映画・DVDを、管理人の独断と偏見で辛口評価!たまに音楽・書籍評価もあります。

  JUKEBOXのナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・スティール

2011 - 12/16 [Fri] - 14:13

「リアル・スティール」★★★☆
原題:Real Steel
監督:ショーン・レヴィ
出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、他
real_steel
ストーリー:かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、ただ自分の夢だけに没頭してきた。だが、西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして生活していた彼の前に、母を亡くした息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。

ロボットの格闘技を通じて、心が離れ離れだった父と子の絆を取り戻していく姿を描いていく感動作品。王道すぎて大概は予測できるのだが、子役のダコタ・ゴヨの演技がとても良く作品に引き込まれていく。まずはじめに作品を観ていると思うことがある。それは、どこかで観たことがあるような内容?ということをふと考えてしまう。それほどまでにこの作品は王道中の王道作品なのだろうと思う。安心して鑑賞できる半面、なにかを強くこの作品に求めてしまったならばきっと飽きてしまう人もいるかもしれないのでご用心。家族を捨てた父親と、母親を亡くした息子との再会。人間に代わって、ロボット同士が戦い合う近未来の格闘技。特に一風変わったモノなどは何もないのだが、王道作品の強みなのかありきたりなストーリーだが、親子の絆を取りもどし心を次第に通わせていく光景に胸が打たれる。ロボットであるアトムにロボットダンスを教える光景が微笑ましく、CGでありながら本物のように戦うロボットボクシングが興奮させてくれる。かなりツッコミ所満載の王道映画かもしれないが、とても敵うはずがないであろう強敵に、親子でともに挑戦する姿に感動させられる作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


リアル・スティール-オリジナル・サウンドトラックリアル・スティール-オリジナル・サウンドトラック
(2011/12/07)
サントラ、リンプ・ビズキット 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

ステキな金縛り

2011 - 11/15 [Tue] - 12:01

「ステキな金縛り」★★★☆
監督:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、中井貴一、他
ステキな金縛り
ストーリー:失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛(西田敏行)を証人として法廷に召喚させるが……。【シネマトゥデイ】

たまには邦画でも観ようと思い、どうせならばコメディで笑いたい気分だったので三谷幸喜監督の新作を鑑賞。「ザ・マジックアワー」以来となるが、今回も初めから最後まで笑わせてくれる。幽霊などというものは正直あまり信じていないが、落武者の幽霊である更科六兵衛が見えれば怖くはないことだろうと思う。毎度ながら西田敏行のややオーバーな演技には抵抗があるのだが、なぜかこの人の演技が嫌いになることはなく、ついつい笑いの世界に引き込まれていってしまう。幽霊ということは、見える人もいれば見えない人もいる。多くの人が幽霊を見えない設定なのだが、この人たちに対して幽霊を証明していくのが馬鹿馬鹿しいほど面白い。しかしただ面白いのではなく、このちょっとした小道具などでの表現方法が、後々の展開への伏線へとなっているのには驚かされる。人はそれぞれが悩み、苦しみ、叶わぬ想いを抱えながら生きていかなければならないということを主人公の成長とともに学び、不器用だが一途な彼女を応援したくなってしまう。法廷ものとしては全く信憑性などはないが、約二時間半楽しい笑いの金縛りにあうことができる作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラック「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラック
(2011/10/05)
サウンドトラック

商品詳細を見る

ミッション:8ミニッツ

2011 - 11/02 [Wed] - 15:57

「ミッション:8ミニッツ」★★★★
原題:Source Code
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト、他
mission8
ストーリー:シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。【シネマトゥデイ】

列車爆破テロの犯人を見つけるために、犠牲者である乗客の8分前の意識に入り込み、爆破前の列車内を体験していくという男の話し。SFタッチではあるのだが、主人公の置かれている立場をうまく表現していきながら、徐々に観ているこちら側をも毎度8分前に移動させていってくれる手法が施されている。それでもなんとなくは序盤からある程度のストーリー展開は読めてしまうのだが、飽きさせずに最後まで主人公の苦悩と共に列車に同乗させていてくれるような気持ちにさせてくれる。勘違いしないで欲しいのが、これはタイムスリップではなくループものであるという点。第二の爆破テロを未然に防ぐという任務を果たすために、主人公の男は死んだ乗客の意識の中へと転送される。ミッションを成功するまで何度もその転送は続き、その度に主人公も苦痛を伴い、悲惨な結末を繰り返すだけ…。そうして毎回リアルな疑似体験を経験し学習していくからこそ、自然と主人公に共感を感じていくのだろうと思う。主人公と観客を見事にシンクロさせていくうまさが光る作品であり、非現実的な世界ではあるが要所で人間の優しさが垣間見られた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


