映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2007年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第79回アカデミー賞

2007 - 02/26 [Mon] - 17:47

第79回アカデミー賞

作品賞:「ディパーテッド」
監督賞:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」
主演男優賞:フォレスト・ウィッテカー「ラストキング・オブ・スコットランド」
主演女優賞:ヘレン・ミレン「クィーン」
助演男優賞:アラン・アーキン「リトル・ミス・サンシャイン」
助演女優賞:ジェニファー・ハドソン「ドリームガールズ」
外国語映画賞:「善き人のためのソナタ」ドイツ
長編アニメ賞:「ハッピー フィート」
脚本賞:「リトル・ミス・サンシャイン」
脚色賞:「ディパーテッド」
撮影賞:「パンズ・ラビリンス」
作曲賞:「バベル」
歌曲賞:アイ・ニード・ウェイク・アップ「不都合な真実」
美術賞:「パンズ・ラビリンス」
衣裳デザイン賞:「マリー・アントワネット」
メイクアップ賞:「パンズ・ラビリンス」
視覚効果賞:「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
音響編集賞:「硫黄島からの手紙」
音響賞:「ドリームガールズ」
編集賞:「ディパーテッド」
ドキュメンタリー長編賞:「不都合な真実」
ドキュメンタリー短編賞:「ザ・ブラッド・オブ・インチョウ・ディストリクト」
短編実写賞:「ウエスト・バンク・ストーリー」
短編アニメ賞:「デニッシュ・ポエト」


本年度のアカデミー賞が決定しました。今年の受賞作の中には???と思うような作品も、正直いくつかあったような気もします。ボク個人の意見としては、あまり受賞作に囚われずに、自分の興味のある作品を観たほうがいいとは思います。個人的には、アカデミー賞よりもラジー賞の方が興味があるのかもしれません(笑)

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

スポンサーサイト

マッチポイント

2007 - 02/25 [Sun] - 18:31

「マッチポイント」DVD鑑賞★★★
出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン他
監督:ウディ・アレン
製作:イギリス 2005年

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付) マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
ジョナサン・リース・マイヤーズ (2007/02/02)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

テニス・インストラクターのクリスが上流階級の青年トムと意気投合し、彼の妹クロエと結婚。なにもかもが順調なクリスだったが、トムの婚約者である官能的な米国人女性ノラとの情事におぼれていく…。

人は順風満帆の人生のときは、なにもかもが幸せに見えてしまうものだろう。しかし波乱万丈だったら?何かのキッカケで、一気に窮地に追い込まれてしまったならば、あなたは一体どんな選択をするのでしょうか…?ボクが思うに、人間とは追い詰められると、もがき、あがき、自分でも何をしてしまうのかが解らない生き物のように思えてならない。この作品はそんな人間の持つ、野望・愛欲・嫉妬・裏切りなどに苦悩する男と女の姿が描かれている。女は愛を求め、その愛が男を追い詰める…。愛とは時として憎しみや怒りに変わってしまう、この世で最も怖ろしい誰しもが持つ感情なのかもしれません。人の気持ちが解れば、どんなに楽なんでしょう?でも解らないからこそ、人は誰かを求めてしまうのかもしれません…。スカーレット・ヨハンソンが、とてもセクシーで見とれてしまいました(笑)
  「マッチポイント予告

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ゆれる

2007 - 02/22 [Thu] - 21:53

「ゆれる」DVD鑑賞★★★★
出演:オダギリジョー、香川照之他
監督:西川美和
製作:日本 2006年

ゆれる ゆれる
オダギリジョー (2007/02/23)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

写真家として活躍する猛の兄で温厚な稔が、幼なじみの女性をつり橋から突き落とした容疑で逮捕された。やがて裁判が始まり、稔の意外な一面をかいま見た猛は、法廷で思いもよらないことを証言する…。

タイトルにもなっている「ゆれる」という言葉をキーワードにして描いた作品。人間の光と闇、建前や本音などの誰しもが持っているであろう心の部分を描写している。ある一つの出来事がキッカケとなり、仲の良い兄弟の心が次第にゆれ始め、どんどんとそのゆれがはげしくなっていき止らない…。どんな些細な事でも、一度溝ができてしまうとゆれる気持ちというものを止められなくなってしまうことも多々ある。そんな人のゆれる気持ちを、オダギリジョーは激しく表現し、香川照之はほんのわずかな動作や表情で表現している。正反対の表現方法ではあるが、人間のゆれる気持ちを違った角度から見せてくれる。繊細でいて情緒不安定な人間の心の奥底というものを、観終わった後考えさせられた作品。香川照之の素晴らしい演技に、終始ボクの心は揺らいでしまいました。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

