映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2006年05月08日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIMIT OF LOVE 海猿

2006 - 05/08 [Mon] - 15:16

umizaru

出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太 他
監督:羽住英一郎
原作:佐藤秀峰
原案・取材:小森陽一
公開:2006年

04年に映画「海猿」が公開になり、続く05年にドラマ「海猿 EVOLUTION」が放送。
そして今回の「LIMIT OF LOVE 海猿」がいよいよ公開になりました。

今回で海猿も完結なので、どこか寂しいような気持ちもありましたが、いざ映画がはじまると、そんな気持ちなど忘れてしまい、食い入る様にスクリーンを見つめていました。
そして、最後まで泣き続けてしまいました。

仙崎大輔(伊藤英明)最後のステージは、大型フェリー座礁事故。
文句の付けようのない舞台だが、一瞬ふと嫌なことも想像してしまったのも事実。

・・・・・・他国の有名な大型フェリー事故の映画・・・・・・

お願いだから、あの映画のように変な方向にいって欲しくないと、フェリーを見た瞬間、心の中で祈っていました。
あの映画は、ボクも当時観にいきましたが・・・。

当時から様々な意見が賛否両論に分かれましたが、ボクの中ではあまりイイ評価ではありませんでした。
それとは逆に、何故かボクのまわりの女性たちには人気のある映画なので、ボク自身よく解らなくなってしまいます。

今回の海猿に関しては、そうならなかったのでホッっとしました。

細かいことを言ったら、まぁ?何点か気になったシーンなどもありましたが、邦画でここまでの作品を見せられたら、かなりの合格点だと思います。
無駄な制作費ばかりかけて、内容がちょっとお粗末な洋画を観るならば、この作品を観たほうが満足度は得られるでしょう。

海上と上空からの見応えのあるシーンを、劇場で感じて欲しい作品だと思います。

涙脆い方は(ボクもなんですが)ハンカチとティッシュは忘れずに持っていったほうがいいですよ(笑)

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。