映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ > 洋楽  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oasis 「Dig Out Your Soul」

2009 - 03/09 [Mon] - 23:05

Oasis 「Dig Out Your Soul」★★★☆

ディグ・アウト・ユア・ソウルディグ・アウト・ユア・ソウル
(2008/10/01)
オアシス

商品詳細を見る
久しぶりにオアシスの曲が聴きたくなったので、3年ぶりとなる7枚目のアルバムである「ディグ・アウト・ユア・ソウル」を購入してみました。彼らの1、2作目が大絶賛されたために、どうしてもそれ以降のアルバムは比較されてしまう。ボクも実際に初期の頃のイメージが強かったので、ここ数年間は全く彼らの楽曲を聴くこともなくなってしまった。今回久々に彼らのアルバムを購入するキッカケとなったのが、4曲目に収録されている「The Shock Of The Lightning」の影響が非常に強い。映画「K-20 怪人二十面相・伝」の主題歌でもあるこの楽曲は、爽快感と疾走感がいい。こういったスピード感のある楽曲を求めていたので、聴いた瞬間に好きになりました。リアムの書いた幻想的な曲も評価するが、やはりノエルの書いた曲の方が個人的には好きかもしれません。今までにはないようなサイケデリック色が強調されており、新しい方向性が見えたような内容。ただ、中盤から終盤にかけてスピード感のあるアップテンポの曲がもっと欲しかったと感じてならない。何度も聴き込んでいくと、少しずつ印象も変わっていくようなアルバムのような気がする。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

「The Shock Of The Lightning」

スポンサーサイト

Hoobastank 「FOR(N)EVER」

2009 - 02/16 [Mon] - 16:23

Hoobastank 「FOR(N)EVER」★★★★

For(n)everFor(n)ever
(2009/01/27)
Hoobastank

商品詳細を見る
久しぶりに、最近ボクが買ったアルバムを紹介します。フーバスタンクの約2年ぶりとなる4thアルバム「フォーネバー」です。前作でだいぶバンドのイメージが変わったような印象も受けていたのだが、評価もやはり賛否両論のようだった。いつしか活動している声も聞かなくなったのだが、どうやら約18ヶ月休みを取り、今回のアルバム製作に取り掛かったようです。ある程度売れたバンドというものは、休養も最低限必要ですが、結果としてなかなかの秀作を生み出してくれるのならば、待つ甲斐があったように感じています。率直なイメージとしては、よりヘヴィなロックで攻撃的な部分が強く、しかし2thアルバム「The Reason」を彷彿させるような曲も見受けられます。だいぶ情感や表現力の向上がみられ、ロックを聴かせる一枚に仕上がっている。プロデューサーには2thアルバムでもタッグを組んだハワード・ベンソンを起用している。グルーヴに絡み合うアグレッシブなメロディが、ロック好きのボクにはたまらないアルバムです。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

「My Turn」

WAIT FOR YOU

2008 - 06/17 [Tue] - 23:22

「ELLIOTT YAMIN/WAIT FOR YOU」★★★☆

WAIT FOR YOUWAIT FOR YOU
(2008/05/21)
エリオット・ヤミン

商品詳細を見る

彼の存在を知ったのは、確か去年だったと思う。仲良くさせてもらっているあるブロ友さんが、彼のことを紹介していたのがキッカケで当時興味を抱きました。あれから1年以上が経ちましたが、やっと日本デビューアルバムが先月発売されました。何気にラジオを聴いていたら、大好きな曲である「Wait For You」が流れていた。いつの間にやら来日までしており、ちょっとしたブームになっていることを知りビックリしてしまいました。改めて彼の歌声を聴いてみたが、心にストレートに響いてくる。なかなか歌声だけでここまで魅了されるアーティストが最近いなかっただけに、素直に彼の歌声を聴けるだけで幸せな気持ちになる。その一方で、彼の歌声はとても心を切なくもさせる。そんなエリオット・ヤミンがデビューするキッカケとなったのが、アメリカン・アイドルです。そこで惜しくも優勝は逃したものの、TOP3にランクされ、27歳の遅咲きでその手にチャンスを掴んだ。それまでの道のりは平坦なものではなく、糖尿病に苦しまされ、右耳の聴力もほとんどない状態…。そんな人一倍の苦悩を味わい、ハンデを背負いながらも前向きに人生に向き合い、チャレンジする姿が、彼の独特の歌声になり、聴くものの心に響いてくるのだろう。これからの彼の活躍に期待していきたいと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

