映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2007年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2番目のキス

2007 - 05/31 [Thu] - 09:45

「2番目のキス」DVD鑑賞★★★
出演:ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン他
監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
原作:ニック・ホーンビィ
製作:アメリカ 2005年

2番目のキス 2番目のキス
ドリュー・バリモア (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

サクセスの階段を駆け上がってきたビジネス・コンサルタントのリンジー。これまで、自分と同じ勝ち組男性としか付き合ったことがなかった彼女が、ひょんなことで知り合った高校教師のベンと恋に落ちる。いつしかリンジーは彼との結婚を意識するようになるのだが・・・。

松坂の入団により、連日プロ野球ニュースでもその名を轟かせているボストン・レッドソックス。今ではメジャーに挑戦するのも普通になってきたが、野茂が挑戦した頃は非難されてばかりだったような気がする?野球・サッカー・バスケ・・・、それぞれのスポーツは魅力的だし、生で観戦してみるとその迫力も倍増する。そんなスポーツに取り付かれた熱狂的なファンというものは、少なからず存在するもの。特に男という生き物は、そんな熱狂的なファンになりがちなもの・・・。何かに打ち込むことは悪いことではないのだが、何事も行き過ぎた行為というものはあまり褒められることではない。一つのことにそれだけのエネルギーを費やせるのならば、その情熱を女性に対しても向けれるのではないのだろうか?ストーカーまでいってしまうのは問題ですが、趣味と恋愛を上手に両立していきたいものです。
 
2番目のキス公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

スポンサーサイト

It Won’t Be Soon Before Long

2007 - 05/29 [Tue] - 22:55

「MAROON 5/It Won’t Be Soon Before Long」★★★★

イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング
マルーン5 (2007/05/16)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

デビュー・アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』が世界中で大ヒットし、一躍人気ロック・グループとなったマルーン5が、5年ぶりとなるセカンド・アルバム「イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング」を発売しました。前作が大のお気に入りのボクとしては、本当に待ちに待ったアルバムの発売でした。日本でもCMソングとして彼らの楽曲が使われており、一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディーが印象深い。先行シングルとしてリリースした「メイクス・ミー・ワンダー」の売れ行きも好調な今回のアルバムは、昔懐かしいディスコサウンドを軸とした仕上がりとなっている。そんな曲調の中にも、R&B・ソウル・ヒップホップ・ダンスミュージックなどの様々な要素も組み込まれている。そんな良作なアルバム収録曲の中でも、「ナッシング・ラスツ・フォーエヴァー」という曲が一番のお気に入りです。何処かもの寂しい歌詞に、美しく流れるようなメロディーが心を揺さぶる。切なさの中にも、どこか温かいぬくもりというものを彼らの楽曲からは感じられる。前作とは一味違った今回のアルバムを、皆さんも一度お試しあれ!

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

プリズン・ブレイク シーズン2 Disc-2?4

2007 - 05/28 [Mon] - 23:52

「プリズン・ブレイク シーズン2」DVD鑑賞★★★★
Disc-2 第3話「スキャン」」、第4話「罠の代償」
Disc-3 第5話「ダブルK農場」、第6話「再会」
Disc-4 第7話「埋蔵金」、第8話「デッド・フォール」
出演:ウェントワース・ミラー、ドミニク・パーセル他

プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1
(2007/06/02)
ウェントワース・ミラードミニク・パーセル

商品詳細を見る

プリズン・ブレイク シーズン2、Disc-2?4を一気に鑑賞しました。このドラマは、一度見始めるともうとまらなくなってしまいます。今回も様々な仕掛けが施されていて、ボクの予想などを遥かに上回るスピードで駆け抜けていってしまいます。益々目がはなせなくなっていく展開・・・。早く続きが見たくて仕方がありません。地上波でも早くも放送が開始されていることですし、こちらも見逃せません!

