映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 映画 ま行  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション:8ミニッツ

2011 - 11/02 [Wed] - 15:57

「ミッション:8ミニッツ」★★★★
原題:Source Code
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト、他
mission8
ストーリー:シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。【シネマトゥデイ】

列車爆破テロの犯人を見つけるために、犠牲者である乗客の8分前の意識に入り込み、爆破前の列車内を体験していくという男の話し。SFタッチではあるのだが、主人公の置かれている立場をうまく表現していきながら、徐々に観ているこちら側をも毎度8分前に移動させていってくれる手法が施されている。それでもなんとなくは序盤からある程度のストーリー展開は読めてしまうのだが、飽きさせずに最後まで主人公の苦悩と共に列車に同乗させていてくれるような気持ちにさせてくれる。勘違いしないで欲しいのが、これはタイムスリップではなくループものであるという点。第二の爆破テロを未然に防ぐという任務を果たすために、主人公の男は死んだ乗客の意識の中へと転送される。ミッションを成功するまで何度もその転送は続き、その度に主人公も苦痛を伴い、悲惨な結末を繰り返すだけ…。そうして毎回リアルな疑似体験を経験し学習していくからこそ、自然と主人公に共感を感じていくのだろうと思う。主人公と観客を見事にシンクロさせていくうまさが光る作品であり、非現実的な世界ではあるが要所で人間の優しさが垣間見られた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


Source CodeSource Code
(2011/03/29)
Chris Bacon

商品詳細を見る

スポンサーサイト

マイレージ、マイライフ

2010 - 09/28 [Tue] - 19:38

「マイレージ、マイライフ」DVD鑑賞★★★☆
原題:Up in the Air
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、他

マイレージ、マイライフ Blu-rayマイレージ、マイライフ Blu-ray
(2010/08/27)
ジョージ・クルーニーヴェラ・ファーミガ

商品詳細を見る

ストーリー:仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージを1000万マイル貯めること。彼の人生哲学は、バックパックに入らない荷物はいっさい背負わないこと。ある日、ライアンは自分と同じように出張で各地を飛び回っているアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、意気投合するが……。【シネマトゥデイ】

ウォルター・キルンの同名小説を基に、企業に代わってクビを宣言するリストラ屋の男の姿を描いていく人間ドラマ。貯まったマイルでワンランク上のサービスを受けて、ご満悦な姿がなんだか虚しくも感じてしまう…。世の中不況で失業率も高い。そんな中全米各地を年中飛び回り、マイルを貯めることだけに唯一人生の価値を見い出すライアン。普段はリストラを企業の代わりに宣告してあるくちょっと変わった仕事をしている彼だが、一見クールにも感じられる彼の姿に、滑稽な姿を重ね合わせてしまうのが可笑しい。何事もクールにこなし、合理的な人生を歩んでいるようにも感じられるのだが、人生はそんな薄っぺらいものではないということにいつしか気がつく。人との繋がりを極端に避けてきたのがツケになり、その殻からもがきながらも必死に抜け出そうとしても上手くはいかないもの。マイルを貯めるのと、人間関係を深めていくのは違うもの。実際人と繋がっているように見えて実は気薄な関係の時代に、自らの価値観が虚しく崩れていく。欠落していた人生に気付けただけでもマシなのかもしれないが、きっと安易な答えなどないからこそ人生とは面白くもあり辛いのだろう。やや淡々と軽いノリで描かれていて重みを感じなかったが、ジョージ・クルーニーの力量を感じられた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009 - 10/30 [Fri] - 23:42

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」★★★★
原題:This is It
監督:ケニー・オルテガ
製作:アメリカ、2009年
出演:マイケル・ジャクソン、他
thisisit
2009年6月に急逝した、“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。彼が死の数日前まで行なっていたコンサート・リハーサルの模様を収録したドキュメンタリー。

