映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 作家 か行  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッドナップ・ツアー

2006 - 08/22 [Tue] - 22:40

キッドナップ・ツアー キッドナップ・ツアー
角田 光代 (2003/06)
新潮社
この商品の詳細を見る

角田光代著の「キッドナップ・ツアー」を読んでみました。

この本の冒頭で、“夏休みの第一日目、私はユウカイされた”とある。
父親に娘が誘拐(=キッドナップ)されるという、ちょっと変わった内容に興味をそそられる。
少々クールな娘と、ダメ親父の奇妙なひと夏の物語なのだが、全体的に娘の目線でのお話が目立つ。
おそらく児童文学のお話なんだろうが、文章が話し言葉などが多く、どうも子供向きな傾向にある。
その為に、大人はきっと物足りなさを感じてしまうことだろう。
児童文学なのだから仕方がないといってしまえば、話はそれで終わりなのだが、もう少し大人の立場(父親の立場)などで表現されていてもよかったのではと感じる?
結局のところ、なぜ誘拐?に到ったのかなどの細かい経緯などもまったくなく、父親が母親に何を要求しているのかも分からずじまいのまま話は進んでいく・・・。

出だしのツカミはよかったが、その後がお粗末すぎる作品。
シンプルで読みやすいのは子供だけであり、そこから何かを感じることが全く出来なかった作品でした。
小さなお子さんなどにはオススメしますが、大人が読んでも余程柔軟な心を持った方でないと、何も感じられずに読み終わってしまう作品であろう。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。