…。今回も豪華役者陣が勢揃いし、あの有名俳優さんが本当にチョイ役で出演しています。中でも香取慎吾は前作の役柄のまま?ほんの数秒出演しているので、うっかりしていると見逃してしまいます。寺脇康文のヘンな中国系の役も、個人的にはハマってしまいました。主要キャストと多数のゲスト出演者が妙にバランスよくかみ合い、テンポのいい展開に自然と引き込まれていく。あれだけの面子を上手くキャスティングしたものだと感服しました。特に今回の目玉は、映画の撮影だと備後に騙されて、伝説の殺し屋を演じることになった売れない三流役者・村田を演じる佐藤浩市の演技。演技派の彼が、ワザとオーバーな演技でヘタクソに演じることによって、かみ合わない話が不思議とかみ合っていく光景は笑える。意味の違う言葉が、不思議とかみ合っていく展開は、あるお笑いコンビのネタにもよく類似している。特に、ボスの目の前で何度も繰り返し同じ台詞でナイフをなめるシーンは必見です。ボス役の西田敏行も予想以上に役に馴染んでおり、子分役の寺島進に関しては、中盤から後半にかけて十二分に存在感を示している。ある意味彼がラスト前まで一番輝いた演技を見せていたのだが、最後はちゃっかりと佐藤浩市にオイシイところを全部持っていかれてしまう。それほどまでに今回の佐藤浩市の演技は素晴らしかった。きっと彼にとって代表作となることだろう。ただ気になる部分がいくつかあった。。深津絵里演じる魔性の女・マリと、綾瀬はるか演じる尽くす女・夏子の対極の女性像の描写が弱かった。ストーリーもいつもながらスロースタートなので、序盤から中盤にかけてのテンポが若干悪く感じられる。良い部分が多かっただけに、ダメな部分を見つけてしまうと非常に残念だ。それでも終始笑いながら鑑賞できるのだから、やはり脚本が優れているのだろう。物語の楽しみ方はいくつかあるが、注目してもらいたいのが三谷監督ならではの名画へ対するオマージュだろう。様々な遊び心満載で演出されてはいるが、故・市川崑監督の出演には驚かされた。元ネタが古いものが多く、ボクも分からなかったモノがいくつかあったが、マニアックだが笑えるこの作品は、一見の価値があることでしょう。是非、劇場で大笑いして鑑賞してもらいたい作品です。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。