マイケル・ジャクソンという名前をファンではなくとも一度は聞いたことがあるだろう。6月に急死したスーパースターの幻のロンドン公演を中心としたドキュメンタリー作品。もう二度と見ることができないマイケルだが、彼がなぜキング・オブ・ポップと呼ばれていたのかが作品を通じて伝わってくることだろう。死の数日前まで行われていたという何百時間にも及ぶリハーサル。照明や美術やダンスなど、あらゆる部分に対してのひたむきなまでの彼の姿勢が窺える。彼は完璧主義者ということでも有名だが、きっと生きていればこんな完璧ではない姿などは絶対に見せたくないと思う。周囲に対しても厳しく、しかし愛情を持って接する姿は彼の人柄が溢れている。しかしあくまでリハという段階で、超一流の彼が本気を出すわけがない。わかってはいるのだが、本気の彼の姿が見たいと思うのがファン心理。そういったシーンをいくつか見てしまうと、どうしてもメイキング映像ということで作品全体を捉えてしまうのだが、ある意味そういった見方で鑑賞すればガッカリすることもないだろう。それでも彼の楽曲が流れてくるだけで、自然と体がリズムを刻みキレのあるダンスに酔いしれてしまう。一切の妥協を許さない彼の姿は、一流でありながら更に進化しようとし、ステージに対する熱い思いがとても伝わってくる。実現こそされなかったが、実際に彼の姿を最前列で独占しているように感じられるのが嬉しい。しかしどうしても編集が時間不足だったように感じられ、もっと彼の素顔が見られればと個人的には思えた。それでも偉大なMJの姿を堪能できる内容となっているので、ファンでなくとも必見です。スクリーンでマイケル・ジャクソンの最後の姿を観て、彼の素晴らしさを肌で感じて欲しいと思う作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック(1枚組通常盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック(1枚組通常盤)
(2009/10/28)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

MW -ムウ-

2009 - 07/05 [Sun] - 13:23

「MW -ムウ-」★★
監督:岩本仁志
製作:日本、2009年
出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、石田ゆり子、石橋凌、他
mw
16年前にとある島で起きた虐殺事件の生き残りである結城と賀来。神父となった賀来は、エリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる結城の犯行を阻もうとするも翻ろうされる。そして遂に結城は世界を滅ぼそうとする。【MovieWalker】

手塚治虫生誕80周年である2009年、未だに愛され続けられている手塚作品。そんな彼の作品の中でも、異彩を放つ禁断の作品とされているのが今回映画化された「MW?ムウ?」。原作は未読なのだが、映画を観た限りでは何処が禁断の問題作なのかが全く理解できないようなお粗末な演出に頭を悩ませてしまうばかり…。手塚作品といえば、深いテーマが作中に存在し、様々なメッセージが込められているという印象が強い。今回のムウでも、原罪を問うという部分を作品から強く感じられる。しかしいくらテーマが存在していても、最終的には演出の良し悪しで全ては変わってしまうもの。冒頭から玉木宏演じる結城美智雄の冷酷な殺人鬼という一面を描きすぎているために、中盤以降から作品が持っているミステリアスな部分が縮小されてしまっている。これが致命傷となり、ダラダラと物語が進行していき緊迫感に欠ける展開となってしまう。しかし今までとは違った役柄に挑んだ玉木宏の演技は評価できる。体脂肪を4%まで減らし、ダークな一面を観れるのはファンにとっては嬉しいことだろう。一方冷酷な殺人鬼となってしまった結城を救おうと苦悩する神父・賀来裕太郎役の山田孝之はミスキャスト。昔のような清潔感のある青年ならばまだ分かるのだが、どうも最近の彼は少々汚いイメージの役柄が多いために、今回の役柄のイメージにはそぐわないように感じられる。壮大なイメージを演出しきれず空回りばかりが目立つのが痛い。玉木宏ファンは楽しめるだろうが、それ以外は退屈してしまいそうな作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

マンデラの名もなき看守

2009 - 05/27 [Wed] - 15:44

「マンデラの名もなき看守」DVD鑑賞★★★☆
原題:Goodbye Bafana
監督:ビレ・アウグスト
製作:フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・南アフリカ、2007年
出演:ジョセフ・ファインズ、デニス・ヘイスバート、ダイアン・クルーガー、パトリック・リスター、他

マンデラの名もなき看守 [DVD]マンデラの名もなき看守 [DVD]
(2009/04/24)
ジョセフ・ファインズデニス・ヘイスバート

商品詳細を見る
人種隔離政策を敷く、1968年末の南アフリカ。公安局の命令でグレゴリーは、投獄された反体制活動家マンデラの担当看守に。彼の言動を観察して報告するが、しだいにマンデラと心を通わせるようになる。【MovieWalker】