ドリームガールズ

2007 - 02/20 [Tue] - 23:11

「ドリームガールズ」★★★★オススメ
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ他
監督:ビル・コンドン
製作:アメリカ 2006年
dreamgirls_1_1b
エフィー、ディーナ、ローレルの3人は、コーラスグループ「ドリーメッツ」を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立ち、やり手マネージャーのカーティスに見出され、大スターのジェームズのバックコーラスとしてデビューするが……。

伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作品。コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載せて描き出す。ボクはミュージカルというものが大嫌いです。今まで何を見ても拒絶していましたが、この作品は最初から最後まで見入ってしまいました。自然と体がリズムをきざんでしまい、久しぶりに体で音を感じた瞬間だったのかもしれません。音楽は音を楽しむと書きますが、まさにその名の通りに音を思う存分に楽しんだ作品です。幼い頃からシュープリームスを聴いていたので、その当時の気持ちに戻ったような感覚です。10キロ減量したビヨンセが演じたディーナは、彼女の為に用意された役といっても過言ではないでしょう。今まで歩んできた道のりのようにも感じます。そんな歌姫ビヨンセではありますが、演技はちょっと勉強不足でした。それはエフィー役のジェニファー・ハドソンにも言えることです。厳しいことを言うようですが、歌唱力は文句のつけようがないが、演技や脚本に関してはツッコミたくなる箇所がいくつかありました。女性が何人か集まれば、絶対にもめ事の一つや二つは付き物。スターダムにのし上がるための苦労の数々、そして栄光と挫折…。人間の成長、心の裏表が幾度も垣間見れる。そんな部分を、欲を言えばもう少し見たかった気もする。普段はコミカルな役のエディ・マーフィだが、ソウルフルな歌声はしびれます。また、ビヨンセが歌う「LISTEN」とジェニファー・ハドソンが歌う「ONE NIGHT ONLY」は、心に響き渡り魂が揺さぶられました。映画を観ているという感覚よりも、コンサートでステージに引き込まれていく感覚に近いのかもしれません。是非とも劇場で、サウンドに身を任せて鑑賞して欲しい作品です。今年早くも、心に残る作品に出会えました。オススメです。
 
  「Dreamgirls」PVフル視聴
  「Beyonce/Listen」PVフル視聴
  「Jennifer Hudson/One Night Only」視聴
  「Supremes/Stop! In The Name Of Love」PVフル視聴

応援クリック

続きを読む »

バブルへGO!!タイムマシーンはドラム式

2007 - 02/17 [Sat] - 18:26

「バブルへGO!!タイムマシーンはドラム式」★★★
出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子他
監督:馬場康夫
製作:日本 2006年
バブルへGO!!

日本政府の経済再建の秘策は、タイムマシンで過去にさかのぼり、バブル崩壊を食い止めること。ところがタイムマシンの開発者が90年代で行方不明になり、娘の真弓が後を追うことになる…。

タイトルからして、なんだかふざけた感じのある作品です。内容もすぐに忘れてしまいそうですが、なぜだかそんなに悪くない映画です。バブルが崩壊した1990年にタイムスリップするという、ちょっと幼稚な設定。しかもタイムマシーンが洗濯機…。バブルを経験していないボクとしては、きっとその時代に行ったら広末涼子演じる真弓のような感じになると思います。あの時代は根本的におかしいです。しかしお金が溢れていて、銀行もお金をぽんぽん貸していた。世の中全体が浮かれていたツケが、今の時代を物語っているのかもしれません。当時のファッションやCM、音楽などがそのまま使われています。バブルに遊んでいた人たちにはとても懐かしいく楽しめることでしょう。しかし今は、明日の仕事も間々ならない時代。この不景気はいつまで続くことやら…。景気のいい時代になって欲しいものです。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

人志松本のすべらない話 其之弐

2007 - 02/14 [Wed] - 20:51

「人志松本のすべらない話 其之弐」DVD鑑賞★★★
出演:松本人志、千原ジュニア、ほっしゃん。宮川大輔、河本準一他

人志松本のすべらない話 其之弐 通常版 人志松本のすべらない話 其之弐 通常版
松本人志 (2006/12/13)
アール・アンド・シー
この商品の詳細を見る

30万枚を越える大ヒットを記録した第1弾に引き続いてのDVD第2弾。今回は、第3・第4弾を収録しています。内容は皆さんご存知のとおりに、誰もが一つは持っているすべらない話を、松本人志をはじめとする精鋭たちが、そのひとつひとつを披露することだけでお送りするシンプルな番組構成。いつも感じることだが、画面を通して芸人達の異様な雰囲気が伝わってくる。今回からサイコロの目も6面から8面に変わり、出演者も8人に増えたのだが、第4弾に出演している●田哲平と●作からは、あまり面白さが伝わってこなかった。その点だけがちょっと残念でした。
 
