映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 2006年05月05日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベスタウン

2006 - 05/05 [Fri] - 12:22

「エリザベスタウン」DVD鑑賞★★

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション
オーランド・ブルーム (2006/11/02)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

出演:オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト 他
監督:キャメロン・クロウ
製作:アメリカ 2005年

この映画が公開されている時に、CMでお●ぎさんが大絶賛していたのを覚えている。しかし、ボクは何故だかお●ぎさんが絶賛する作品とは相性が悪いようだ・・・。

全てを失い、人生に絶望していた主人公が、父の死という深い悲しみに襲われる。そこから父の故郷での親族との触れ合いや、偶然機内で出会った女性との恋・・・。

内容的には、好きでもなく嫌いでもなくといった感じなのだが、前半のストーリー展開には少々疑問を感じてしまった。ハッキリいってしまえば、ちょっと無理があるのではないでしょうか?

この作品の中で、一番ビックリしてしまったのが、アメリカの葬式です。純粋な日本人のボクとしては、ある意味カルチャーショック的な面もありました。
考えようによっては、別れを嘆き悲しまれるよりは、笑ってさよならされるのもアリなのかな?とは思います。
最近では、葬式を生前中にする人もいるようですし、様々なスタイルがあっても、別におかしくはないのでしょう。

忘れていましたが、どうもこの映画が気にいらないと思ったら・・・。
やっぱりヤツが関わっていましたよ!
製作にトム・クルーズが!!
ここまでくると、本当にボクはトムが関わる作品が大嫌いのようです。

そんな作品でも、キルスティン・ダンストの演技力が光っていました。
彼女は、スパイダーマンでお馴染ですが、確実に演技力を身につけていっているように感じられます。

今回はかなりダメダシばかりでしたが、結局のところ何を伝えたいのかが解らずじまいの作品でした。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。