アメリカではバラク・オバマが初の黒人大統領に就任しましたが、この作品は南アフリカ初の黒人大統領であるネルソン・マンデラが、獄中で出会った白人看守との交流を描いた実話に基づいた作品。生誕90周年でマンデラ自信がはじめて映画化を許可した感動作。南アフリカといえばアパルトヘイトをすぐに思い浮かべてしまう。白人が神のような存在であり、差別的に規定する人種隔離政策に対して、国際社会から非難を浴び経済制裁を受けるのは当たり前のことだとも思う。そうしてやっとこの馬鹿げた制度は完全撤廃したのだが、そこまでの道のりは決して簡単なものではなかったのだろう。実際にアパルトヘイトが終焉を迎えたのは十数年前と、改めて考えてみるとつい最近の出来事なのだと感じる。近年までいかに肌の色が違うという事だけで、このような人種間の対立が行われていたかと思うと、人間とはいかに愚かな生き物なのかと痛感させられてしまう。反政府運動の指導者として、27年間に渡り獄中生活を強いられたマンデラ。それでも温和な笑顔で常に希望を持ち続けた精神というものはマネできないと思われる。そんな彼に接することによって、黒人差別主義者だった白人の看守グレゴリーの考えも変わりはじめ、次第にマンデラとの友情も育まれていく。グレゴリーのこうした心境の変化と一緒に、南アフリカの歴史を我々も知っていくこととなる。それと共に、徐々にマンデラに心を開いていき、親睦を深めていく姿を通じて、ネルソン・マンデラという偉大な人物に敬意を表する。史実を基に製作されたので特に大きな展開もないのだが、マンデラという偉人を少し身近に感じられた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ミルク

2009 - 04/23 [Thu] - 18:14

「ミルク」★★★★☆
原題:Milk
監督:ガス・バン・サント
製作:アメリカ、2008年
出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ビクター・ガーバー、デニス・オヘア、ジョセフ・クロス、スティーブン・スピネラ、ルーカス・グラビール、ブランドン・ボイス、ハワード・ローゼンマン、ケルビン・ユー、他
milk
ゲイだけでなくすべてのマイノリティの人々の権利を守るために活動するミルクは、サンフランシスコの市政執行委員会に立候補する。3度目で遂に当選するも、志半ばで同じ市政執行委員のホワイトに射殺されてしまう。【MovieWalker】

第81回アカデミー賞では、主演男優賞とオリジナル脚本賞を受賞した「ミルク」。この作品は同性愛者であることを公表して公職に就いた、アメリカ初の政治家であるハーヴェイ・ミルクの8年間を描いた伝記。マイノリティのために戦った彼の功績を辿っていくにつれて、現代のアメリカに多大な影響力を残していったということが感じられる。テレビをつけてゲイなどである人々が普通に映っていても驚かなくなったが、少し前まではやはり彼らのような存在は社会にはまだまだ受け入れられていなかったと思う。ボクはストレートな人間なので、昔は同性愛者たちを敬遠し、何処かで偏見的な考えや差別していたように思えます。今考えればとても無知だったと恥ずかしく思えるのですが、1970年代のアメリカでも保守的な考えを持つ人々が多かった。そんな冷たい世間に勇敢にも立ち向っていき、サンフランシスコの市政執行委員会に立候補し続けて、3度目でやっと当選する。選挙運動を支え、共に戦ってきたのはもちろんゲイの仲間達や恋人。なんでもない彼が行ってきた事実を映し出されるだけで、今でもなぜ彼が民衆から愛され続けているのかが伝わってくる。監督、脚本家が共にゲイをカミングアウトしており、より一層リアリティのある内容にはなっているのだが、ハーヴェイ・ミルクを演じたショーン・ペンの演技力がなによりも大きい。彼の屈託のない笑顔が全てを物語っっているように感じられ、冒頭にある遺言をテープに吹き込むシーンが痛みや哀しみや怒りを静かに語っているようにも感じられる。この作品はショーン・ペンを見るためにあるのだが、彼の演技力によってハーヴェイ・ミルクが生きた時代を垣間見れた気がする。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

マンマ・ミーア!