「Wait For You」アメリカン・アイドル映像

続きを読む »

Growing Pains

2008 - 01/22 [Tue] - 18:50

「Mary J. Blige/Growing Pains」★★★★

Growing PainsGrowing Pains
(2007/12/18)
Mary J. Blige

商品詳細を見る

ボクの大好きなアーティストである、メアリー・J.ブライジの約2年ぶりの8thアルバム「グロウイング・ペインズ」。日本ではヒップホップ・ソウル・クイーンとして名高いが、その名の通りこのアルバムを通じて、孤高の域に達してしまったかのようです。前作も個人的には好きでしたが、今回の新作を聴いてみると、こちらのアルバムの方が全体的にクオリティが高いような気がします。彼女の歌声というものは、魂に語りかけてくるような感じがする。その為、聴く人によっては抵抗感もあるのだろうが、今回のアルバムは全体的にみてもポップなイメージが強く、メアリー・J.ブライジを聴いたことがない人でも聴きやすい内容に仕上がっている。その中でも、リードシングルである「ジャスト・ファイン」は大のお気に入り曲です。この曲を聴くだけでテンションが上がってきてしまいます。国内盤はボーナストラック満載80分超の内容です。間違いなくこちらをオススメします。最近では満足できるアルバムがなかなか見つからなかったが、「グロウイング・ペインズ」は久々に満足のいく内容でした。ポジティブに充ちたアルバムですので、是非聴いてもらいたい一枚です。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

MINUTES TO MIDNIGHT

2007 - 06/03 [Sun] - 22:13

「LINKIN PARK/MINUTES TO MIDNIGHT」★★★

ミニッツ・トゥ・ミッドナイトミニッツ・トゥ・ミッドナイト
(2007/05/16)
リンキン・パーク

商品詳細を見る

前作から約4年ぶりとなる、ロック・シーンの先駆者リンキン・パークのニューアルバム「MINUTES TO MIDNIGHT」ですが、はじめ聴いたときに今までとちょっと違った雰囲気というか、戸惑いのようなものを感じました。ミクスチャー系ロックというものに関して、ボクは正直抵抗があったのですが、友人に大のリンキンファンがいるので、その影響で聴くようになったようなものです。なので特に思い入れがあるわけでもないのですが、「メテオラ」は聴くごとに段々と好きになっていくアルバムでした。今回は「メテオラ」と比較してみると、良くも悪くもまとまり過ぎているような感じが否めません。路線変更ともとれる今回のアルバムが、次回作にどう影響してくるのかが不安です。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

It Won’t Be Soon Before Long

2007 - 05/29 [Tue] - 22:55

「MAROON 5/It Won’t Be Soon Before Long」★★★★

イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング
マルーン5 (2007/05/16)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

デビュー・アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』が世界中で大ヒットし、一躍人気ロック・グループとなったマルーン5が、5年ぶりとなるセカンド・アルバム「イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング」を発売しました。前作が大のお気に入りのボクとしては、本当に待ちに待ったアルバムの発売でした。日本でもCMソングとして彼らの楽曲が使われており、一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディーが印象深い。先行シングルとしてリリースした「メイクス・ミー・ワンダー」の売れ行きも好調な今回のアルバムは、昔懐かしいディスコサウンドを軸とした仕上がりとなっている。そんな曲調の中にも、R&B・ソウル・ヒップホップ・ダンスミュージックなどの様々な要素も組み込まれている。そんな良作なアルバム収録曲の中でも、「ナッシング・ラスツ・フォーエヴァー」という曲が一番のお気に入りです。何処かもの寂しい歌詞に、美しく流れるようなメロディーが心を揺さぶる。切なさの中にも、どこか温かいぬくもりというものを彼らの楽曲からは感じられる。前作とは一味違った今回のアルバムを、皆さんも一度お試しあれ!