Source CodeSource Code
(2011/03/29)
Chris Bacon

商品詳細を見る

猿の惑星:創世記

2011 - 10/08 [Sat] - 16:57

「猿の惑星:創世記」★★★★
原題:Rise of the Planet of the Apes
監督:ルパート・ワイアット
出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、アンディ・サーキス、他
rise_apes
ストーリー:現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。【シネマトゥデイ】

1968年に公開された「猿の惑星」が世界的に大ヒットし、その後も続編やテレビシリーズなどが制作されるなど記憶に残る作品となった。その猿の惑星を現代のサンフランシスコに舞台を移し、一匹の猿であるシーザーの突然変異により、人類の危機に迫っていく行程を描いたのが今作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)である。ボクが生まれる以前に制作された作品なので、テレビなどで幼い頃になんとなく観て、子供ながらに猿は賢くて怖い生き物なんだと思った記憶がある。人間もそうだが、動物であったとしてもけしてイジメたり虐待してはならない。抑えつけているという思い込みが、時として大きな悲劇を招くこともある…。本作の主人公である科学者ウィルは、父親の病気を治してあげたいと思う気持ちでアルツハイマーの新薬を開発する。実験の過程でチンパンジーに薬を投与し、実験台となったチンパンジーの子供をこっそり自宅でシーザーと名付けて育てていく。高い知能を持ったシーザーは、あることがきっかけで保護施設に預けられてしまうのだが、そこでシーザーが味わった失望感がなんとも身に染みて感じられる。CGであると分かっていても、緻密に計算された行動の全てがシーザーの苦悩と悲劇として直に伝わってくる。人間への失望からある計画へと行動を移していくシーザーの決意は、人類への警告であると同時に、この世界を覆していく戦いへの合図なのかもしれない…。猿の表情ひとつから、とても説得力のあるリアルな世界観を作り出している本作は、ラストまで飽きさせることなくよくまとまった作品だったと思う。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
(2011/09/28)
(サントラ)

商品詳細を見る

ワイルド・スピード MEGA MAX

2011 - 10/02 [Sun] - 16:35

「ワイルド・スピード MEGA MAX」★★★☆
原題:Fast Five
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、他
megamax
ストーリー:前科者ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と彼を脱獄させた元捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は、お尋ね者として追われながら、ブラジルの裏社会で超高級車の強奪を繰り返していた。逃亡生活から抜け出して永遠の自由を得たい彼らだったが、彼らを逮捕する特命を受けた連邦捜査官ルーク(ドウェイン・ジョンソン)が立ちはだかる。【シネマトゥデイ】

人気シリーズである「ワイルド・スピード」の第5弾。前作である「ワイルド・スピード MAX」の後日談として本作はスタートするが、毎度ながらあまり過去のストーリーなどは何も知らずとも、その激しいカーアクションの連続にテンションが急上昇していく。ドミニクと彼を脱獄させた元FBI捜査官ブライアン達は、逃亡生活をしつつ超高級車の強奪を繰り返す毎日。お尋ね者として身を潜めて過ごす日々から一日でも早く抜け出したい彼らは、大胆な計画を遂行していく…。序盤からバスの横転や、貨物列車から高級車をバギーを横付けして強奪するなど、スリリングなアクションシーンは健在。なかにはちょっとバカバカしくも感じられるような派手なシーンもてんこ盛りなのだが、そこはうまくリアリティを持たせつつストーリーを進行させていく。過去のシリーズに登場してきたメンバーも集結し、オールスター勢ぞろいで130分という時間をあっという間に忘れさせてくれる。南米を舞台とし、裏社会の黒幕からの1億ドル強奪するという無謀な計画に挑む彼らの姿、次から次へと繰り広げられていくヴィンテージ・カーによる高速チェイスに目を奪われる。ラストに気になる人物が登場し、自作へと続く期待もある。是非劇場の大画面で迫力を体感して欲しいと思う作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ワイルド・スピード MEGA MAX オリジナル・サウンドトラックワイルド・スピード MEGA MAX オリジナル・サウンドトラック
(2011/09/21)
サントラ、ドン・オマール feat.ルセンゾ 他

商品詳細を見る

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

2011 - 07/22 [Fri] - 16:13

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」★★★☆
原題:Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、ウォーウィック・デイビス、他
hp7_2
ストーリー:ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。【シネマトゥデイ】