2009 - 02/05 [Thu] - 16:53

「マンマ・ミーア!」★★★
原題:Mamma Mia!
監督:フィリダ・ロイド
製作:アメリカ、2008年
出演:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、アマンダ・セイフライド、ドミニク・クーパー、ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキー、他
mammamia
ギリシャの小島で母ドナと暮らすソフィは、自分の結婚式で会ったことのない父親とヴァージン・ロードを歩こうと決意する。そこで、密かにドナの日記を盗み読み、父親の可能性のある昔の恋人3人に招待状を送ることに。【MovieWalker】

世界各国で公開され、大ヒットを記録した同名ミュージカルの映画化。ギリシャの小島でのホテルを舞台に、母子家庭で育った20歳の花嫁の結婚式前日から当日まの物語を、ABBAのヒット曲22曲で構成されているミュージカル映画。既存のヒット曲を並べてストーリーを構成するのを、ジュークボックス・ミュージカルというらしいのだが、大好きなABBAの曲が次々と流れてくるのでテンションはもう急上昇。もう何十年も前のナンバーの数々に、ついつい気分も高揚してしまう。大女優であるメリル・ストリープが、陽気に歌って激しく踊っている姿を観れるとは思ってもいませんでした。終始陽気な気分になってしまうのだが、肝心の内容は至っておおざっぱなものでしかない。舞台版での製作チームが手掛けたのだから仕方がないのかもしれないが、もう少し映画的な要素を取り入れてもよかったのではないかと感じる。しかし元々が娯楽ミュージカルですし、ABBAの曲自体がノリがいいので、ある意味中身などは本来関係なく、ABBAの楽曲に乗って純粋に楽しむのがベストなのかもしれないとも感じる。美しいエーゲ海を背景に、単純明快なミュージカル・コメディとオバサンたちの強引なパワーに導かれれば、きっと楽しく鑑賞できることでしょう。しかしながらメリル・ストリープのハシャギッぷりやラストの歌謡ショーなどはドン引きしてしまう。それ以上にピアース・ブロスナンの歌は酷すぎて、一気に脱力感に襲われてしまう…。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

最も危険な愛し方

2008 - 12/03 [Wed] - 22:37

「最も危険な愛し方」DVD鑑賞★
原題:Solo Con Tu Pareja
監督:アルフォンソ・キュアロン
製作:メキシコ、1991年
出演:ダニエル・ヒメネス・カチョ、クラウディア・ラミレス、アストリ・アダー、ルイス・デ・イカーサ、他

最も危険な愛し方 [DVD]最も危険な愛し方 [DVD]
(2008/11/08)
ダニエル・ヒメネス・カチョ、

商品詳細を見る

無類の女好きのトマスに弄ばれたナースは、彼の血液検査の結果を改ざんする。改ざんされた検査結果を見たトマスは自殺を決意してしまい…。

何か一風変わった映画はないものかと、新作コーナーを物色しレンタルしてみた作品。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」などで知られる、アルフォンソ・キュアロンの監督デビュー作となったラブコメディなのだが、これが本当に酷すぎて鑑賞中苦痛を伴うような作品。女たらしの主人公が散々女遊びばかりをした挙句に、関係を持ったあるナースからHIV検査の結果を改ざんされ、自殺しようとするバカバカしい内容。見所は一切無く、濡れ場も全く興奮しない始末。映画は絶対にラストまでは観るようにしているものの、あまりの酷さに今年初二倍速にて鑑賞。それでも時間の無駄としかいいようがない駄作。レビューしたくとも、何も言葉が浮んできません。一つ言えることがあるならば、遊びは程々にするのがいいでしょう。それでも女遊びをしてしまう男は、きっと病気なんでしょうね。。。◆映画ランキング◆

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ミスト

2008 - 05/22 [Thu] - 16:53

「ミスト」★★★☆
原題:The Mist
監督:フランク・ダラボン
製作:アメリカ、2007年
出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ネイサン・ギャンブル、ローリー・ホールデン、他
mist
メイン州西部の町を嵐が襲った翌日、深い霧が発生し、町中を覆ってしまう。しかもその霧の中には、正体不明の謎の生物が潜んでいた。スーパーマーケットの店内に避難した住民たちは、決死の脱出を試みようとする。【MovieWalker】