  「人志松本のすべらない話4

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

INFINITY ON HIGH

2007 - 02/13 [Tue] - 19:14

FALL OUT BOY/「INFINITY ON HIGH」★★★★

インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤) インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤)
フォール・アウト・ボーイ (2007/02/07)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る

久々に感動できる一枚にめぐりあえた気がする。試聴した瞬間に、このアルバムの凄さが体中に伝わってきた。そのアルバムは、フォール・アウト・ボーイの約2年ぶりとなるニューアルバム「インフィニティ・オン・ハイ -星月夜」。2001年に米シカゴで結成された4人組で、ポップ・パンクという感覚でボクは聴いているのだが、彼らの奏でる疾走観溢れ独創的なサウンドがとても気に入っています。パンク=うるさいという観念を持っている方も多いとは思いますが、このアルバムを聴いたらその観念はきっと無くなってしまうことでしょう。R&B・ヒップホップからモータウン・サウンド、そしてストリングスの導入と、今までの彼らのサウンドとは一味違った仕上がりになっています。是非このアルバムを聴いてみて、テンションを高くして欲しいと思います。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

ザ・センチネル 陰謀の星条旗

2007 - 02/08 [Thu] - 16:01

「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」DVD鑑賞★★
出演:マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランド他
監督:クラーク・ジョンソン
製作:アメリカ 2006年

ザ・センチネル 陰謀の星条旗 ザ・センチネル 陰謀の星条旗
マイケル・ダグラス (2007/02/02)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

141年にわたって大統領警護の任務にあたってきたシークレット・サービスに、激震が走った。内部の何者かが、大統領暗殺計画に関わっているという情報がもたらされた…。

簡単に説明してしまえば、映画版24という感じの作品。ジャック・バウアー役でお馴染みのキーファー・サザーランドに、マイケル・ダグラスが負んぶに抱っこ状態。しかしふたを開けてみれば、エロおやじマイケル・ダグラスのワンマンショーですから、キーファー・サザーランドはやりきれない気持ちだったでしょう…。大体、合衆国に忠誠心を誓ってきた男が、ファースト・レディと関係をもってしまうんですから笑ってしまいます。そうは言うものの、こんな役はマイケル・ダグラスにはうってつけです。褒められる点はその位で、後はちょっと雑な感じに映って仕方がなかった。あまり期待せずに鑑賞する分には問題ありませんが、暇なときにでも観る作品でしょう。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

世界最速のインディアン

2007 - 02/07 [Wed] - 11:22

「世界最速のインディアン」★★★
出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド他
監督:ロジャー・ドナルドソン
製作:ニュージランド・アメリカ 2005年
世界最速のインディアン

ニュージーランドで暮らすバートの夢は、伝説のバイク「インディアン」でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦することだった…。

60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られたこの作品。なんといってもバート役のアンソニー・ホプキンスの演技が最高です。このおじさんは、どんな役でも完璧にこなしてしまう化物かと感じられました。年金をコツコツと貯めて、世界最速記録を更新するまでの紆余曲折を、なんとも彼のユーモラスな演技で見せ付ける。バイクに初めて乗ったときの、衝撃の感動が蘇ってきました。バイクに乗ったことがある方ならば、きっと共感できることでしょう。女性には微妙な作品かもしれません。夢に向って諦めないで努力する姿というものを、強くこの作品から感じられました。こんな風に人生を楽しみながら、年を取れたらいいものです。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

クラッシュ

2007 - 02/06 [Tue] - 09:58

「クラッシュ」DVD鑑賞★★★
出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン他
監督:ポール・ハギス
製作:アメリカ 2004年

クラッシュ クラッシュ
サンドラ・ブロック (2006/07/28)
東宝
この商品の詳細を見る

クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド。白人に敵意を抱く黒人青年アンソニーとピーター。地方検事のリックとその妻ジーン。差別主義者の白人警官ライアンと同僚のハンセン。裕福な黒人夫婦キャメロンとクリスティン。やがて彼らの人生は思いがけない形で交錯、大きく狂い始める…。

LAの2日間の様々な衝突を描いてはいるが、めまぐるしく起こる数々の問題がちょっと多すぎた感じがする。主にアメリカにおいての人種差別を取り上げてはいるが、日本人には理解しがたい問題。根本的な部分をあからさまに描いているのには驚いたが、身近にあまりない問題だと、どうも作品にのめり込んでいけない自分がいる。その中でも、透明マントのエピソードだけは、唯一心が温まる。これは賛否両論の作品だろうが、ボクはあまり好きな作品ではなかった。観終わった後、なんともいえない嫌な気分になる。宗教などもそうですが、いつまでこんな醜い争いごとを続けていくのでしょうか…。いい加減に目を覚ますべきだと強く思います。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。