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

2007 - 05/25 [Fri] - 01:29

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」★★★★
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム他
監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作:アメリカ 2007年
Pirates of the Caribbean

深海の悪霊、デイヴィ・ジョーンズと東インド会社のベケット卿が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は9人の海賊たちを招集することだったが、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウだった・・・。

2003年、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」で空前の海賊ブームを巻き起こし、2006年、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」とそのブームは更に続き、そして今回シリーズ3作目がいよいよ公開になりました。今作で完結となるシリーズなだけに、過去にあった様々な謎が次々に解明されていき、ようやく頭の中のハズルが全てキレイに出来上がった感じがします。エンターテイメント性の強い作品なだけに、何も考えずに作品自体も楽しむことは出来ますが、過去の2作品をもう一度見直し、いつくかの謎を整理して鑑賞したほうが、より一層楽しめる作品ではないかと思います。見所はいくつもあるので、なかなか一つには絞りにくいのですが、それは実際に劇場で皆さんの目で確かめてください。今回もエンドロール後に映像が残っていますので、決して慌てて席を立たないように気をつけてください。この作品は是非、劇場の大画面で見て欲しいと思います。オススメです!

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

リーピング

2007 - 05/24 [Thu] - 00:06

「リーピング」★★★
出演:ヒラリー・スワンク、デビッド・モリッシー他
監督:スティーブン・ホプキンス
製作:アメリカ 2006年
The Reaping

幼い娘と夫を亡くしたキャサリンは、大学教授として超常現象の解明に努めていた。田舎町の教師から依頼を受けて現地へと向かった彼女は、神の怒りを買ったとして町の人々に憎まれる、ローレンという少女と出会うのだが・・・。

旧約聖書にある十の災いに似た怪奇現象を。ミステリアスに描いている作品。久々にホラー作品を観賞したのだが、やっぱりいくつになっても、ホラーはあまり好きではないのかもしれない。それでもついつい観てしまうのは、単なる怖いもの見たさ?なのかもしれません。十の災いを丹念につくりはしているものの、カエル・ブヨ・アブ、トドメにイナゴの大群を見せられては、夕飯に食べた物が胃の中で大暴れしそうになってしまいます。虫はたいして苦手ではないですが、あまりグロテスクなモノは見たくはないものです。毎回感じることなのだが、やはり洋物の効果音の恐怖よりも、日本の沈黙の方がはるかに恐怖を感じてしまう。「チャーリーとチョコレート工場」などにも子役で出演している、アンナソフィア・ロブになんだかとても魅力を感じてしまいました。

リーピング公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

アヒルと鴨のコインロッカー

2007 - 05/19 [Sat] - 00:14

「アヒルと鴨のコインロッカー」★★★
出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ他
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
製作:日本 2006年
AHIRU TO KAMO NO COIN LOCKER

大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名は、奇妙な隣人の河崎に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかけるのだが・・・。

伊坂幸太郎の同名小説の映画化。オープニングからボブ・ディランの不朽の名曲である「風に吹かれて」にのせて、ミステリアスに描いている。原作は読んでいないのだが、どうも嫌な胸騒ぎがする・・・。作品を観賞している間、その胸騒ぎのようなものは取れることはなかった。決定的に何かが足りないような気がしてならない。キャストも若手で固めているのだが、どうもボクの中でシックリとこないのです。ストーリーにある仕掛けがあるのですが、それが奇妙でもありユーモアでもある。しかし、何処か不自然な部分もあるのも確か。その部分がボクの心に残った物足りなさだったのかもしれない・・・。それとは別に、風景や街並みには、懐かしさや親しみがある。昔実際に通った景色が、鮮明に蘇ってくる。映像を観て、ふとそんな事を思い出してしまいました。「陽気なギャングが地球を回す」でも感じたことだが、伊坂作品を映像化するのは、ちょっと難しいのではないだろうか?ボブ・ディランの歌声が、作品からとても切なく聴こえてくる・・・。

アヒルと鴨のコインロッカー公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

眉山

2007 - 05/17 [Thu] - 00:08

「眉山」★★★
出演:松嶋菜々子、大沢たかお、宮本信子他
監督:犬童一心
原作:さだまさし
製作:日本 2007年
bizan

東京の旅行代理店で働く咲子は、母が末期ガンであと数か月の命と知り、故郷の徳島に帰郷する。だが、父のことを話さない母とのわだかまりは募るばかりでいた・・・。

さだまさし原作作品は「解夏」に続き今回で二作目だが、どうも完全には感情移入しにくい作品のように感じられる。母の切ない想いを、成長した娘が知る。男であるボクとしては、そんな女同士でしか解りあえない部分や気持ちというものに、憧れのようなものすら感じる。男同士(父と息子)では、おそらくそんな感情にはならないことだろう。母であるからこそ娘に伝えられない想い。娘だからこそ本当の母の気持ちを知りたいと願う気持ち。一度はすれ違いながらも、真実の母の愛を知ることにより、自分の気持ちに置き換えられる。そんな親子の関係が時に歯がゆく、時に痛々しくすら思える。娘に想いをなかなか伝えられない母親を、宮本信子さんが素晴らしい演技で見せてくれる。10年ぶりの映画出演とは感じられない、本当に凄い演技力です。ラストの豪華絢爛な阿波踊りも見物です。もう少しストーリーや演出での、違った見せ方というのもあったように感じられた作品。