ホラー作品としてはなかなかの秀作なのだろうが、終始イライラさせられラストも賛否両論になるであろう作品。原作スティーヴン・キング、監督フランク・ダラボンとくれば、真っ先に思い出されるのが、「ショーシャンクの空に」と「グリーンマイル」の2作品です。この2作品は、個人的にも好きな作品ですが、皆さんの中にも好きな作品に挙げられる方も結構多いのではないでしょうか?今作は、霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、次々と錯乱していく人々を描いていくパニック・ミステリー。本当はあまりこの手の作品は好きではないのですが、ついつい怖いもの見たさで見てしまい後悔するばかりです…。人間が恐怖に直面すると、思いも寄らない行動をとってしまうもの。街全体が急に深い霧に覆われてしまい、急遽スーパーマーケットに逃げ込み、そして閉じ込められることになる…。霧に包まれ謎の物体らしき物の恐怖に怯え、人が徐々に理性を失っていく。見えない恐怖に怯えるのは当然だが、本作は人間の持つ醜い内面を描き出している。どんなに立派な人でも、窮地に立たされたときにこそ、その人の本質が見えてくるもの。ただ個人ではなく、それが大人数となってくると話は少々変わってくるもの。それぞれが持つ恐怖が一気に増幅し、猜疑心の目で他人を疑い、自己中心的になり、時として信仰心などという厄介なモノまででてきてしまう。そういった常軌を失った行動の数々を見ると、いざというときこそ、冷静でいることの大切さを思い知らせれる。しかし、いざそのような状況に置かれて冷静でいられるかと聞かれても、自信がないものです。恐怖がいかに人間の判断力を鈍らせ、狂わせていくのかと悲しくなってくる。本当に人間とは弱い生き物だと痛感させられる。登場人物で特に目を見張るのが、マーシャ・ゲイ・ハーデン。信仰心の強い彼女が、人々を徐々に洗脳していく姿は、なんとも見ていておぞましい光景です。彼女の演技力に感服する反面、終始イライラさせられ彼女の顔を見るだけでへどが出そうになる。どうも宗教だけは苦手でなりません。。。さて、冒頭でも書いたとおり、この作品は賛否両論になるであろう作品。個人的にはラストが見えてきてしまい、好きにはなれない。これでは何のためにラストを原作と変更したのか、どうも解せない部分が強い。ホラー作品といて出来が良かっただけに、余計な恐怖の後付を無理矢理つけたのが勿体無い。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

マイ・ブルーベリー・ナイツ

2008 - 03/28 [Fri] - 17:48

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」★★★☆
原題:MY BLUEBERRY NIGHTS
監督:ウォン・カーウァイ
製作:フランス、香港、中国、2007年
出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズ、デビッド・ストラザーン、他
my blueberry nights
失恋したエリザベスは、恋人の家の向かいにあるカフェに通うようになる。そこで彼女は、店のオーナー、ジェレミーの優しさにひかれていく。それでも失恋の傷をいやせなかったエリザベスは、突然に旅立ってしまう。 【MovieWalker】

昨日までは愛していても、突然の心変わりは起こるもの。心変わりが起きた方はまだいいが、突然なんの前触れもなくサヨナラされてしまう方は戸惑ってしまう。一方的に別れを告げるのは、相手の心を全く無視していることなので、別れるならばきちんとお互い納得いくまで話し合うのが妥当な方法だろう。恋というものは、いつも突然訪れてきて、突然終わりを告げるもの…。恋の終わりを告げられたとき、あなたはどうしますか?主人公であるエイザベスも、恋人の心変わりで失恋してしまいます。そんな時、元彼の家の近くにあるカフェに出入りするようになり、毎晩ブルーベリーパイを食べるようになる。ふと、この作品を見ていて思い出したのだが、過去にブルーベリーパイというものを何度食べたことがあっただろうか?ほとんど記憶にない。あまりカフェでも置いていないことが多いし、やはり人気がないのでしょうか?パイ屋のオーナーのジェレミーが、彼女の為に毎晩ブルーベリーパイを焼いてあげることにより、少しずつ彼女の傷も癒されていく。しかし元彼を忘れることができずに、突然彼女はジェレミーの前から姿を消してしまい旅にでてしまう。ニューヨーク、メンフィス、ラスベガスと旅をしていく。距離というキーワードを絶妙に見せつつ、そこでの出会いにより、愛というものに気付いていく姿が窺える。無国籍な映像と、絶妙なタイミングでの音楽は、ブルーベリーパイのような甘さを作品に漂わせる。この作品が初主演のノラ・ジョーンズは、自然体の演技を見せてくれた。恋に苦悩する男女の美しさというものがとても感じられる。ラストのキスシーンは、まるで絵画を見ているように美しく見蕩れてしまいました。◆映画ランキング◆

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。