J・K・ローリング原作のベストセラー小説を実写映画化した人気ファンタジーシリーズ最終章。2001年に第1章「ハリー・ポッターと賢者の石」が公開されてから10年間、ずっと映画館で鑑賞してきた作品なのだが、終わってみると不思議とこれといって特に思い入れがない作品だったと感じられるのが悲しい…。個人的には幼い頃のハリーたちの冒険物語がまだ好きだったのだが、10年も年月が過ぎてしまえば、あの可愛かったハリーも大人になり、胸毛やギャランドゥーがもじゃもじゃの青年となってしまい幻滅してしまうもの。それでも性格的に一度シリーズものを鑑賞してしまうと、ラストまで見届けなければ納得がいかないので困ってしまう(笑)さて、物語のほうはやっとのことで完結したのだが、ここまでくるのに多くの犠牲が払われてきた。ハリーは一体最後はどうなってしまうのかと話題にもなってきたが、ハリーが生まれてから背負ってきた運命に驚きを隠せない。しかしこれはある意味ハリーの運命をたどる旅のような感覚をシリーズからひしひしと感じられる。集大成となる最後の戦いは、お互い総力戦で見応えがあり、ラストを飾るには相応しい出来だったと思う。しかし何よりも最後の最後である人物に一気に心を奪われてしまう。それはある人物が長年にわたり、ハリーを見守り続けてきた心情を描いている。彼の心情が理解できる粋な演出はとても共感が持てた。10年という長い月日をかけて観てきたが、ハリー達の成長をまるで親のように見守ってきた作品のようにも感じられた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
(2011/07/13)
サントラ

商品詳細を見る

アイ・アム・ナンバー4

2011 - 07/20 [Wed] - 16:44

「アイ・アム・ナンバー4」★★☆
原題:I Am Number Four
監督:D・J・カルーソ
出演:アレックス・ペティファー、ティモシー・オリファント、テリーサ・パーマー、ダイアナ・アグロン、カラン・マッコーリフ、ケヴィン・デュランド、他
no4
ストーリー:潜在的な特殊能力を有する9人の“選ばれし若者”たちが、自分の能力や運命が与えた使命さえ知らぬまま何者かに命を狙われ続け、孤独な日々を送っていた。あるとき、彼らの中の3人が殺され、“ナンバー4”の力が覚醒(かくせい)。ジョン・スミス(アレックス・ペティファー)という偽名でアメリカの片田舎に暮らす彼は敵から逃げることをやめ、戦う決意を固めるが……。【シネマトゥデイ】

特殊能力を有する9人の選ばれし若者の4番目が主人公というのは予告で知っていたが、待てども待てどもなかなかその他の仲間が登場してこない。序盤でロリアン星から地球に逃亡してきたナンバー3までが追手に殺され、次は自分の命が危ないために街を転々とし孤独な日々を過ごす主人公。そんな生活をしているのになぜか主人公には全く危機感を感じられずに、転向した学校でガールフレンドをつくり、物語はまるで学園ドラマへと進展行く始末…。明らかにティーン層を意識して制作されているような感じが否めないが、それ以前にシリーズ化として制作された感じがプンプンと漂っている辺りが見え過ぎていて白けさせる。そもそも異星人の主人公が彼氏なのだから、もっと彼女は困惑してもいいはずなのに、そんなのは全くお構いなしの若者たちの姿に目を疑ってしまう。そもそもの設定からしてツッコミ所満載なのであまり細かい事を言っても仕方がないのだろうが、逆にそういった部分をおもしろおかしく鑑賞してみるのも一つの楽しみなのかもしれないと感じる。古典的な若者の成長をメインとして描いているのですんなりと物語には入れるだろうが、続編があってもきっと個人的には観ることがないだろうと思う作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


トレヴァー・ラビン/オリジナル・サウンドトラック 『アイ・アム・ナンバー4』トレヴァー・ラビン/オリジナル・サウンドトラック 『アイ・アム・ナンバー4』
(2011/07/06)
サントラ

商品詳細を見る

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

2011 - 06/20 [Mon] - 15:33

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」★★★★
原題:X-Men: First Class
監督:マシュー・ヴォーン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ケヴィン・ベーコン、他
x_men_1st
ストーリー:裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は強力なテレパシーを使うことができるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付き始めていた。やがて強力な磁力を発生させ、金属を自在に操ることのできるエリック(マイケル・ファスベンダー)と出会う。彼らは親友となり、自分たちと同じような若者たちを探し始めるが……。【シネマトゥデイ】