眉山公式サイト
 
★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

The Best Damn Thing

2007 - 05/14 [Mon] - 22:41

「Avril Lavigne/The Best Damn Thing」★★★

ベスト・ダム・シングベスト・ダム・シング
(2007/04/18)
アヴリル・ラヴィーン

商品詳細を見る

アヴリル・ラヴィーンの久々のニューアルバムを購入しました。なぜ今頃?そう自分でも感じています。過去2枚のアルバムはもちろん購入し、今でも気に入っているのでよく聴いていますが、今回のアルバムに関しては、どうも今までのロックとはかけ離れているせいか、素直に受け入れられない部分があります。結婚したということもあるのでしょうが、全体的にピンクのイメージというか、女の子という印象を強く受けてしまいます。ポップな曲も増え、一般ウケする楽曲だとは思いますが、今までのアヴリルのロックが好きなボク的には、受け入れるまでは時間がかかりそうです。アーティストの進化ともとれるのだろうが、ちょっと拍子抜けしてしまった。悪くもないが、良くもない、個人的に甲乙付け難いアルバムのように感じられる。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

フラガール

2007 - 05/13 [Sun] - 23:25

「フラガール」DVD鑑賞★★★★
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優他
監督:李相日
製作:日本 2006年

フラガール(スマイルBEST) [DVD]フラガール(スマイルBEST) [DVD]
(2008/02/08)
松雪泰子豊川悦司

商品詳細を見る

昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた・・・。

確か小学校の頃に、両親と常磐ハワイアンセンターへ行った記憶が薄っすらと残っている。その時に少々曖昧な記憶ではあるのだが、ボクも実際にフラのステージを見ている。まだ幼かったということもあるのだが、腰をすごく振るダンスをする女性たちなんだと感じた。そんなボクも実際に行ったことのあるレジャー施設ができるまでの様々な実話がこの作品には詰まっている。何かを一から始めるということは、どんなことであれ苦労はあるもの。石炭を掘ることで生活を営んでいた地へ、見たこともないハワイの踊りをショーとして披露する。それはとてつもないことのようにも感じる。そんな炭鉱の娘たちが一生懸命にダンスに取り組み、成功させようとする姿がとても眩いばかりに美しい。松雪泰子さん、蒼井優さんの演技には感動させられた。魅惑的なフラダンスの世界を、その目で感じて欲しい作品。

フラガール公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ストロベリーショートケイクス

2007 - 05/12 [Sat] - 23:09

「ストロベリーショートケイクス」DVD鑑賞★★
出演:池脇千鶴、中越典子他
監督:矢崎仁司
原作:魚喃キリコ
製作:日本 2005年

ストロベリーショートケイクス [DVD]ストロベリーショートケイクス [DVD]
(2007/04/25)
池脇千鶴中越典子

商品詳細を見る

2年前に失恋した風俗店の電話番・里子。同じ店で働く風俗嬢の秋代は片思いに人生をかけている。一方、結婚を焦るOLのちひろは恋人とギクシャクし、ちひろと同居する塔子は過食を繰り返していた・・・。

原作者である魚喃キリコさんのマンガは読んだことはないのだが、この作品に登場する4人の女性は、どれも皆とても個性の強いキャラクターだと感じる。実際問題、このようなタイプの女性というのも現代に置き換えてみても多いように思う。多少は似ている人とも、ボク自信過去に付き合った経験もあるが、正直苦手なタイプの部類に属す。ストレス社会ともいう現実もあるのだが、特に近年現実逃避型の女性を多く見かけることが多い。何かに没頭するということは素晴らしいことなのかもしれないが、没頭しすぎることによって、現実を見失っては意味がないようにも感じる。ちゃんと地に足をつけて、一歩ずつでも確実に、ゆっくりと人生を歩むのがベストではないかとボクは思う。人それぞれ生き方は違うだろうが、この4人の女性たちには共感できる部分が無かった。

ストロベリーショートケイクス公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2007/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。