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

続きを読む »

The Best Damn Thing

2007 - 05/14 [Mon] - 22:41

「Avril Lavigne/The Best Damn Thing」★★★

ベスト・ダム・シングベスト・ダム・シング
(2007/04/18)
アヴリル・ラヴィーン

商品詳細を見る

アヴリル・ラヴィーンの久々のニューアルバムを購入しました。なぜ今頃?そう自分でも感じています。過去2枚のアルバムはもちろん購入し、今でも気に入っているのでよく聴いていますが、今回のアルバムに関しては、どうも今までのロックとはかけ離れているせいか、素直に受け入れられない部分があります。結婚したということもあるのでしょうが、全体的にピンクのイメージというか、女の子という印象を強く受けてしまいます。ポップな曲も増え、一般ウケする楽曲だとは思いますが、今までのアヴリルのロックが好きなボク的には、受け入れるまでは時間がかかりそうです。アーティストの進化ともとれるのだろうが、ちょっと拍子抜けしてしまった。悪くもないが、良くもない、個人的に甲乙付け難いアルバムのように感じられる。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

Costello Music

2007 - 04/16 [Mon] - 00:36

「The Fratellis/Costello Music」★★★★

コステロ・ミュージック コステロ・ミュージック
ザ・フラテリス (2007/03/07)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

グラスゴー出身3人組のショウパブ・ロッカーズこと、ザ・フラテリスのニューアルバム「コステロ・ミュージック」を最近よく聴いています。日本でも、iPod+iTuneのCMソングとして使われている「Flathead」で、彼らの知名度も高くなったのではないでしょうか?もちろんボクも大好きな曲なので、iPodに曲を入れて毎日聴いています。このアルバムに収録されている曲は、全ての曲がゴキゲンで心を軽やかに躍らせてくれるものばかりです。春の陽気な気分と、このアルバムを聴いて毎日を楽しく過すのもいいのではないでしょうか。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

Songs About Jane

2007 - 04/01 [Sun] - 17:50

「Maroon 5/Songs About Jane」★★★★

ソングス・アバウト・ジェーン ソングス・アバウト・ジェーン
マルーン5 (2003/07/23)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る

今日から早いもので、もう4月ですね。あっという間に過ぎ去った感じのする三ヶ月でしたが、その期間このアルバムを何度も聴いていた。きっかけは恋愛の終わりなのですが、その時にふと一瞬ある曲が頭をよぎりました。その曲がこのアルバムに収録されている「This Love」という曲です。歌詞の内容は、男ならば共感できるのでは?ちょっとエロいですけど(笑)そんなエロイ歌詞に心地良いメロディが響き渡ります。改めてボクはこの曲が好きなんだと実感させられました。他にも、ヴィッツのCMとしてつかわれている「Sunday Morning」も大好きな曲です。全体的に完成度の高い一枚ですし、このアルバムはこれから先も聴き続けていく一枚だと思います。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

INFINITY ON HIGH

2007 - 02/13 [Tue] - 19:14

FALL OUT BOY/「INFINITY ON HIGH」★★★★

インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤) インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤)
フォール・アウト・ボーイ (2007/02/07)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る

久々に感動できる一枚にめぐりあえた気がする。試聴した瞬間に、このアルバムの凄さが体中に伝わってきた。そのアルバムは、フォール・アウト・ボーイの約2年ぶりとなるニューアルバム「インフィニティ・オン・ハイ -星月夜」。2001年に米シカゴで結成された4人組で、ポップ・パンクという感覚でボクは聴いているのだが、彼らの奏でる疾走観溢れ独創的なサウンドがとても気に入っています。パンク=うるさいという観念を持っている方も多いとは思いますが、このアルバムを聴いたらその観念はきっと無くなってしまうことでしょう。R&B・ヒップホップからモータウン・サウンド、そしてストリングスの導入と、今までの彼らのサウンドとは一味違った仕上がりになっています。是非このアルバムを聴いてみて、テンションを高くして欲しいと思います。

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking◆

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。