人気アメコミ作品である「X-MEN」シリーズの最新作は、若き日のプロフェッサーXとマグニートの物語。今まで4作もの作品を世に送り出してきているが、今作は極上のエンタテインメント作品に仕上がっている。ミュータント第一世代である、後にプロフェッサーXとなるチャールズとマグニートことエリック。彼らが運命的に出会い、そして決別していく行程がとても丁寧に描かれていて好感が持てる。失礼だが今まではあまり物語に深みがなく、派手にミュータントたちが暴れまわっているといった印象が強かった。しかし今回は、ミュータントとして生まれきた苦悩や葛藤、人間と共存していこうと必死に模索する姿など、アクション以外にもたくさんの見所がある。しかし何よりもファンにとって嬉しいのが、なぜプロフェッサーXは車椅子なのか?なぜマグニートはあんな不可解な被り物をしているのか?などの経緯がわかっていくことだ。後のシリーズに登場してくる人物なども少しだけ描かれており、おもわずニヤリとしてしまう場面もあるのが嬉しいものだ。人間の中にも良い人や悪い人がいるように、ミュータントの中にも同じことがいえる。自分とは違う未知の生物を受け入れるのは簡単なことではない。しかしお互い差別ばかりしていては、双方にとって明るい未来などはない。ミスティークことイレブンの葛藤を照らし合わせながら物語を鑑賞していくと、生き方について深く考えさせられることが多々ある。濃厚なドラマに派手なアクションが加わり、シリーズ最高傑作間違いないことだろうと感じる作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

2011 - 05/26 [Thu] - 13:45

「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」★★★
原題:Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
監督:ロブ・マーシャル
出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ、ケヴィン・R・マクナリー、キース・リチャーズ/サム・クラフリン、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、松崎悠希、他
pirates4
ストーリー:美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかしジャックは、アンジェリカが不死の泉を見つけ出すために自分に近づいたのではないかと疑いを抱く。アンジェリカと史上最強の敵である黒ひげ(イアン・マクシェーン)と共にリベンジ号で船出したジャックだったが、そこには予想だにしない冒険が待っていた。【シネマトゥデイ】

ジョニー・デップが演じるキャプテン・ジャック・スパロウが大人気のパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ第4弾。今回初の3D作品となっているのだが、あまり3Dの意味を感じられなかったのはボクだけだろうか?前作のラストで語られていた「生命の泉」をめぐり、新たに史上最強の敵黒ひげや、ジャックの元恋人である謎の女海賊アンジェリカなどが加わり、永遠の命をもたらす泉を求めて壮大な物語が繰り広げられていく。監督が代わり一話完結スタイルになったのはいいことだが、肝心のアクションシーンに関しては全く迫力が感じられないのが痛い。ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ目的ならば十分に彼を堪能できるのだが、なんだか凄みの感じられない海賊映画ほど寂しいモノはないような気がする。生命の泉をめぐるそれぞれの陣営の目的は理解できるのだが、なぜかジャック・スパロウの明確な目的だけが不明なのがモヤモヤしてならない…。お祭り映画感覚で家族でも楽しめる作品と割り切って鑑賞するのがベストだろう。あまり海賊の迫力は感じられないが、ジャックとバルボッサの二人の息の合った演技は個人的に楽しめた作品。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆

ブラック・スワン

2011 - 05/16 [Mon] - 20:28

「ブラック・スワン」★★★★
原題:Black Swan
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、他
blackswan_2_1b
ストーリー:ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。【シネマトゥデイ】

第83回アカデミー賞で、ナタリー・ポートマンが最優秀主演女優賞を受賞した「ブラック・スワン」を鑑賞。白鳥の湖のプリマの座を獲得し、優等生から徐々にダークサイドへと変貌していく姿は圧巻。話しの内容は至ってシンプル。バレリーナがプリマの座を獲得してから、役の重圧によって変貌していく姿を、まるでナタリー・ポートマンの一人舞台かのように延々と描いていくだけ…。これだけならば飽きてしまうのだろうが、役作りのために骨と皮だけの肉体にし、鬼気迫る彼女の演技は一瞬たりとも見逃すことが出来ないので、作品の世界観に一気に引き込まれていき飽きさせない。それほどまでに今回の彼女の演技には鬼気迫るものを感じる。それは危うくもあり魅力的で、白鳥から黒鳥になった瞬間その彼女の姿に圧倒されてしまう。自らの強迫観念によって、狂気が入り乱れ現実と妄想の世界を、彼女と共に味わうことが出来る。バレエの作品を観ているはずが、段々とホラーを観ている感覚になってくるのが不思議でならないが、彼女の変貌ぶりを観ればきっとその意味がわかることだろう。

公式サイト

★応援クリック⇒◆人気ブログランキングFC2 Blog Ranking◆


ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラックブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック
(2011/04/27)
サントラ

商品詳細を見る

 | HOME |  »

プロフィール

ワールダー

Author:ワールダー
性別:男
年齢:1970年代後半
血液型:B型
好物:ビール、和食、刺身
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、ドライブ、ビリヤード、スノーボード

ブログランキング

banner_21

ブログ検索

カウンター

Amazon

フォアフロント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

コメント

最新トラックバック

リンク

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。